日焼けした赤い皮膚のケア

日焼けした赤い皮膚のケア

Thumb?1414295452 muah♪さん

464

日焼けとは火傷の一種であり、皮膚が赤いのは、炎症を起こしているからなのです。炎症を起こした際には冷やすという対策が基本です。


  • 日焼けとは

  • 日焼けとは
  • 日差しが強くなってくると、本当は紫外線から肌を保護しなければならないのに、暑さからつい露出の高い服を選んでしまいがちです。一日外で活動して、帰ってくるといつのまにか腕や腿がヒリヒリ、鏡を見ると真っ赤になっています。
    もちろんビーチで積極的に日焼けをした場合でも、やりすぎると背中をはじめ全身が赤い、ということも起こります。

    日焼けとは火傷の一種です。医学上でも火傷と同じ「熱傷深度」という尺度で程度を計ります。日焼けとは紫外線により皮膚の細胞の遺伝子が傷つけられ、それが原因で炎症をおこすものなのです。皮膚が赤いのは、炎症を起こしているからなのです。
  • しっかり冷やす

  • しっかり冷やす
  • 炎症を起こした際には冷やすという対策が基本です。
    日焼け後の火照った身体を冷ますための、すっとするボディウォーターもありますが、まずは水で冷やしましょう。
    炎症を起こした皮膚は刺激に敏感で、薬品や化粧品は肌にとって強すぎるのです。同様にいくら植物性で肌に優しいとしても、アロエを塗布したり、キュウリパックをしたりするのも、この段階では避けたほうが良いでしょう。

    まずは水でしっかりと。シャワーを使うときは水の勢いを弱めにし、あくまで赤い肌をいたわるように流します。いきなり冷水を浴びるのに抵抗のある方は、ぬるま湯から徐々に温度を下げていく方法もあります。
  • 身体を洗うときは

  • また、この時に洗剤を使わなければならないようなら、純石鹸素材のものが、もっとも肌に対する刺激を抑えることができます。
    その際は肌をこすることはせず、良く泡立ててその泡でやさしく洗うようにしてください。

    ただいくら冷やすといっても、氷水を使うのでは今度は刺激が強すぎます。氷を使うときはビニール袋に入れて、タオル越しに冷やすのが良いでしょう。
    保冷剤を使うときも同様です。また氷水にひたして絞ったタオルを使って冷やす方法も効果的です。
  • 保湿と水分補給

  • 保湿と水分補給
  • 十分に肌の火照りを冷ましたら、いよいよ化粧水の出番です。この時もなるべく低刺激の物を選ぶようにしましょう。
    化粧水は保湿のための重要なものです。肌が乾燥すると、皮膚の再生に良い影響がありません。
    さらに保湿効果を高めるためには、白色ワセリンを塗布しましょう。これは化粧水で潤いを補給した肌にフタをして、乾燥を防ぐ効果があります。

    水分補給も忘れてはいけません。身体を外側だけでなく、内側からもしっかりと保湿してあげましょう。
    その際は一気に大量の水分を摂取するのではなく、少しずつ切れ間なく水分補給を行うことが重要です。

    以上を確実に行えば、日焼け後の赤い肌からくるヒリヒリ感も軽減され、痛くて眠れないなどという状態になることを防ぐことができます。
日焼けした赤い皮膚のケア
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事