日焼けのヒリヒリが治らない場合には

日焼けのヒリヒリが治らない場合には

Thumb?1414295452 muah♪さん

894

日焼けというのは、皮膚がやけどしていて、炎症を起こしている状態のことを指します。そのため、出来るだけきちんとしたケアが必要となります。


  • 日焼けのヒリヒリ

  • 日焼けのヒリヒリ
  • どんなに日焼け止めを塗っても長時間日光に当たっていると日に焼けてしまうことがあります。
    日焼けというのは、皮膚がやけどしていて、炎症を起こしている状態のことを指します。そのため、出来るだけきちんとしたケアが必要となります。

    具体的な症状としては、皮膚が赤くなってしまいヒリヒリとした痛みが治らない状態や、熱が出て体がだるい、水ぶくれが出来てしまった、などが挙げられます。
    特に、顔や手の甲はデリケートな部分であり、出来るだけ日焼けは避けたい部分です。そのため、日頃から対策やケアは重要なことなのです。
  • 痛みが治らない場合の対処法

  • 痛みが治らない場合の対処法

    出典: instagram.com

  • ヒリヒリとした痛みが治らない場合の対処法としては、まずは冷たすぎない水でゆっくりと冷やすことです。急激に冷やすと逆効果となるので注意しましょう。また、濡れタオルで冷却することも効果的です。どちらにせよ、やけどと同じ症状なので患部を冷やすことが大切となります。

    冷やしたあとや、ヒリヒリしている状態のときに皮がめくれたり、水ぶくれになっている場合には病院に行くことをおすすめします。日焼けの後が残ったり、炎症が悪化する恐れがあるので、医師などにきちんとした処置を行なってもらうのが良いとされています。
  • 患部を保湿

  • 患部を保湿

    出典: instagram.com

  • また、痛みが治まってきたと感じたならば、患部を保湿するためにオリーブオイルやクリームを塗ります。
    アロエのゼリー状の部分を患部に塗るのも効果的とされています。アロエには、傷などを消毒、洗浄、殺菌してくれる効果があるので、やけどにはとても良い植物です。

    ほかにも、エッセンシャルオイルを利用するのも一つの手です。
    ただし、直接肌に塗っても良いのは、ラベンダーなどの限られた精油となっているので、取扱いには注意しましょう。
    多くの場合は、濡れタオルを作る際の水に薄めて使ったり、キャリアオイルで希釈してマッサージオイルとして使うといった方法があります。
  • 症状が軽いうちに対処

  • 日焼けをしたあとには、様々なケアをする必要があります。放置したり、気になって触りすぎたりして悪化させてしまうと、トラブルの原因となってしまうこともあるので、ケアや処置の仕方をよく知っておくことが重要です。

    また、痛みが治まらない場合や水ぶくれがある場合には、我慢せずに病院に行くことが大切です。前述したように、肌トラブルなどは症状が軽いうちに治したり、対処した方が良いとされます。

    異常を感じたら、自分の判断だけで処置をせずに医師に相談したり、適切な処置をとってもらうことが重要だと言えます。
日焼けのヒリヒリが治らない場合には
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事