日焼けのほてりが治らない時の処置とは

日焼けのほてりが治らない時の処置とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

807

外で太陽に当たった次の日には肌がヒリヒリしたり赤くなったり、ほてったりしてしまう人が多いです。このような日焼けによるほてりはどのように処置したらよいのでしょうか。


  • 日焼けによるほてり

  • 日焼けによるほてり
  • 出典: instagram.com

  • 夏に、海やプール、キャンプなど、日光が強く照りつける下でさまざまなアクティビティを満喫する人も多いのではないでしょうか。

    そこで気になるのが日焼けです。

    外で太陽に当たった次の日には肌がヒリヒリしたり赤くなったり、ほてったりしてしまう人も多いです。日焼け止めを塗っても、長い時間外に出ていたためにほてってしまうという人も多いでしょう。

    このような日焼けによるほてりの処置としては、まずは太陽の下に出る前にしっかりとケアをしておくことが大切です。もともと人間の肌はあまり紫外線には強くないので、太陽の光に当たることによって、肌の細胞が傷つけられてしまいます。
    そのために、ヒリヒリしたり、ほてってしまうのです。このときの肌は、軽い火傷と言っても良い状態となっています。
  • 日焼けをした後のケア

  • 日焼けをした後のケア

    出典: instagram.com

  • ですので、日の下に出る前には、必ず肌を守るために日焼け止めを塗ることを忘れないようにしましょう。商品によって防ぐ紫外線の強さなどが細かく変わってくるので、成分などをきちんと見てから購入しましょう。

    また、日焼けをした後のケアも大切です。ほてりを感じた場合には、まず濡れタオルや保冷剤を当てたり、冷水のシャワーを当てたりしてほてりを抑えましょう。いきなりクリームなどを塗ったりする人が多いですが、それより先にまずは冷やす方を優先させましょう。

    少し様子を見て、それから肌のケア商品を使用すると効果的です。日焼け後のほてりが治らない時に塗るオイルやクリームなどが多く発売されているので、肌を清潔にした後、塗りましょう。
  • ほてりには冷やすこと

  • ほてりには冷やすこと

    出典: instagram.com

  • また、なるべく刺激を与えないようにしておきましょう。こすれの少ないように手触りの柔らかい洋服を着たり工夫すると良いです。かゆみが出て、つい掻きむしってしまうという人もいますが、これでは治りが遅くなってしまうので、できるだけ触れずに過ごすことが大切だと言うことができます。

    やはり、ほてりには冷やすことが重要です。なかなか治らないという時は、まずは十分に冷やしましょう。肌をクールダウンさせることはとても大切です。

    それから、クリームや薬などを肌に塗りましょう。
    しかし、何日も経ってもなかなか治らないというような場合は、皮膚科などへ行った方が良い場合もあります。医師の診断をしっかりと受けて、薬を処方してもらうことで治ることもあります。肌が弱い人は、気をつけることが必要です。

    自分の肌のことをしっかりと把握して、夏のアクティビティを楽しみましょう。
日焼けのほてりが治らない時の処置とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事