日焼け後のケアに良い食べ物

日焼け後のケアに良い食べ物

Thumb?1414295452 muah♪さん

648

日焼けをした後は肌を守るための栄養を補給するなどのアフターケアが大切になります。食べ物などでの内側からのケアも重要になります。


  • 日焼けとそのリスク

  • 日焼けとそのリスク
  • 日焼けとは、紫外線が皮膚に浴びることによって、皮膚が赤く炎症を起こしたり、メラニン色素が皮膚表面に沈着することをいいます。直射日光などの紫外線の過剰照射によって発生し、メラニンの保護能力を超えている時に起きます。

    これによって皮膚がんのリスクが増加するほか、シミやそばかすを濃くしてしまったり、皮膚を老化させたり、白内障などを発症誘発させ、皮膚の免疫力を低下させるなどのリスクがあるのです。

    そのため、日焼け止めなどを使用することが推奨されています。
    しかし、日焼け止めや帽子、日傘やサングラスなど、いくら予防しても夏場などはどうしても日焼けをしてしまうものです。
    仕方が無いとはいえ、そのまま放っておけばシミやそばかすなどの原因になってしまいます。

    日焼けをした後は肌を守るための栄養を補給するなどのアフターケアが大切になります。
  • 肌を守るための栄養

  • 肌を守るための栄養

    出典: instagram.com

  • 肌を守るための栄養とは、メラニンの生成を抑えるビタミンC、血行を良くして新陳代謝を促すビタミンE、紫外線によって出来る活性酸素を抑えるβカロテン、肌を作るタンパク質などがあります。
    これらを含んだ食べ物は、柑橘類や緑黄色野菜、アボカドや大豆、ゴマやナッツ類、人参やかぼちゃなどの緑黄色野菜、肉や魚、大豆食品などに多く含まれています。

    おやつなどには柑橘類などのフルーツやナッツ類を食べ、食事には緑黄色野菜をゴマ和えにしたものや、サツマイモやジャガイモなどの熱に強いビタミンCを持つ食材を取り入れ、スープや冷しゃぶなどのレシピなど、自分の食べやすい物でバランスよく取り入れることによって、内側から肌の再生を行うことができるようになります。
  • 皮膚を冷やす

  • 皮膚を冷やす
  • 食べ物などでの内側からのケアも重要になりますが、日焼けは火傷と同じ状態と考えても過言ではないのです。
    そのため、赤くなった場合には保冷剤や氷などをビニールやタオルに包んで皮膚を冷やしたり、冷たいシャワーを浴びるなどをして冷やすことが大切です。

    赤みなどが引いたら、たっぷりと化粧水を使い紫外線によって乾燥した肌に対して保湿を行います。安価の化粧水でもいいので、まずは肌に潤いを与えることで、肌を沈静させます。

    その後、美白に良いビタミンCを配合した美容液などを使い、クリームやオイルなどの乳液を使って水分の蒸発を防ぐことができます。

    外側と内側のケアを行ったら、睡眠をしっかりとり肌のターンオーバーを促すことによって、シミやそばかす、肌の老化などを防ぐことができるのです。
日焼け後のケアに良い食べ物
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事