なかなか治らない唇の日焼け対処法

なかなか治らない唇の日焼け対処法

Thumb?1414295452 muah♪さん

730

日焼けは肌だけがするものというイメージを持っている方も多いようですが、肌同様、唇にも紫外線は降り注いでいます。


  • 唇も紫外線のダメージを受ける

  • 唇も紫外線のダメージを受ける
  • 紫外線のダメージを受けるのは、肌というイメージを持っている方も多いでしょう。
    確かに紫外線を浴びてしまうと、シミやくすみ、シワやたるみといった肌トラブルの原因になってしまいます。

    しかし、紫外線は何も肌だけにあたるものではありません。肌同様、唇にも紫外線は降り注いでいるのです。

    唇は肌と違いメラニン色素が少なく、紫外線から守る作用が弱いと言われています。また皮脂腺も無い為、乾燥しやすく紫外線のダメージを受けやすいのです。
    海など長時間、紫外線の強い場所にいた時、唇の皮がめくれてしまった、水ぶくれができてしまったというケースも、少なくありません。

    日焼けによるトラブルが、なかなか治らないという場合、どのような対処を行えば良いのでしょう。
  • しっかり冷やし、保湿を

  • しっかり冷やし、保湿を

    出典: instagram.com

  • まず、日焼けのトラブルが生じた場合は、とにかく「冷やす」事が大切です。
    日焼けしてしまった場合は、火傷を起こしているのと同じ状態になっています。ですので、冷たくしたタオルや氷水などで、とにかくまずは冷やしましょう。冷やす時間は5分程度でも、十分に効果があります。

    腫れや炎症が引いてきたら、保湿を行います。保湿に使うのはワセリンやスクワラン、オリーブ油といった、純度100%の油分なら刺激にもならず、安心して使えるのでお勧めです。

    この時、ただ単に塗るのではなく、マッサージするように塗るとよる効果的です。乾燥などで皮がめくれている場合、優しくマッサージする事で皮が取れやすくなります。
    ただし、無理に皮をはいでしまうと、出血してまったり、ますます治らないという事になってしまう為、必ず優しくマッサージする事が大切です。

    マッサージ後はワセリンやスクワランなどをたっぷり塗り、その上からラップをしてパックすると、より保湿効果が高まります。このパックはお風呂で湯船につかりながら行うと、より効果がアップします。
  • 酷い場合は皮膚科で治療を

  • 酷い場合は皮膚科で治療を

    出典: instagram.com

  • 時間が無くマッサージやラップでのケアを行えないという場合でも、リップクリームでこまめに塗り直すようにしましょう。

    このようなケアを行う事で、唇も徐々に回復していきます。

    そして新たに日焼けをしないよう、UVカット効果のあるリップクリームを、塗るというケアも行う事が重要です。UVカット効果のあるリップクリームであれば、しっかりと紫外線のダメージから守る事ができます。

    しかし、もし唇に水ぶくれができてしまっている場合は、酷い火傷を起こしている状態です。
    この場合は、早めに皮膚科で治療を行う事をお勧めします。
なかなか治らない唇の日焼け対処法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事