日焼けが治らない原因は「ターンオーバー」にあるんです

日焼けが治らない原因は「ターンオーバー」にあるんです

Thumb?1414295452 muah♪さん

3383

必要なスキンケアをしていたにもかかわらず日に焼けてしまい、なかなか治らない人がいます。どうして日焼けがなかなか治らないのかというと、その原因はターンオーバーのようです。


  • 夏のスキンケアに注意

  • 夏のスキンケアに注意
  • 夏の太陽の下でレジャーを楽しんだり、歩き回ったりする際には事前に日焼け止めを使うことが大切です。

    若いうちはまだ日に焼けても健康的に見えて良いと言われますが、ある程度年を重ねてくると日焼けが原因になってシミができてしまうこともあります。一度できてしまったシミはなかなか消すことができませんから、いつまでも美しい肌を保ちたいのであれば夏のスキンケアには特に注意が必要です。

    しかし、中には必要なスキンケアをしていたにもかかわらず日に焼けてしまい、なかなか治らないという人もいます。

    ではどうして日焼けがなかなか治らないのかというと、その原因はターンオーバーにあります。
  • ターンオーバーとは

  • ターンオーバーとは
  • ターンオーバーというのは皮膚の新陳代謝のことです。
    人の皮膚は常に古い皮膚がはがれ、皮膚の奥で作られる新しい皮膚が表面に出てくるようになっています。
    これは赤ちゃんや子供、学生のような若い人ほど盛んに行われているのですが、その反面、社会人になってある程度年を重ねてくると、そのペースが乱れがちになってしまうのです。

    日焼けというのは皮膚でメラニン色素が生成された際に発生する現象なのですが、このメラニン色素が出来た肌は本来、ターンオーバーによって体外へ排出されていきます。
    しかしペースが乱れれば剥がれ落ちているはずの古い皮膚がいつまでも表面に残ってしまい、新しい皮膚は出てきづらくなってしまいます。
    そうなってしまうと日に焼けた肌はいつまでも表面に残り、いつまでたっても日焼けが治らないということになってしまうのです。
  • ターンオーバーを整えるスキンケアを

  • ターンオーバーを整えるスキンケアを
  • このことに対策するにはやはり、正常なターンオーバーができる環境を整えなくてはなりません。
    保湿を中心にしたスキンケアはもちろんですし、ビタミンを多くとる食生活に切り替えるということも大切です。

    また時折見落とされることもあるのですが、不規則な時間帯に眠ったり、ストレスを溜めたまま毎日を過ごしてしまうと、やはり皮膚の状態は悪くなっていってしまいます。
    こうした原因に関してはなかなかすぐには改善できませんが、出来ることからゆっくりとでも改善していけば綺麗な肌を取り戻すことは十分可能です。

    日焼けが長引いてしまうとメラニン色素が沈着を起こしてしまい、その部分だけ黒いシミとなって残ってしまいます。

    色素沈着を治すにはクリニックに通っても時間がかかりますから、なるべくそうした状態になる前に、日に焼けてしまった肌が排出されるようにしていきましょう。
日焼けが治らない原因は「ターンオーバー」にあるんです
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事