日焼けの後、シミにしないケア

日焼けの後、シミにしないケア

Thumb?1414295452 muah♪さん

489

日焼けは、美容の面ばかりでなく、皮膚がんのリスクが高まったりするなど健康にも悪影響があります。日焼けをしてしまったら、シミやシワなどにしないためのケアをしましょう。


  • 健康にも悪影響な日焼け

  • 健康にも悪影響な日焼け
  • 日焼けは、紫外線を浴びることによって、皮膚が赤く炎症を起こしたり、メラニン色素が皮膚表面に沈着することをいいます。

    照射された紫外線がメラニンの保護を超えたときに起こり、表皮を透過して真皮乳頭身体まで達した結果、DNAが損傷して毛細血管が炎症反応を起こして皮膚が赤くなったり、真皮の深部に達してシワやシミ、たるみなどの原因になってしまうことがあるのです。

    また、美容の面ばかりでなく、皮膚がんのリスクが高まったりするなど健康にも悪影響があります。

    そのため、日焼けを止めるには、日差しの強い時の外出を避ける、つばの広い帽子を被る、日傘を使う、日焼け止めを使用するなどの対策が必要です。
  • しっかり冷やし、保湿を

  • しっかり冷やし、保湿を
  • しかし、どんなに気をつけていても日に焼けてしまうことはあります。そのようなときに重要なのが、シミやシワなどにしないためのケアです。

    焼けてしまった場合には、火傷と同じように保冷剤やビニールに入れた氷、冷たいシャワーなどで皮膚の熱を下げます。同時に水分補給をすることで内側からもケアをすることができます。

    その後、皮膚の赤みや痛みが引いた後、紫外線によって水分が奪われた乾燥した皮膚にたっぷりと化粧水を使って保湿します。
    この時、惜しみなく使える化粧を使い、優しくパッティングを行い、皮膚に満遍なくしっかりと化粧水を浸透させることが重要です。
    化粧水を肌に浸透させた後は、クリームや乳液などを使い肌から水分を蒸発させないようにします。
  • トータル的なケアを

  • トータル的なケアを
  • 日に焼けてしまった肌は、ダメージを受けた状態になります。こんなときに、刺激の強いピーリングなどをしてしまうと、返って逆効果となり、色素沈着を引き起こしてしまう可能性があります。
    そのため、良く冷却して鎮静させたあとは、美白スキンケア用品などをつかってシミなどを作らないトータル的なケアが必要になります。

    内側から肌を回復させるには、食事や睡眠などの生活習慣も重要となります。
    抗酸化作用で、活性酸素を抑えるビタミンA、メラニン色素の過剰な生成を抑制するビタミンC、血流改善をして肌の新陳代謝を高めるビタミンE、肌を作り肌を再生するタンパク質などの栄養素をバランスよく摂取することや、肌の作られる22時〜2時の間に質の良い睡眠をとるなどを行うことで肌のダメージを回復することができます。

    これらの栄養の含まれる野菜が苦手だと言う場合には、サプリメントなどを利用し、肌に必要な栄養素や睡眠をしっかり摂り、スキンケアを行うことがシミやシワを防ぎます。
日焼けの後、シミにしないケア
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事