日焼けをシミにさせないためのケア

日焼けをシミにさせないためのケア

Thumb?1414295452 muah♪さん

516

日焼けするとメラニン色素が作り出されます。もし新陳代謝が正常でない場合、そのままシミになる可能性があります。


  • 日焼けをシミにさせないためには

  • 日焼けをシミにさせないためには
  • 日焼けするとメラニン色素が作り出されます。本来の新陳代謝が正常な肌であれば、長時間肌にとどまらずにアカとなり剥がれ落ちたり、途中で分解され毛細血管を通り排出されます。
    新陳代謝が正常でない場合には、メラニン色素が排出されずに、そのままシミになる可能性があります。

    日焼けをシミにさせないためのケアとしては、肌の新陳代謝を活発化させることが大切になります。
    肌の新陳代謝を良くする十分な睡眠をとることです。疲労が残っている場合には、生命維持に関することを身体が優先するようになっているため、新陳代謝を活発化させることができないからです。
  • 食べ物によるケア

  • 食べ物によるケア
  • また、新陳代謝を活発化させるビタミンAやビタミンC、ビタミンE、カロチンを含む緑黄色野菜やアボガド、ナッツ類、オレンジ、レモンなどを意識して食べるようにします。

    他にも、紫外線を浴びたことで増えた活性酸素を取り除くために抗酸化力の高い食べ物を取り入れ身体の中からケアすることも大切です。玄米や黒ごま、緑茶、ルイボスティーなどがあります。食事だけで栄養素を補えない場合には、サプリメントを使う方法もあります。

    ただし、寝る前には、胃の中を空にしておくことが大切です。食べてすぐに寝てしまうと、身体は消化にエネルギーを使うことになるため、肌細胞の修復は後回しになります。そのため、食後ある程度の時間をおいてから寝ることがポイントです。
  • 日焼け後すぐのケア

  • 日焼け後すぐのケア
  • 日焼け後すぐのケアとしては、冷却と水分補給を行うことです。日焼けは、軽いヤケドと同じ状態のため、水分を保つ機能が弱くなっています。炎症を少しでも早く取り除くことが重要になります。焦ってピーリングなどを行なうと、傷が原因の色素沈着ができる可能性もあるため、よく冷却・沈静化させ、炎症が治まってから美白ケアなどを行います。

    まずは、冷水を浴びたり、顔の場合は、冷たいおしぼりをあてて、ほてりを沈めます。その後、念入りに化粧水をパッティングして、肌の水分補給を行います。ケアせずに皮膚の表面が剥がれてしまうと、そこから身体の水分が抜け、脱水症状をおこしやすくなります。脱水症状から熱中病や熱射病を引き起こす可能性もあるため、注意が必要です。

    シミをつくらないためには、日焼けしないことが一番です。一度シミができると元の状態に戻すためには、何倍もの時間と手間が必要になります。そのため、日焼け止めを使い、サングラスや日傘などを併用して紫外線対策をしっかりとることです。
日焼けをシミにさせないためのケア
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事