日焼けでできてしまったシミはレーザーで

日焼けでできてしまったシミはレーザーで

Thumb?1414295452 muah♪さん

576

日焼けによるシミは、紫外線のダメージによってできます。レーザー治療はその残ってしまったメラニン色素を焼き切ってとってしまうという治療法です。


  • 自力で消すのは難しいシミ

  • 自力で消すのは難しいシミ
  • どんなに紫外線に気を付けて日焼け止めを塗ったりしていても、シミってできてしまうものです。

    目立つ場所にぽつん、と大きいものができていたらショックですよね。それを毎日鏡で見てブルーな気分になったり、メイクで隠そうとがんばったり。
    消そうと努力してみても、自力で消すのはとても難しいし、とても時間がかかります。

    そんなときはレーザー治療が有効です。
  • レーザー治療

  • レーザー治療

    出典: instagram.com

  • 日焼けによるシミは、紫外線のダメージによってできます。具体的には紫外線を浴びた時、肌を守ろうとしてメラニン色素が生成され、それが肌のターンオーバーによってうまく排出されなかった時に色素沈着して残ってしまったものがシミとなります。
    レーザー治療はその残ってしまったメラニン色素を焼き切ってとってしまうという治療法です。

    レーザーの熱でメラニンを分解すると、そこが軽いやけどの状態になります。しばらくするとそれがかさぶたになって剥がれ落ち、適切なケアを施すとその場所がだんだんまわりの皮膚と同化していきます。
    治療には多少の痛みを伴うようですが、一般的には輪ゴムを弾いたくらいの痛みになるようです。
  • 治療を受ける際の注意

  • 治療を受ける際の注意
  • シミを消すのに有効なレーザー治療ですが、少し注意が必要です。それは、しっかり医師の指示に従って適切なケアを施すこと。

    メラニンを熱で分解した後、肌はとても敏感な状態になっています。通常はそこに保護テープをはり、処方された軟膏や美白剤を使ってケアをしていきます。
    もしそれを怠ってしまったり、間違った方法でケアしてしまうと逆に肌がダメージを受け、色が濃くなってしまったり、大きくなってしまったりすることがあるのです。また、治療中の日焼けにもくれぐれも注意しなければなりません。紫外線対策をしっかりすることが重要です。

    せっかく治療に通って、逆に色を濃くしてしまった、新しいものを作ってしまった、なんてことにならないように、医師の指示をよく聞き、適切なケアを施しましょう。
  • 価格も安価になってきている

  • レーザー治療によって消せる日焼けのシミ。でも高いんじゃないか、と思って敬遠してしまいがちです。

    治療には通常保険がききません。しかし、最近は技術も進んで来て、価格も安価になってきています。
    もしそれによって自分に自信が持てなかったり、気持ちが落ち込んでしまうなら、多少お金をかけてもしっかり治療してもらって消してもらうのもいい手段ですよね。

    まずは作らないことが一番ですが、もしできてしまったなら検討してみるのもいいと思います。
日焼けでできてしまったシミはレーザーで
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事