日焼けによるシミやそばかすの予防

日焼けによるシミやそばかすの予防

Thumb?1414295452 muah♪さん

561

日焼けは、シミやそばかすの大きな原因となります。曇った日でも紫外線はゼロではなく、ガラスも通すため、陽に当たる可能性がある場合には、いつでも紫外線対策が必要になります。


  • シミやそばかす

  • シミやそばかす
  • シミやそばかすの大きな原因は日焼けです。日焼けは、太陽光線に含まれる紫外線により肌組織が損傷することで、赤くヒリヒリとした状態になります。
    肌には、紫外線の影響から肌組織を守るためのメラニン色素が防御機能として備えられています。防御機能として精製されたメラニン色素が肌組織に残ることで、シミやそばかすになります。

    シミやそばかすを予防するためには、紫外線対策を徹底することです。紫外線は、3月ごろから増え、4月から9月がピークです。
    しかし、曇った日でも紫外線はゼロではなく、ガラスも通すため、陽に当たる可能性がある場合には、いつでも紫外線対策が必要になります。
  • 日焼け止めや体内からの予防

  • 日焼け止めや体内からの予防
  • 紫外線対策には、日焼け止めが必要です。
    SPFとは、UV-B波をカットする力のことで、数字は紫外線を浴びた場合皮膚が赤くヒリヒリするまでの時間を何も塗っていない状態に比べて何倍に伸ばせるかの目安です。
    PAは、皮膚を黒くするUV-A波を防ぐ効果のことで、+の数が多いほど、効果が高くなります。
    強すぎる日焼け止めは、かえって肌の刺激になってしまい肌のハリやキメが壊れやすくなるため、SPF10から20、PA+から++程度のものに留めておきます。

    他にも、体内から紫外線対策として、紫外線から肌を保護する作用のあるビタミンAやビタミンC、ビタミンE、L-システイン、ポリフェノールなどを積極的に摂取することです。
    特にビタミンCは、シミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きや肌のハリや潤いのもとになるコラーゲンやエラスチンの生成を促す働きがあるため、紫外線対策に効果のある化粧品にも多く使われています。
  • シミやそばかすを防ぐ食べ物

  • シミやそばかすを防ぐ食べ物

    出典: instagram.com

  • シミやそばかすを防ぐ食べ物としては、抗酸化作用に優れ、コラーゲンの生成を促すビタミンAが豊富なトマトやバジル、新陳代謝を助け皮膚を上部にするビタミンB2が豊富なレバーやいわし、うなぎ、メラニンを減少させ抑制することができるアミノ酸が豊富な卵や豚肉などがあります。

    日焼け止めは、肌の上に常にぬられていることが一番大切なため、SPFやPAが低くても2、3時間ごとに塗り直しをすることで、効果が得られます。
    また、日傘を併用して万全を期すようにします。日傘を選ぶ場合には、遮光性よりもUVカット率を優先し、地面からの照り返しを反射しないように傘の内側は黒っぽいものを選びます。

    一度出来てしまっては、元の状態に戻すまでに手間や時間がかかるため、事前に防ぐことが一番大切です。
日焼けによるシミやそばかすの予防
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事