日焼け止めを使ったときのかゆみと使用期限

日焼け止めを使ったときのかゆみと使用期限

Thumb?1414295452 muah♪さん

209

紫外線は肌を老化させることで知られていますが、まったく外出しないというわけにはいきません。日焼け止めはUVカットの機能が優れていることはもちろん、長時間肌につけるものですので、肌質に合うもの、安全性の高いものを選ぶことも大切です。肌に合うものを選ぶことはもちろん、保管も大事ですので、直射日光が当たるところなどに置いたりせず冷暗所に保存しましょう。


  • 肌質に合うもの、安全性の高いものを選ぶことが大切

  • 肌質に合うもの、安全性の高いものを選ぶことが大切
  • 紫外線は肌を老化させることで知られていますが、まったく外出しないというわけにはいきません。それゆえに外出先では帽子や日傘を使うなどできるだけ肌を守る工夫はしておきたいですが、日焼け止め乳液やクリームを使っておくとより安心です。顔はもちろん、首や手なども紫外線にさらされていますのでしっかり塗っておきたいですし、外出先でも塗りなおしができるようバッグに入れておくと良いでしょう。UVカットの機能が優れていることはもちろん、長時間肌につけるものですので、肌質に合うもの、安全性の高いものを選ぶことも大切です。
  • 一度開封しているものは慎重に

  • 一度開封しているものは慎重に
  • 日焼け止めは主に日差しの強い夏場に使うことが多いですが、秋になり日差しが弱くなると使う頻度も減ってきます。それゆえに昨年購入した商品がまだ使いきれずに残っている場合もあるのではないでしょうか。以前の日焼け止めを利用するときにはまずは使用期限をチェックしておきましょう。使用期限内のものであっても、肌につけたときにかゆみが出るなどのトラブルが起きた場合はやはり使わないほうが無難と言えます。まずは目立たないところに少量つけ、かゆみでないか、肌が赤くならないかはよく確認しておきましょう。市販の日焼け止めは防腐剤なども配合されていますので、長期間保存できるものもありますが、より肌に優しく作られている無添加の商品などは特に気をつける必要があります。
    こうした商品は肌に負担の少ない成分はできるだけカットして作られていますので防腐剤なども入っていないものもあり、そうしたものはどうしても使用期限が短くなってしまいます。
    使用期限の長いものでも、やはり長く置いていると酸化して肌トラブルが起きてしまう場合もありますので、一度開封しているものは慎重に使っていきましょう。
  • 古いものを使うと肌トラブルにも

  • 古いものを使うと肌トラブルにも
  • 日焼け止めは肌を守るのにとても役立ってくれるものですが、良い効果を得るためには正しい使い方を心がけることが大切です。
    肌に合うものを選ぶことはもちろん、保管も大事ですので、直射日光が当たるところなどに置いたりせず冷暗所に保存しましょう。
    そして、まとめ買いなどはせず、使いきれる分だけ購入しておくと使用期限もあまり気にしなくて済みます。
    残っている商品を捨てるのはもったいない気持ちもありますが、古いものを使って肌トラブルが起きてしまうようではかえって肌に負担をかけることとなりますので、やはり開封後は1年以上経っているものは思い切って処分し、新しいものを使うとより安心です。
日焼け止めを使ったときのかゆみと使用期限
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事