日焼け止め選びはノンケミカル処方がおすすめ

日焼け止め選びはノンケミカル処方がおすすめ

Thumb?1414295452 muah♪さん

412

夏が近くなり日差しが強くなってくると日焼け止めを使って紫外線予防をすることが多くなります。日焼け止めの選び方としては、肌に優しいノンケミカルのものを選ぶようにすると良いです。日焼け止めはしっかりと塗ることによって、その効果を得ることができます。説明書きに記載されている用量を参考にすることも大切です。


  • 肌に優しいノンケミカル

  • 肌に優しいノンケミカル
  • 夏が近くなり日差しが強くなってくると日焼け止めを使って紫外線予防をすることが多くなります。店頭には色々な種類の日焼け止めが並んでいるので、どれがいいのか迷うことがあります。特に肌が敏感だったり乾燥肌だという人の場合には、自分の肌に合わないものだと肌のトラブルを引き起こしてしまわないかと不安になります。日焼け止めの選び方としては、肌に優しいノンケミカルのものを選ぶようにすると良いです。
  • 低刺激で肌に優しい紫外線散乱剤

  • 低刺激で肌に優しい紫外線散乱剤
  • 日焼け止めの成分には紫外線を物理的な力ではじく紫外線散乱剤と、吸収した紫外線を別のエネルギーに変えて放出する紫外線吸収剤の2つがあります。紫外線吸収剤は肌への負担が大きく、肌が敏感な人は肌の刺激を感じやすいので紫外線吸収剤を使ったものはおすすめしません。紫外線をはじいて日焼けを予防し、低刺激で肌に優しい紫外線散乱剤のほうをおすすめします。
    この紫外線散乱剤はパッケージには紫外線散乱剤もしくは紫外線吸収剤フリー、紫外線吸収剤不使用、ノンケミカル処方などと言う記載がされていて、その中でもノンケミカル処方と記載されているほうが多く見られるので選びやすいでしょう。このノンケミカル処方の日焼け止めの特徴としては、肌への負担がかかりにくく、低刺激で肌に優しいのですが、多少白浮きしやすいと言うこともあります。日焼け止めはしっかりと塗ることによって、その効果を得ることができます。説明書きに記載されている用量を参考にすることも大切です。
  • 使用後はしっかりと落とす

  • 使用後はしっかりと落とす

    出典: instagram.com

  • 肌に負担をかけたくないと、塗る量を減らしてしまったり、一度塗ったからといって長時間そのままにしてしまうと効果をしっかりと得ることはできません。時間がある程度経過したら塗りなおしをすることで、効果を持続させることができます。また、使用後はしっかりと落とすことも肌のためには大切なことです。肌が敏感な人は特に肌のバリア機能が刺激を受けやすい状態にあるので、優しくしっかりとクレンジングを行うことが大切です。お湯や石鹸で落とせるものもあれば、クレンジングで落とさなくてはいけないものもあるので、パッケージなどに記載されている落とし方も確認しておくようにしましょう。クレンジングや石鹸を使う際には摩擦をかけないようにやさしく丁寧に、熱いお湯ではなくぬるま湯を使って落とすようにしましょう。あごや髪の生え際、こめかみなどに洗いのこしがないようにしっかりとすすぐようにすることで肌を守ることができます。
日焼け止め選びはノンケミカル処方がおすすめ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事