日焼け止めの使用期限って開封と未開封で違うの?

日焼け止めの使用期限って開封と未開封で違うの?

Thumb?1414295452 muah♪さん

202

紫外線は5月から9月に多く降り注ぎますが、だからといって他の季節に油断してはいけません。使用期限が異なるのは、食べ物と同じです。未開封の場合、特に使用期限の表示がない場合は、製造日より3年以内と法律で定められています。肌に直接触れるものですから、あまりに古いものは避けるのが良いでしょう。


  • 安心して使える肌に優しい日焼け止めが好ましい

  • 安心して使える肌に優しい日焼け止めが好ましい
  • もうすぐ日焼け止めが欠かせない時期が近づいてきました。といっても、この頃では冬も使うという人が増えてきているようです。
    紫外線は5月から9月に多く降り注ぎますが、だからといって他の季節に油断してはいけません。冬の紫外線も怖いですから、年中安心して使える肌に優しい日焼け止めが好ましいです。赤ちゃんのような繊細な肌にも必要な時代ですから、ちゃんと成分などを勉強するのが大事です。
  • テスターチェックをしてから買う

  • テスターチェックをしてから買う

    出典: instagram.com

  • 紫外線には、紫外線A波といわれるUVAと紫外線B波といわれるUVBの2種類で構成されています。UBAは紫外線の95パーセントを占め、残り5パーセントがUVBになります。特に怖いのが、皮膚の奥まで届くUVAです。紫外線のうちほとんどがUVAなので、しっかりケアしなければなりません。日焼け止めの表示を見ると、SPFとPAがどの商品にも書かれています。
    SPFは、サンプロテクションファクターの略で、UVBの防止効果を数値で表したもので、PAは、プロテクショングレイドオブUVAの略で、UVAの防止効果を記号で表したものです。それを踏まえて、用途に合わせてSPFとPAの数値を選ぶのが、一番賢い使用方法になるでしょう。数値が高いものを使っておけばいいと安易に考えずに、数値の高いものは肌の負担になることもしっかり考慮して選ぶことが大事です。肌の弱い方は、手の甲に塗るなどして、しっかりテスターチェックをしてから買うようにすると、失敗はしません。
  • 使用期限はあります

  • 使用期限はあります

    出典: instagram.com

  • それではその日焼け止めですが、使用期限を知っておられるかたはどのくらいいるのでしょうか。
    モノですから、もちろん使用期限はあります。しかし未開封と開封の場合には、使用期限が異なるのは、食べ物と同じです。未開封の場合、特に使用期限の表示がない場合は、製造日より3年以内と法律で定められています。なるべく法律の範囲内で使用するほうがいいでしょう。
    開封した場合は、メーカーによると、3か月で使い切ってもらいたいとのことです。ただふたを開けっぱなしであったり直射日光にあてるなど、過度に日焼け止めに負担がかかる場所においていない場合には、半年くらいは大丈夫だとのことです。使用するときに、香りで判断するのもひとつの手段でしょう。
    いくら法律で3年と定められていても、日焼け止めは化粧品の一つであり、肌に直接触れるものですから、あまりに古いものは避けるのが良いでしょう。早めにケアすることで、きれいで健康は肌を保つようにしましょう。
日焼け止めの使用期限って開封と未開封で違うの?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事