日焼け止めのSPF、季節は無関係

日焼け止めのSPF、季節は無関係

Thumb?1414295452 muah♪さん

294

紫外線は年間を通して浴び続けているので、真冬でもレジャーなどで油断すると日焼けをしてしまうということがよくあります。紫外線は年々強くなっていますので、季節を問わず年間を通してしっかりとケアすることが大切です。今のスキンケアに紫外線ケアをプラスすることによって美肌効果を実感することができるのです。


  • 365日UVケア

  • 365日UVケア
  • 日焼け止めは夏の間だけ使用すればいいと考えている人がとても多くいるのですが、それは大きな間違いなのです。
    紫外線は年間を通して浴び続けているので、真冬でもレジャーなどで油断すると日焼けをしてしまうということがよくあるのです。
    紫外線は年々強くなっていますので、季節を問わず年間を通してしっかりとケアすることが大切になってきているのです。
    日焼け止めはSPFによって効果の持続時間が異なってきますので、自分がどのくらいの時間を野外で過ごすかということを考えて選ぶことをおすすめします。
  • 時間で使い分ける

  • 時間で使い分ける
  • SPFの数値が高い方が日焼け止めの効果がアップすると考えている人がとても多いのですが、SPFは持続時間なので、季節を問わず、自分が野外で過ごす時間を計算することで、自分にぴったりの日焼け止めを選ぶことができるのです。
    買い物などで1時間くらいしか外出をしないという人でも、家の日当たりが良いことによって、紫外線を浴びる時間は長くなりますので、効果の高い商品を使用することがおすすめです。
    仕事やレジャーなどで外に出る時間が長いという人も、SPFの高い商品を使用しつつ、こまめに塗り直しをすることによって、日焼けせずに過ごすことができるのです。
    日焼けをしてしまうことによって、皮膚がんになってしまう確率が高くなってしまったり、年齢を重ねてからシミやしわの原因となってしまうことがよくありますので、メイクをしなかったとしても、日焼け止めだけは季節を問わずしっかり塗っておくことで、肌トラブルや病気を防ぐことができるのです。
  • 子供の紫外線ケアも重要

  • 子供の紫外線ケアも重要
  • 子供がいる家庭では、子供を外で遊ばせる機会がとても多くなりますので、自分の紫外線ケアをすると同時に、子供の紫外線ケアもとても重要になるのです。
    子供の皮膚は大人の皮膚の半分程度しかありませんので、日焼けもしやすいですし、すぐに焼けて赤くなってしまうということがよくあるのです。
    こうなってしまうと、皮がむけてしまったり、かゆみが出る場合もありますので、公園などで遊ばせる場合も、少し散歩にいくという場合も日焼け止めはしっかりと塗り、日焼けを防ぐことが重要なのです。
    こういった年間を通して紫外線ケアをこまめにすることによって、紫外線から肌を守ることができますし、肌トラブルも少なくなるのです。
    毛穴が目立たなくなるという人や、肌のキメが整ったという人もいますので、今のスキンケアに紫外線ケアをプラスすることによって美肌効果を実感することができるのです。
日焼け止めのSPF、季節は無関係
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事