ひざの黒ずみを自宅で簡単に綺麗にケアする方法とは?

ひざの黒ずみを自宅で簡単に綺麗にケアする方法とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

43

普段ボディケアをしっかり行っている方でも、ひざが黒くなっているなど黒ずみトラブルがある場合は少なくありません。そこで綺麗にケアするためにも原因とお手入れ方法を知っておく必要があります。

  • ひざが黒ずむ原因とは

  • ひざが黒ずむ原因とは
  • 体の中でもひざなどを含めた関節部位は、よく動かす場所でもありますのでどうしても皮膚が伸縮しやすくなってしまうことから黒ずんで見えやすくなってしまう特徴があります。

    また、ひざは他の体の部位に比べて皮脂腺が少ない部位なので、通常肌を保護する役割をする皮脂や汗が分泌されないことから、皮膚が極度に乾燥しやすくなる恐れがあり、外部からの刺激に弱くなってしまうデリケート部位でもあるのです。

    特に外出をする際にひざを露出していると直接肌に紫外線を浴びてしまうことから肌内部にメラニン色素が蓄積しやすくなり、黒ずみの原因となってしまう恐れがあります。

    また、女性に人気の高い足にピタッと密着性のあるパンツやジーンズは、ひざに摩擦を起こしやすくなりますし座る際に足を組み替えるクセがある方などは、ひざが擦れやすくなってしまうことから黒ずみが起こりやすくなってしまう原因となります。

    これはひざに限らず、ひじなどの部位にも起こりやすくなりますひじやひざは足をつく際や、腕をつく際に常に何かに触れている可能性がたかくなりますので、皮膚が擦れることで角質層が厚くなると黒ずみとゴワつきが気になる皮膚になってしまう恐れがあります。
  • ひざの黒ずんでいる部位のケア方法①

  • ひざの黒ずみをケアする際にまず気をつけなくてはいけないのが、自分の生活習慣の中で原因となることをきちんと把握することです。

    ひざの黒ずみは特に座るときなどに膝立ちになるクセを持っている方や、肌を摩擦してしまうピッタリとしたパンツを習慣的に穿いている方、体を洗う際にナイロンタオルなどの皮膚を傷つけやすい硬めのボディタオルを利用して体をゴシゴシ擦るお手入れを行っている方など、様々な原因が考えられます。

    自分の生活習慣の中で行っている黒ずみの原因をきちんと把握できていないと、いくらひじのお手入れに様々なお手入れを行っていても意味がありませんし、何より一度綺麗にしても原因が解決出来ていなければ、再発してしまう恐れがありますので注意が必要です。

    また、ひじの黒ずんだ状態が進行して目に見えて色素沈着が目立つようなら、黒ずみの進行度はかなり高く角質層もかなり厚くなっている可能性が高いです。

    そのため古い角質を除去するためにも皮膚を柔らかくしてくれるお風呂にゆっくり浸かる事が効果的ですし、皮膚が柔らかくなったら古い角質を除去してくれるボディタオルで優しくこすったり、ボディスクラブなどを利用することで改善することが出来ます。"
  • ひざの黒ずんでいる部位のケア方法②

  • 皮脂腺や汗が分泌しにくくなっているひざの部位は、常に皮膚が乾燥しやすくなってしまっており黒ずみが目立ち、肌がごわつくようになってしまっているため、無理に古い角質をゴシゴシ擦るお手入れは帰って症状を悪化させてしまう危険があります。

    そこで自宅で行えるひざのお手入れ方法としてボディスクラブが注目されています。

    ボディスクラブには大きく分けて2種類のタイプがあり、マイクロビーズと呼ばれる小さなボディスクラブビーズが含まれているクリームタイプと、自然由来の岩塩やナッツなどの殻などを利用して細かなスクラブを含んでいるタイプがあり、近年では後者のタイプが環境に優しく美容効果が高いとして注目されています。

    ボディスクラブは軽く肌になじませてからマッサージをするだけで、肌表面の古い角質を綺麗に除去してツルツルの素肌に仕上げることが出来るメリットがありますが、使用上の注意点として事前に湯船につかっておき、肌をしっかり柔らかくしてから使用しないと、スクラブの摩擦で肌を傷めてしまう危険があります。

    そのためバスタイムで使用する際には軽く体を洗ってから湯船に浸かり、再度スクラブで体を洗うお手入れ方法がおすすめです。"
  • ひざの黒ずんでいる部位のケア方法③

  • ひざの黒ずんでいる部位をケアをする方法として、ボディスクラブを利用する女性が増えてきています。

    しかし、いくら肌に負担が少ないスクラブ成分が配合されていたり、保湿ケアが行える美容成分が配合されているボディスクラブを利用しても、マッサージを行って肌の古い角質が除去されれば、下の新しい皮膚が表面に出てくるので極度に肌が乾燥しやすくなってしまう危険があります。

    そのため肌を保護するためにもお風呂から上がったら素早く保湿ケアを行う必要があります。

    ボディクリームなどの油分が含まれるクリームをすぐに肌に塗ってしまう方も多いですが、これでは充分な保湿を肌に浸透させることが出来ません。

    顔のスキンケアと同様に化粧水などの水分ケアが出来る化粧品で肌に潤いを補給させてから、上からボディクリームなどのタイプで潤いに蓋をするようにすると、肌が乾燥しにくく潤いが逃げにくくなるメリットがあります。

    ひじやひざは他の部位に比べて急激に水分が逃げやすくなりますので、重点的にお手入れを行うようにすると角質除去を行った後も肌のカサつきや肌荒れなどの肌トラブルが起こりにくくなり、しっとりとした仕上がりにすることが出来ます。
  • ひざの黒ずみを予防する方法

  • 夏の季節になると肌の露出が多くなり、ひざなどを露出するファッションを楽しむ女性が多くなりますが、スキンケアをきちんと行っていないとひざの黒ずんでいる部位が目立つようになってしまいます。

    せっかくのオシャレも台無しになってしまうため、出来るだけ普段の生活でひざの黒ずみ予防をしっかり行う必要が出てきます。

    そこでひざが黒ずんでしまう原因の1つであるナイロンタオルや垢すりタオルを利用して肌をゴシゴシ洗う習慣のある方は、使用するのをやめることをおすすめします。

    体の汚れは思ったより簡単に落ちるようになっているため、タオルは使用しなくてもボディソープや石鹸を泡立てネットで良く泡立ててから泡パックをしたり、手で直接撫でるように洗うだけでも充分に肌表面に付着している汚れは落とすことが可能なのです。

    どうしてもタオルを利用したいのであれば比較的柔らかく、肌に負担がかかりにくいボディタオルを利用して優しく撫でるように洗うことを心がけることが大切です。


    また肌の潤い不足のひざが黒ずむ原因となりますので、予防策として普段からしっかり保湿ケアを行ったり、外出をする際には日焼け止めをひざを中心にしっかりまんべんなく塗るようにするのも予防策として効果的です。
  • 肌を綺麗に保つために必要なこと

  • 体の部位によって汗をかきやすい部位や皮脂分泌が多い部位があれば、汗をかきにくく皮脂も分泌しない部位もあるなど、部位によってお手入れ方法が大きく異なってくるため全身を綺麗に保つためにも、普段からスキンケアを見直すことが大切になります。

    特にひざやひじは色素沈着が起こりやすい筆頭部位なので、夏の季節に安心して肌の露出を楽しむためにも普段からひざの角質層が厚くならないようにこまめにボディスクラブで角質除去を行ったり、保湿ケアを行うことは勿論、既にひざが黒ずんでしまっている場合には基本的な角質ケアと並行して、市販されているボディ用の美白化粧品を利用するとより短期間でひざを綺麗に仕上げることができるようになるのでおすすめです。

    またひざの皮膚が硬くなるのは、皮膚が刺激を受けやすいデリケート部位だからこそなので、普段からこまめにひざのマッサージを行う習慣を付けるようにすると、皮膚が柔らかくなり角質層が固くなりにくくなります。

    またひざから足全体のマッサージをすると、むくみを改善したり血行を良くすることが出来ますので、足全体の肌にハリを与えるなど様々な面で美容効果を期待することが出来るメリットがあります。
ひざの黒ずみを自宅で簡単に綺麗にケアする方法とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事