日差しが強い夏はサンオイルも効果的

日差しが強い夏はサンオイルも効果的

Thumb?1414295452 muah♪さん

352

夏の日本の海や海外の海などで遊ぶ時に気になるのが日焼け。健康的な小麦色の肌を目指している人は「サンオイル」を使うと効果的です。日焼け止めは紫外線を防いでくれますが、サンオイルは肌の乾燥を防ぎながら赤くなってしまう日焼けに効果があります。こんがりと綺麗に日焼けができたとしても、日焼け後の肌はデリケートになっているのでケアをしっかりとしましょう。


  • 綺麗に日焼けをするには

  • 綺麗に日焼けをするには
  • 綺麗に日焼けをするにはどうしたら良いか。夏の日本の海や海外の海などで遊ぶ時に気になるのが日焼け。日焼けをしたくない人は日焼け止めを使用すれば良い話ですが、健康的な小麦色の肌を目指している人は「サンオイル」を使うと効果的です。日焼け止めは紫外線を防いでくれますが、サンオイルは肌の乾燥を防ぎながら赤くなってしまう日焼けに効果があります。
    日焼けをしていない肌が白い時は日焼け止めをまず使いましょう
    上手に肌を焼くことで皮が剥けにくくなったりシミになりにくくなるため、日焼けをしたい人は日焼け止めとサンオイルを上手に使い分けることもポイントです。サンオイルを使い急激に焼いてしまうと肌に良くありません。日焼けは徐々にしていくことが大切なため、まず最初は日焼け止めを使い紫外線による皮膚の負担を予防しながら、焼いていくようにしましょう。ある程度肌が焼けたら紫外線による抵抗力もついているので、サンオイルをまんべんなくたっぷりと肌に塗るようにしましょう。汗や水により落ちてしまいがちなので、数時間ごとに塗り直すことも大切です。またある程度日焼けができていても、焼けやすい顔や肩、首の後ろ部分などは日焼け止めを使い、焼きすぎないように肌を守るようにしましょう。
  • 日差しが強い時間帯は無理して焼かない

  • 日差しが強い時間帯は無理して焼かない

    出典: instagram.com

  • 日差しが最も強い時間帯である10時から14時に間は日焼けをするのを避けるようにしましょう。紫外線量が多すぎるためサンバーンを引き起こしやすくなります。サンバーンは強い紫外線により皮膚表面が炎症を起こしてしまい、皮膚がやけどをしたような状態になってしまいます。この状態になってしまうと赤くヒリヒリと痛みやすくなってしまいますし、皮も剥けやすくなります。肌の状態を悪くしてしまい、皮膚ガンの原因になる恐れも出てきてしまうので、日差しが強く日焼けには良い時間帯にも思えますが、シミなどの原因にもなってしまうのでこの時間帯は避けるように心がけましょう。
  • 日焼けした後にケアをすることも忘れずに

  • 日焼けした後にケアをすることも忘れずに
  • こんがりと綺麗に日焼けができたとしても、日焼け後の肌はデリケートになっているのでケアをしっかりとしましょう。冷たくしたタオルなどで肌をクールダウンさせ、石鹸などを使い肌をしっかり洗い流しましょう。日焼け止めやサンオイルを肌に残したままだと肌トラブルの原因にもなってしまいます。しっかりと落とした後は化粧水などを使い、肌を保湿し乾燥を防ぐことも大切です。水分やビタミンCも摂取するように心がけると、シミやしわの原因となるメラニン色素を抑えることができるでしょう。
日差しが強い夏はサンオイルも効果的
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事