早く寝るおすすめの方法 ホットミルク

早く寝るおすすめの方法 ホットミルク

Thumb?1414295452 muah♪さん

367

早く寝る方法を、したいときにはさまざまな場合が考えられます。
明日、朝が早いから普段よりも早く寝る方法で休みたいと考えるときです。
しかし、人間の睡眠はそんなに上手く眠りたいときに眠ることができるほど単純ではありません。


  • 出典: www.tumblr.com

  • また、普段の寝る時間の1~2時間前はもっとも眠ることができないとされています。
    そして、時間帯も関係しています。
    午後7時から9時は、一日でもっとも眠気が少ない時間帯でメラニンの分泌が不十分となります。
    そのために、早く寝る方法でもやはり午後9時以降に睡眠をとることが大切です。
    一番、簡単で誰でもできるのが朝早く起きることです。
    夜の睡眠時間は、朝に起きた時間から16時間後に眠くなるように体内時計がなっています。
    そのために、逆算すると早く寝ることが可能です。
    ただ、早起きだけではなく起きた時に窓を開けて太陽の光を浴びることと、必ず朝食を取ることが重要です。
  • 出典: www.tumblr.com

  • そして、もう一つの早く寝る方法は今、社会問題にも取り上げられている不眠対策です。
    寝る前に、あたたかいホットミルクを飲むことも神経を落ち着かせる効果があります。
    実際不眠の場合は、原因のほとんどがストレスが多くなります。
    神経が昂ぶり、夜になっても寝ることができない人がいます。
    こんなときは、早く寝る方法があれば体を休めることができます。
    寝る前に、ホットミルクを飲むといいと昔から言われています。
    これには、理由がキチンとあることが判明しています。
    それは、ミルクの成分が大きく関わりをもっています。
    まず、温かいミルクを飲むことで胃や腸が温めることができます。
    それにより、一時的ですが体温が上がります、そして少しするとまた体温が下がってきます。
    この体温が下がるときに、人間は眠くなるようになります。
    そして、ホットミルクに含まれる成分の中に安眠に役立つものがあります。
    体内では、合成できない成分になりセロトニンとメラトニンという睡眠に役立つホルモンを作りだします。
  • 出典: www.tumblr.com

  • その中でも、とくにメラトニンは睡眠ホルモンと呼ばれ、体温、脈拍、血圧を下げて、人間を睡眠に導きだす働きをしていきます。
    また、それと同時にメラトニンは睡眠の持続にも作用しています。
    このように、ホットミルクには意外な効能があります。
    また、これを牛乳ではなく豆乳でも代用はできます。
    大豆イソフラボンは、乱れた性ホルモンを調整をして、気持ちを安定させる作用があり効果があります。
    ホットミルクは、カルシウムもとれることから精神安定にもいいとされます。
早く寝るおすすめの方法 ホットミルク
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事