年齢肌トラブル、ほうれい線を隠す人気アイテム

年齢肌トラブル、ほうれい線を隠す人気アイテム

Thumb?1414295452 muah♪さん

245

ほうれい線を隠す身近な人気メイクアイテムがたくさんあります。リキッドファンデーション、コンシーラー、ルースパウダー、ハイライトチークなどを上手く活用しましょう。どうすればうまくメイクアイテムを活用してほうれい線を隠すことができるのか、具体的な使い方をご紹介します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • ほうれい線を隠すには肌の保湿が重要
  • リキッドファンデーションがお勧め
  • ほうれい線を隠すコンシーラー
  • 最後の仕上げにハイライトカラー
  • ほうれい線から目線を離す
  • ほうれい線を隠すには肌の保湿が重要

  • ほうれい線を隠すには肌の保湿が重要
  • 年齢肌トラブルの上位に挙げられることも多いほうれい線、この線があるだけで、見た目年齢はぐっと引き上げられてしまうので、若々しい印象を与えたいなら、できるだけ目立たないようにしたいものです。

    一口にほうれい線といっても、浅いものと、深く刻まれてしまっているものがありますが、浅いものに関しては、肌表面の乾燥が主な原因なので、メイク前の保湿ケアをしっかりと行うことで、目立たなくさせられます。
    ほうれい線をできないように予防する意味でも、年齢、季節に関係なく、徹底した保湿ケアを行うようにしましょう。

    深く刻まれてしまっているほうれい線を隠す場合にも、その後に使用するコスメアイテムがしっかりと肌になじむようにするためにも、スキンケア時に保湿をしっかりと行うようにしましょう。

    肌が乾いてしまっていると、コスメアイテムがほうれい線の溝に入りやすくなってしまい、余計に目立つようになってしまいます。
  • リキッドファンデーションがお勧め

  • 深く目立ってしまっているほうれい線を隠すには、パウダーファンデーションよりも、リキッドやクリームタイプのファンデーションがお勧めです。

    年齢を重ねた大人の肌は、保水力が衰えてしまいがちなので、しっとりとしたテクスチャーのファンデーションの方が乾いた肌になじみやすく、肌にできた溝をしっかりと埋めてくれます。

    指先で塗るよりも、ファンデーション専用のブラシを使って塗ると、よりむらなく綺麗に塗れ、ほうれい線や毛穴の凹凸にも均一にのせられます。
    顔の中心から外側に向くようにブラシを動かしていくと、マットな陶器肌に仕上げられ、隠したいトラブルもしっかりとカバーできます。

    ほうれい線は特に、よく動く口周りにできるので、隠したいからと厚塗りするのはタブーで、極力薄く伸ばすことが大切です。メイク時には綺麗にカバーできていても、ファンデーションを厚く塗ってしまうと、口周りの筋肉を動かすことで、どんどんメイクがよれて余計に目立ってしまいます。
  • ほうれい線を隠すコンシーラー

  • ファンデーションを塗る前に、下地クリームを使うと、より、ほうれい戦の溝を綺麗にカバーすることが出来ます。

    シリコン素材の下地クリームは、たるみによりできてしまったゆるみ毛穴もしっかりと埋め込み、その後に使うファンデーションののりを良くしてくれます。毛穴をカバーする下地クリームは、とても人気が高く、色々なメーカーから販売されているので、伸びの良いタイプの商品を選びましょう。

    ニキビ跡の皮膚のデコボコもしっかりと埋めこんでくれるので、ファンデーションが肌の溝に入りこんで、光反射によって目立つことを防いでくれます。

    下地で肌の凹凸を整えたら、ファンデーションをごく薄く塗り、それでもまだほうれい線が気になるようであれば、コンシーラーを使います。

    この時に使用するコンシーラーは、肌より明るめのものがお勧めで、ほうれい線に垂直になるように数か所のせ、薬指を使って優しくとんとんと肌に叩きこむようにして塗りこみます。
  • 最後の仕上げにハイライトカラー

  • 保湿ケア、下地クリーム、ファンデーション、コンシーラーと、薄く丁寧にほうれい線を埋め込んでいくと、最後には粒子の細かいルースパウダーで仕上げると、余計な皮脂を吸い取り、メイク崩れを防いでくれます。
    肌もマットな美肌に仕上がり、近くで見ても毛穴すら目立たなくなります。

    そして最終的な総仕上げに、ハイライトチークをほうれい線にふわりとのせて上げれば、へこんでいる部分を膨らませる効果が働くので、より溝が目立たなくなります。

    このハイライトチークは、加齢が目立つ年齢肌トラブルを抱える女性には必須アイテムで、へこんでしまっている部分を明るくしてくれるので、年齢とともに現れやすい目の下のたるみにも最適です。

    ほうれい線や目の下の落ちくぼみなど、ハリを失ってしぼんでしまった部分にひと乗せするだけで、顔全体がふっくら若々しく見えます。ドラッグストアではリーズナブルで品質の良い人気コスメが揃っているので、是非ハイライトチークは用意しておきましょう。
  • ほうれい線から目線を離す

  • 様々なメイクテクニックを使ってほうれい線を隠したあとは、ほうれい線から、視線を外すというテクニックを使いましょう。

    口元から離れた目元に手を加えるわけですが、眉毛を今の人気デザインに少し太くさせたり、明るめのブラウンパウダーを乗せてみたり、目の下にハイライトカラーを入れるだけでも、随分と顔は若々しく見えます。
    頬の一番高い位置にもチークを丸くいれ、血色を良く見せれば、年齢とともに現われるフェイスラインの緩みがカバーできます。

    ポイントメイクは、カラー選びやいれ方によって、コンプレックスをいかにでもカバーできてしまう反面、そこを間違えると、余計にコンプレックスが目立つことになってしまいます。

    ほうれい線を隠すには、とにかく丁寧に薄く仕上げていくことと、ポイントメイクでは明るめのカラーを選ぶと、そこに目が行くので、たるみによる肌痩せが目立ちません。若い女性が好む人気のコスメには、大人の女性でも十分に使える優秀アイテムが多いので、積極的に取り入れてみましょう。
年齢肌トラブル、ほうれい線を隠す人気アイテム
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事