ほうれい線を隠す効能があるケアとは?

ほうれい線を隠す効能があるケアとは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

63

ほうれい線を隠すにはファンデーションやコンシーラーの使い方を一工夫しましょう。そして、ほうれい線を目立たなくするために、マッサージや紫外線対策、保湿などをおこなっていきましょう。ほうれい線が走っているだけで、見た目年齢は一気に引き上がり、疲れた印象を与えてしまいます。ぜひお試しください。

  • ほうれい線を隠す効能がある美容成分

  • ほうれい線を隠す効能がある美容成分
  • どんな美人も一気に老け顔にさせてしまうほうれい線、しわやたるみと同じく、年齢肌トラブルの上位に挙げられることの多い悩みです。

    ほうれい線を改善させるための効能が認められている美容成分を知り、それらが配合されているスキンケアコスメを、積極的に使ってケアをすることはとても大切です。

    まず、言わずと知れたヒアルロン酸は、肌に必要な潤いとハリを保つ大切な成分で、皮膚の中に存在するものですが、加齢とともに失われてしまいがちです。

    そして、コラーゲンは、体内に含まれるたんぱく質の一種で、肌の弾力を構成する大切な成分です。次にエラスチンですが、これはコラーゲンに絡みついているもので、ゴムのように伸縮しこちらも肌に弾力を与えるタンパク質です。

    最後にセラミド、これは外からの刺激を守るバリアの役割を担う角質細胞間脂質で、保湿には欠かせません。これらはすべて保湿を高める効能があると立証されている成分なので、ほうれい線改善ケアには欠かせません。
  • ほうれい線を作らせない紫外線対策

  • ほうれい線を作らせないようにするためには、前述したような美容成分を使ったスキンケアコスメで、しっかりとお肌を潤わせるとともに、紫外線対策も万全に行わなければなりません。

    これを若いうちから徹底していくことで、将来の肌老化のスピードを緩める作用も働くので、季節を問わず紫外線をブロックし、肌を守るようにしましょう。

    日焼けをすると、お肌は著しく乾燥が進み、あらゆる肌トラブルを引き起こしてしまいます。
    日焼けによる肌トラブルは、シミだけだと考えられがちですが、肌の潤いがなくなっていくため、しわやたるみを起こしたり、ニキビの原因にもなります。

    肌表面に現れてしまうトラブルはすべて、潤い不足が原因になっているということを理解し、メイク下地には、必ず日焼け止め効果が入ったものを使うようにするなど、屋内、外問わず気を付けましょう。そして並行して行う保湿ケアで、肌に潤いを蓄え、健康な肌でいられるようにしましょう。
  • 年齢に応じたフェイスマッサージ

  • 30代以降のほうれい線の目立ちは、やはり肌の老化が大きく関係しているので、保湿ケアをしっかりと行うとともに、簡単なフェイスマッサージを取りいれていきましょう。

    ほうれい線を隠すには、口周りの筋肉を鍛えることも大切です。
    筋肉は顔にもたくさんありますが、使わないでいると、どんどんと衰えていき、皮下脂肪の重みを支えきれなくなってしまいます。

    頬がたるんでくると、ほうれい線が現れる部分に覆いかぶさるように皮下脂肪が溜まるので、ほうれい線の溝もどんどん目立つようになってしまいます。肌の表面を強く押したり、こすったりするマッサージは、余計なしわを併発させてしまうので、口の中から舌先を使って鍛えましょう。

    口を閉じたまま舌先で歯の表面をぐるりと大きくなぞるストレッチは、ほうれい線を薄くする効能もあり、手軽にできるのでお勧めです。毎日数回に分けて、左右両方向からぐるぐるなぞって口周りを鍛えましょう。
  • ほうれい線を隠すメイク方法

  • ほうれい線を作らせないスキンケア、顔のストレッチを行うとともに、今できてしまっているほうれい線を隠すメイク方法も、ぜひ、マスターしておきましょう。

    ほうれい線が走っているだけで、見た目年齢は一気に引き上がり、疲れた印象さえ与えてしまいます。
    若々しい表情に見せるようにするためには、丁寧なベース作りをして、ほうれい線の溝を光の反射で飛ばしてしまいましょう。

    ほうれい線の目立ちが気になる肌には、パウダーファンデーションよりも、リキッドやクリームファンデーションがお勧めです。

    肌にしっかりと保湿ケアをして整えたら、ファンデーションをごく薄く伸ばしていきます。特にほうれい線の部分は少なめにしておくと、メイク崩れで余計に目立つことを回避できます。

    ブラシやスポンジで筋まで綺麗に塗ったら、明るめのコンシーラーをほうれい線になじませ、フェイスパウダーで仕上げます。そのあとさらにハイライトチークを乗せれば、溝も綺麗になくなります。
  • 美容治療のアンチエイジングケアのリスク

  • 肌のたるみやほうれい線がどうしても気になるからと、美容クリニックでアンチエイジング治療を受けることを選択する女性も多いです。

    この場合、ほうれい線に直接アプローチするとなると、ヒアルロン酸注射やボトックス注射が人気ですが、どちらもメスを使わず、注射器だけでハリのある美肌が蘇る素晴らしい美容治療ですが、リスクも少なからずあるので、しっかりと頭に入れておきましょう。
    美容治療を受ける時には、値段で決めるのではなく、あくまでも施術を行うドクターの実績、経験、スキルを重視しましょう。

    どこにどのくらいの量を打つのか、この判断を見誤ってしまうと、余計にほうれい線が目立ってしまったり、内出血やしこりができたり、表情がおかしくなってしまうこともあるのです。

    プチ整形と簡単に考えるのではなく、カウンセリングを十分に行い、信頼できるドクターを見極めるということが先決なので、料金だけで病院を選ぶことは避けましょう。
ほうれい線を隠す効能があるケアとは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事