辛い不眠を乗り越えよう!知っておきたい不眠の原因や治療法

辛い不眠を乗り越えよう!知っておきたい不眠の原因や治療法

Thumb?1414295452 muah♪さん

547

不眠症はなった人にしかわからない辛さがあります。
ベッドで横になるたびに「寝よう寝よう」と思うと余計に眠れなくなってしまうもので、この辛さは経験した人にしかわからないものです。
眠れなかった時の朝焼けは本当に辛い1日の始まりです。
不眠症には病院でできる対処法と自分一人でできる対処法があります。
しっかり不眠との付き合い方を学んで快眠を取り戻しましょう。


  • どんな状態が不眠症なの?不眠症ってどうしてなるの?

  • どんな状態が不眠症なの?不眠症ってどうしてなるの?
  • 日本睡眠学会によると不眠症は下のように定義されています

    ・ 夜間になかなか入眠できず、寝付くのに2時間以上かかる入眠障害
    ・ 一旦寝付いても目が覚めやすく2回以上目がさめる中途覚醒、朝起きた時にぐっすりと眠った感じが無い熟眠障害
    ・ 朝になるといつもより2時間以上早く目が覚めてしまう早期覚醒

    などの症状が週に2回以上少なくとも1ヶ月以上続いている状態のことです。一般的に思われがちな「寝つきが悪い」という症状以外にも様々な症状があるのです。

    また、不眠症には様々な原因があります。よく言われる原因としては下のものが一般的でしょう。

    ・ストレス
    ・体の病気
    ・心の病
    ・薬や何か刺激がある物
    ・昼夜逆転の生活など

    ストレスで不眠症になると考えらえることが一般的には多いのですが、それ以外に気をつけなくてはいけないのが心と体の病気です。
    薬や刺激物、生活のリズムが狂っている場合には規則正しい生活と、刺激物の除去で改善ができるのですが、ストレスと病気に関しては治療が必要になることもあります。
    特に不眠症はうつ病・統合失調症・不安障害(パニック障害などが該当します)とともに現れることが多く、不眠症の裏側にこれらの疾患が隠れていないか注意しなくてはいけません。
    また、体の病気にも痛みやかゆみが原因となる病気が裏にある場合には不眠症の原因疾患の早期治療が必要になります。
    これらの病気にも気を付けて対処をしなくてはいけないのです。
  • 自分でできる不眠の対処法は?

  • 自分でできる不眠の対処法は?
  • 不眠症になると誰もが経験するのが、「寝よう」と思ってかえって寝られなくなってしまう悪循環です。
    この悪循環を断ち切るためにも自分でできる対処法を紹介します。


    ◇寝る前のスマホ・パソコン
    まず、寝る直前にスマホやポソコンを使用することを減らすだけで睡眠の質は大きく改善します。
    眠る時は体が休むように変化していくのですが、スマホやパソコンの使用は体が興奮する方向に変化をさせることがあります。
    せっかく眠る時に体が目覚めるようにしてしまっては睡眠の質が低下してしまいます。

    ◇寝室の使い方
    寝室の使い方にも注意が必要です。
    寝室で何か仕事をしたり、勉強をしている方はまず、寝室を寝る時だけ使うように工夫することが大切です。
    寝室に入る時=眠る時と体に習慣を作ることでより眠りやすくなると考えられています。

    ◇お酒で眠らない
    寝酒をすると酔ったまま眠りに入ることができます。
    確かについついやってしまいがちなことなのですが、寝酒は睡眠の質を低下させてしまいます。
    アルコールを分解するためには体内で水分が使われ、喉が乾いてしまうのです。
    お酒を飲んだら夜中に目が覚めて何か飲みたくなる方も多いのではないでしょうか。
    また、アルコールで得られた睡眠は通常の睡眠に比べて眠りが浅くなりがちです。
    ぐっすりと寝た感覚は得づらいので気をつけましょう。
      
    ◇適度な運動
    睡眠の前に適度な運動を行うことは効果的です。
    体が少し疲れたなと思えるくらいの運動を行った後に眠りにつくと、ちょうど体が休むような方向に体内のバランスが変化している時なので眠りにつきやすくなります。
    肉体的な疲れを感じた状態の方がベッドでよりリラックスできるのでかなり効果的な方法です。

    ◇睡眠時間にこだわらない
    睡眠不足になってしまうとつい「あと3時間」「あと2時間」と眠れる時間を計算してしまいがちですが、これは帰ってイライラさせてしまう原因になります。
    とりあえず眠れるだけ寝るつもりでベッドに入ることが大切です。

    ◇横になるだけでも良い
    ベッドで眠れない時は「とりあえず横になる」というつもりで横になるだけでも十分です。
    目をつぶって横になっているだけである程度体力は回復させることができます。
    無理に寝ようと考えないことがとても大切です。
  • 辛い不眠の治療法

  • 辛い不眠の治療法
  • 不眠症で本当に困ってしまったらまず、原因の解決が必要になります。
    不眠症の背景に何か体の病気が隠れている場合には、この体の病気の解決を行い、その上で不眠症の症状を和らげるような投薬が行われます。
    この他にもこころの病を抱えてしまった場合には抗鬱薬や抗精神病薬などの薬を使ってこころの状態を落ち着かせることが大切です。

    最近の不眠症の薬は一昔前のお薬と異なり記憶の障害や虚脱感などの副作用が少なくなっている物が多く、より安全に用いることができます。
    お薬の選択肢も不眠の種類(入眠障害 早期覚醒 熟眠障害 など)によって選択することができるので、自分の症状に見合ったお薬で治療ができます。
    長期にわたって薬を服用することに抵抗がある方も多いかもしれませんが、医師や薬剤師の管理のもとであれば安全に薬を使うことができます。
    眠れない症状を緩和するだけで生活が楽になり、それだけで体調は大きく快方に向かうことが多いので、安心して治療を受けてみましょう。
  • 不眠症で困った時は

  • 不眠症で困った時は
  • 不眠症で困った時には病院に行って相談をしてみましょう。
    医師や薬剤師だけでなく看護師も皆さんにとって大きな力になってくれます。
    不安な気持ちを一人で抱えずに医療職の人に話をしてみてください。
    きっと皆さんの気持ちを受け止めてくれて解決の手助けをしてくれるはずです。
辛い不眠を乗り越えよう!知っておきたい不眠の原因や治療法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事