一人暮らしの方必見!ワンルームならではの湿気対策

一人暮らしの方必見!ワンルームならではの湿気対策

Thumb?1414295452 muah♪さん

1027

突然ですが質問です。一人暮らしをしているそこのあなた、お布団をどのくらいの頻度で干していますか?布団干しなんて頻繁にしなくてもいいことはついつい後回しになりがち。でも湿気を帯びた寝具で眠るのは気分が良くありません。毎晩熟睡し毎日元気に過ごすため、寝具の湿気対策はこまめに実施。これ、鉄則です。


  • お布団をどのくらいの頻度で干していますか?

  • お布団をどのくらいの頻度で干していますか?
  • 突然ですが質問です。一人暮らしをしているそこのあなた、お布団をどのくらいの頻度で干していますか?
    実家暮らしとは違い、一人暮らしの女性は身の回りのこと全てを自分でやらなくてはなりません。食事は基本一日三回、洗濯も定期的に行ないます。掃除の頻度は人それぞれですが、全くやらない訳にはいかないでしょう。
    布団干しなんて頻繁にしなくてもいいことはついつい後回しになりがち。でも湿気を帯びた寝具で眠るのは気分が良くありません。
    社会人なら仕事、学生なら勉強という本業がありますから、日常生活の雑事はなるべく手間暇をかけたくないもの。知恵と工夫と道具を活用して、快適な寝心地を確保しましょう。
  • 折り畳める室内干し台を使いましょう

  • 折り畳める室内干し台を使いましょう
  • 「布団なら晴れた日にマンションのベランダの手すりにかけて干してるわ」
    という方、今すぐやめてください!
    干すのは普段使っている寝具だけ、つまり一人分のはず。それでは日中周囲に向かって「ここには単身者が住んでますよー」と大声で叫び続けているようなものです。ベランダにいる所を見られたらそれが女性だということもバレバレ。洗濯時に男物の服を干していたとしても効果はゼロになってしまいます。結果、犯罪者に目をつけられないとも限りません。
    折り畳める室内干し台を使いましょう。一番日当たりの良い窓辺に置き、その上に布団をかけるのです。横から見てX字になる室内干し台なら布団を横に倒したコの字型に干せるので、こもった湿気もしっかり逃がせます。使用後片付けでしまえば邪魔になりませんし、梅雨時期の洗濯には大活躍してくれて一石二鳥です。
    一度に一つしか干せませんから、「今日は掛け」「明日は敷き」と別の日に干してください。
    寝具に湿気をこもらせない工夫も必要です。
    ベッドなら、寝具用の除湿シートを敷くのがおすすめ。干せば繰り返し使えるものが主流ですのでエコかつリーズナブルです。
    毎日布団を上げ下ろししているなら収納場所に要注意。押し入れであれクローゼットであれ、下の方にしまうのはやめましょう。押し入れの場合はすのこを置いた上段に入れ、押し入れ用の除湿剤か木炭や竹炭を置きます。炭には余計な水分を吸収する働きがあるのです。もちろん除湿シートは有効です。
  • 睡眠は健康の大切な礎です

  • 睡眠は健康の大切な礎です
  • 一人暮らしの責任者はあなた自身。快適さも健康も自分で管理しなければなりません。
    睡眠は健康の大切な礎です。よく眠れなかった翌朝とぐっすり眠れた翌朝の違いは一目瞭然、その日の充実度にも大きな差が出るでしょう。
    毎晩熟睡し毎日元気に過ごすため、寝具の湿気対策はこまめに実施。これ、鉄則です。
一人暮らしの方必見!ワンルームならではの湿気対策
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事