子育てでイライラ、夫にイライラ…こうすれば上手くいく!

子育てでイライラ、夫にイライラ…こうすれば上手くいく!

Thumb?1414295452 muah♪さん

281

子育て中、特に子どもが小さい頃、新米ママはイライラを抱えて、そんな自分に嫌気がさしてしまう事もあると思います。
そんな時に、一番の支えであるはずの夫が一番のイライラの原因、ということありませんか?
それはなぜなのか?
また、どのように対処すればいいのでしょうか?


  • 夫のこんな態度にイライラ

  • 夫のこんな態度にイライラ
  • 子育て中、特に子どもが小さい頃、新米ママはイライラを抱えて、そんな自分に嫌気がさしてしまう事もあると思います。
    そんな時に、一番の支えであるはずの夫が一番のイライラの原因、ということありませんか?
    なぜか、一番手のかかる大きな子どもになってたり、嫌悪感すら覚えたり。
    あんなに愛していたのに・・・

    それはなぜなのか?

    また、どのように対処すればいいのでしょうか?

    多くのママたちを見守り、相談に乗って来た元保育士である筆者が、パパにイライラした新米ママにお伝えして来た5つの対処法をお伝えします。

    では、実際に夫のどんな行動にイライラしてしまうのでしょうか?
  • こんな態度にイライラしていませんか?

  • こんな態度にイライラしていませんか?
  • ◇自分勝手な態度にイライラ


    ようやく寝てくれた赤ちゃん。そこへパパが仕事から帰ってきて、パパが起こしてしまう。
    でも寝かしつけるのはママ。なんていうケースでイライラ。
    また、夜泣きでママはもうへとへと。でもパパは知らんぷりだったり、全く気付かず爆睡していたり、でイライラ。
    「明日も仕事で早いんだ。うるさいな、早く泣きやませろ!」 なんて言う人までいます!

    ◇赤ちゃん返り!?なかまってちゃん夫


    今まではラブラブなふたりの甘い新婚生活。
    それを、赤ちゃんに奪われた気がして寂しいのか、ママの大変さを気づかうどころか余計に困らせたり甘えてみたり、すっかりこの家の大きな子どもになってしまっている態度にイライラ。

    ◇もともと何もしないタイプ


    育ちの問題なのか、考え方なのか、何もしない夫!?
    本当の事を言うと、こういう夫は、赤ちゃんが生まれる前から教育すべきだったかも!?
    でも、まだ遅くはありません。これから教育しましょう。

    ◇鈍感夫!?


    子育てでへとへとになっていて、顔色も悪いとか、機嫌が悪いとか、そういうママの異変。
    ママだってSOSは出してるはずなのに、まったく気付いてくれない鈍感パパ。
    ママだって察して欲しい時がある!
  • それぞれの役割と共同作業

  • それぞれの役割と共同作業
  • 仕事では、それぞれの役割と責任があるから仕事がうまく回るのではあるけど、誰かがピンチで助けてほしい時は、誰かがフォローするのではないでしょうか?

    家庭も同じです。
    それぞれの役割があるけれど、大変な時は、2人で協力して乗り越えていくのが夫婦ですよね?

    では、家庭において役割ってなんでしょう?

    「男は外で働く。お金を稼いでくる。女は家で家事と育児。」
    なんて、まさか今の時代にそんな風に思っている人はいないかと思いますが・・・
    これほど女性が活躍する時代になっても、子育て世代には厳しい現実。
    そんな中、家事と育児は妻に任せっぱなしの男性は少なくありません。
    積極的に動くとしても、「手伝う」という感覚の夫が多いのも現実です。
    また、普段は何もしないのに、人の目がある時だけ、都合のいい時だけ、の自称イクメン迷惑夫もいます。そこがママのイライラを引き起こすのです。

    夫には「手伝う」と言う概念をそもそもとってもらいましょう
    子育ても家事も2人でやって当たり前。共同作業なのです。

    仕事で忙しい、ほとんど家にいない、など、悩みますね・・・
    でもそれよりイライラするのは、休日で家にいるのにスマフォいじったりゴロゴロしたりして、ちっとも家事や育児に協力してくれない時ではないでしょうか?

    そんな時、イライラをぶつけては逆効果。
    でも、我慢してしまったら、ママがつらい。
  • 夫に理解してもらうために妻がやること

  • 夫に理解してもらうために妻がやること
  • では、どうしたら上手くいくのでしょうか?

    先輩ママが実践してうまくいった例をお伝えします。

    ◇気持ちを正直に伝える
    男性は、察するという事がなかなか難しい生き物です。
    ちょっとした妻の変化をなかなか見抜けないものです。
    体がしんどいこと、疲れていること、家事や育児での悩み、などを日頃からしっかり伝えましょう。
    でも、イライラをそのままぶつけるのではなく、気持ちを落ち着かせてからがよいです。

    ◇母として、妻としての仕事を可視化する
    多くの夫は、妻が1日家で何をしているのか、育児と家事がどれほど大変かを知らない、ピンと来ないケースが多いです。
    1日のスケジュールや、やらなくちゃいけない家事・育児を視覚化し、タスク処理として見えると、理解しやすくなります。(紙に書き出す。スマフォ等にメモする。)
    最近では、映像を見せたらあまりの大変さに感謝の言葉しかない、という記事がネット上でありますね。

    ◇手伝ってほしい事を具体的に伝える
    最初は下手でも、感謝して褒めれば、喜んで手伝ってくれるようになり、手際がよくなります。

    ◇第3者の手を借りる
    可能であれば、共通の友人など、第3者を通じて、あなたの大変さや、悩みを夫に伝えてもらいましょう。
    子育ての先輩であればなおさら良いです。
    第3者の口から、家事と育児は2人でやるものと聞くと、納得せざるを得ません。

    ◇たまにはパパに預けて外出してしまう!
    四六時中子どもと向き合っていたらへとへとになってしまいます。
    強制的にでも、パパに子どもと遊んでもらってる間に家事、とか、体を休める、またはママ1人で外出する、という時間を作るのは、とっても効果的です。
    ママのリフレッシュにもなるし、パパに育児の大変さを少しでもわかってもらうには、いい機会です。もし、それを出来てない夫婦は、今すぐ話しあって実行すべきです。パパはママに感謝するし、ママもリフレッシュできたうえ、その間子どもを見ていてくれたパパに感謝の気持ちが芽生え、優しくなれます。
  • まとめ

  • まとめ
  • どんなに愛し合って結婚した者同士でも、赤ちゃんが生まれ、今までと生活が一変するとすれ違いが生じるもの。
    なぜなら、ママは赤ちゃんの世話でせいいっぱいだし、ホルモンバランスが崩れ、気持が不安定。
    パパは、そんな現状をすぐに理解するのは難しく、また、赤ちゃんは可愛いけど何をしたらいいかわからなかったり。
    まずは、お互いを感謝し、そのうえで、家事と育児は2人でやるもの、という確認をしていけたらいいですね。
'
子育てでイライラ、夫にイライラ…こうすれば上手くいく!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事