その指先や足の痺れ、もしかして若年性更年期障害かも!?

その指先や足の痺れ、もしかして若年性更年期障害かも!?

Thumb?1414295452 muah♪さん

677

最近、手足の痺れを感じたことはありますか? 正座すると足が痺れてなかなか立てなくなったり、指先が痺れてお箸を使いにくかったり…。それはもしかすると、「若年性更年期障害」かもしれません。


  • 痺れの原因は若年性更年期障害?

  • 痺れの原因は若年性更年期障害?
  • 最近、手足の痺れを感じたことはありますか?
    正座すると足が痺れてなかなか立てなくなったり、指先が痺れてお箸を使いにくかったり…。
    それはもしかすると、「若年性更年期障害」かもしれません。
    若いのに『更年期』だなんて…とショックを受けてしまう方もいるかもしれませんが、若い女性の間で増えてきている若年性更年期障害。
    今回は、若年性更年期障害の症状や、どんな原因でそんな症状が発生してしまうのか、詳しくご紹介していきます。
  • 若年性更年期障害って?

  • 若年性更年期障害って?
  • 若年性更年期障害における他の症状として、動悸、息切れ、イライラ、うつ症状などが挙げられます。
    これらの症状についてはテレビなどで知っている人もいると思いますが、更年期障害に手足の痺れは関係あるのでしょうか?
    通常、年齢が上がるにつれて卵巣の機能が低下してしまうことにより、女性ホルモンが減少してしまいます。
    この女性ホルモン、エストロゲンの体内でのホルモンバランスが崩れることにより、更年期障害が起こります。
    エストロゲンという名前は、女性のみなさんなら一度は聞いたことがあると思います。
    エストロゲンが不足すると、血液の流れを調整している自律神経に影響を及ぼすため、血の巡りが悪くなって手足が痺れてしまう症状があらわれることがあります。
  • 手足の痺れを出さないようにするためには?

  • 手足の痺れを出さないようにするためには?
  • 手足の痺れは血流が悪くなって起こるものなので、自分でできる対策としては、血行を良くすることが重要になります。
    お風呂で半身浴をして体をほぐしたり、ウォーキングなどの軽い運動もおすすめです。
    また、同じ姿勢をずっと取っていることも血行を悪くする原因となります。
    座りっぱなしで仕事をしていると、あっという間に時間が過ぎてしまいますよね。
    そんな時は、たまに背伸びをしたり、腕を回したりしてストレッチを欠かさないようにしましょう。

    若い女性が更年期障害の症状が出てしまう原因は、ズバリ、強いストレスや過度なダイエットです。
    毎日、深夜まできつい仕事を頑張っていたり、ダイエットを絶対に成功させるために、ほとんど食べていないなどの極端なダイエットをしたりしてはいませんか?
    そんな過酷な環境に置かれてしまうと、脳が本能的に自分の体を守るために、余計な機能である卵巣の機能を低下させてしまいます。
    そうなると、エストロゲンが不足して更年期障害の原因となってしまいます。

    ホルモンバランスの乱れが起こってしまうと、女性特有の苦しみに襲われることになります。
    長い人生の中で、楽しい毎日を送るためにも、不安を解消するためにも、「なんだか調子おかしいな」 と思ったら病院に行きましょう。
その指先や足の痺れ、もしかして若年性更年期障害かも!?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事