AGAは女性でも発症する?気になる原因と対策法

AGAは女性でも発症する?気になる原因と対策法

Thumb?1414295452 muah♪さん

358

女性でも40代になると、頭部が全体的に薄毛になってくることは珍しくありません。これは女性でもAGA(男性型脱毛症)を発症することがあるためです。女性のAGAというと違和感があるかもしれませんが、女性のAGAを専門に扱うクリニックもあります。なぜ女性にAGAが起きるのかについて説明していきましょう。


  • 女性ホルモンには髪を育てる効果がある

  • 女性ホルモンには髪を育てる効果がある
  • そもそも女性の髪が伸びやすいのは、女性ホルモンの効果によるものです。
    女性ホルモンにはいろいろな効果がありますが、髪を育てるのもそのひとつです。

    20代や30代の前半は卵巣の働きが活発です。
    このため、女性ホルモンもしっかりと分泌され、髪も順調に伸びてくれます。

    問題は30代後半から40代になってくると、卵巣が老化によって衰えてくることです。
    卵巣が衰えれば、女性ホルモンの分泌量は減少してしまいます。
    こうなると、髪も順調に伸びてくれなくなります。
    これが女性の薄毛の原因のひとつです。
  • 女性の体内にも男性ホルモンがある

  • 女性の体内にも男性ホルモンがある
  • ただ、AGAの場合は男性ホルモン由来物質であるジヒドロテストステロン(DHT)が原因です。
    女性ホルモンの減少が即座にAGAに結び付くことには疑問を抱く人も多いでしょう。

    実は、女性の体内にも男性ホルモンは存在しているのです。
    極めて少量ではありますが、副腎や卵巣から分泌されています。
    この男性ホルモンには、女性をアクティブにさせる働きがあります。

    女性の体内に男性ホルモンがあるということは、DHTも存在するということにつながります。
    ただ、若いころは女性ホルモンが多いため、DHTの働きを抑えることができるのです。

    40代ともなれば、上記のように卵巣が老化しており、女性ホルモンの分泌量も低下しています。
    その結果、DHTの働きを抑えきれなくなり、AGAを発症してしまうというわけです。
    これが40代女性のAGA発症するメカニズムです。

    ただ、女性の場合は男性のようなM字ハゲやカッパハゲになることはありません。
    全体的に髪が薄くなる程度です。
    これは女性の体内の男性ホルモンの量が極めて少ないためです。
  • 治療は専門のクリニックがオススメ

  • 治療は専門のクリニックがオススメ
  • 女性のAGA治療は、男性とは大きく違っているところがあります。
    AGAの進行を抑える特効薬「フィナステリド」の処方が禁止されているのです。

    このため、女性の場合はAGAの進行抑制に女性ホルモンが使用されます。
    上にも書きましたが、女性のAGAは女性ホルモンの不足が原因のひとつだからです。
    これによって症状を抑えたうえで、育毛剤ミノキシジルを使用するのです。

    ただ、ミノキシジルには頭皮のかぶれなどの副作用があることが知られています。
    また、ホルモン療法については、素人が手を出せるようなものではありません。
    AGA治療を希望する40代女性は、専門のクリニックでの診療がオススメです。
    ミノキシジルの副作用の対処法やホルモン療法について、豊富なノウハウを持っているからです。
AGAは女性でも発症する?気になる原因と対策法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

ハゲラボ

ハゲや薄毛、AGAの対策・治療のための総合研究サイト
解決方法を見つけたいなら

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

AGA
PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事