薄毛の女性も楽しめる!悩みをカバーできるオススメの髪型

薄毛の女性も楽しめる!悩みをカバーできるオススメの髪型

Thumb?1414295452 muah♪さん

440

最近、薄毛に悩む女性は年齢を問わず増えてきています。そんな女性のための育毛剤や髪に優しいシャンプーが店頭に並んでいますが、どれも安価ではありませんよね。そんな中、お金をかけず手軽にできる対策があります。それは、髪型で薄毛をカバーするという方法です。


  • 効果的なブローの方法は?

  • 効果的なブローの方法は?
  • ドライヤーを効果的に使用して、薄毛をうまくカバーしたスタイリングに挑戦しましょう。
    基本的には、髪の生えている逆向きに、ブラシなどで持ち上げるようにドライヤーをあてます。
    つむじ周りが気になる人は、乾いた状態のつむじ部分に両手の指を差し入れ、根元の髪を左右交互に倒しながらドライヤーをあてると、短時間でボリュームが出ます。
    より確実にヘアスタイリングをしたい場合は、ホットカーラーやヘアアイロンを使用するとよいでしょう。
    パーマは頭皮へのダメージが避けられないので、美容師と相談しながら慎重に進めましょう。
  • スタイリング剤の使用は必要最低限に!

  • スタイリング剤の使用は必要最低限に!
  • ブローで仕上げたヘアスタイルをキープするためには、スタイリング剤は必須アイテムです。
    スタイリング剤にも様々な種類がありますが、薄毛のヘアスタイリング剤にはどのようなものが適しているのでしょうか。
    ここで大切になってくるのは、「テクスチャ」と「使用量」です。
    重みのあるしっかりめのテクスチャだと、コシの弱くなった髪を重くさせ、ぺったりとボリュームダウンさせてしまいます。
    立ち上がらせたスタイリングを固定させるには、ジェルやワックスタイプではなく、スプレーでセットすることをおすすめします。
    また、頭皮への負担軽減を考えると、使用量も控えたいところ。
    頭皮に付着したスタイリング剤が、皮膚に刺激を与えたり、毛穴を詰まらせたりするトラブルを起こします。
    入浴時に、ぬるま湯でスタイリング剤を洗い流してからシャンプーをすると、頭皮に負担がかかりません。
  • 悩み&長さ別の簡単ヘアアレンジ

  • 悩み&長さ別の簡単ヘアアレンジ
  • ◆前髪の薄毛が気になるとき
    厚めのフルバングスで隠すのがベストです。
    頭頂部のトップからボリュームをもってくると、生え際の薄さが目立たなくなります。
    真っ直ぐに下ろすと目元が強調されて可愛い感じに、軽く流すと大人っぽい雰囲気になります。
    また、「8:2」や「1:9」ぐらいの割合で分け目をつくると、女性らしい色っぽさが出ます。流し方を工夫すれば、つむじ周りもカバーすることが可能です。

    ◆ショートヘア
    薄毛のカバーに最適なヘアスタイルです。
    レイヤーや分け目の自由度が高いため、スタイリングによるボリュームアップが簡単にできます。

    ◆ミディアムヘア
    スタイリング時のボリュームがキープしやすいので、全体をふんわりとした感じで仕上げることが可能です。
    頭頂部をカバーするには、トップにレイヤーを入れてもらうとよいでしょう。

    ◆ロングヘア
    ロングヘアはどうしても髪自体の重みがあるので、頭頂部のボリュームが出しにくいところがあります。
    ヘアアクセサリーやアレンジなどで、ボリュームを出しつつカバーをしましょう。
  • 思い切ってウィッグを活用してみる

  • 思い切ってウィッグを活用してみる
  • ファッションアイテムの一つとして、今や大活躍のウィッグ。
    薄毛を隠すというマイナスイメージより、自分のファッションの一つとして楽しんで取り入れてみるのも良いでしょう。
    ウィッグのメリットはやはり、簡単にボリュームアップができるところです。
    そして、カラーやスタイルなどの種類が豊富なので、ファッションやTPOに合わせたヘアスタイルを自由に選ぶことができます。
    ウィッグ専用のショップがあるので、実際に試着をして、付け心地や地毛との色合わせなどをチェックしてみるとよいでしょう。
    自分に合った、自然なウィッグを選ぶことができます。
薄毛の女性も楽しめる!悩みをカバーできるオススメの髪型
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

ハゲラボ

ハゲや薄毛、AGAの対策・治療のための総合研究サイト
解決方法を見つけたいなら

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事