薄毛対策は内部から!薄毛に効果的な栄養素と食べ物とは

薄毛対策は内部から!薄毛に効果的な栄養素と食べ物とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

414

薄毛で悩んでいる女性は意外と多く、30代以上の女性の約60%の人は何らかの毛髪トラブルや髪の悩みを抱えているといわれています。女性の薄毛を改善させるには頭皮や髪に十分な栄養を届け、髪を育てることが重要です。


  • アミノ酸とタンパク質の関係

  • アミノ酸とタンパク質の関係
  • 髪は「ケラチン」という硬いタンパク質が含まれており、ケラチンはアミノ酸からできています。
    そのため、良質なアミノ酸を含むたんぱく質を食事で摂ることが大切です。
    アミノ酸がバランスよく含まれている食品には、牛肉、豚肉、鶏肉等の肉類、ウニ、カニ、カキ、じゃがいも、たまご、牛乳、大豆製品等です。
  • 豊富なミネラルとビタミンは髪の毛の源

  • 豊富なミネラルとビタミンは髪の毛の源
  • 髪は日々細胞分裂を繰り返すことで成長しています。
    この細胞分裂を助け、正しく細胞が分裂するには、たっぷりのビタミンとミネラルが必要です。
    髪に大切なビタミンは、ビタミンC、B群、A、E 等です。

    ミネラルでは、亜鉛やヨウ素、コラーゲンが髪には重要です。ビタミンCが多く含まれている食品は、レモン、オレンジ、キャベツ、赤ピーマン等。

    ビタミンBが多く含まれている食品は、レバー、しじみ、あさり、カキ、まぐろ、かつお等。

    ビタミンAが多く含まれている食品は、にんじん、春菊、レバー、うなぎ等。
    ビタミンEが多く含まれている食品は、食物性の油や落花生等。亜鉛が多く含まれている食品は、牛肉、鶏肉、レバー、しじみ、えび、大豆製品、ナッツ類等です。ヨウ素が多く含まれている食品は、海藻類、たらこ、ししゃも、あさり等です。コラーゲンが多く含まれている食品は、豚足、手羽先、うなぎ等です。
  • ホルモンバランスにも注目

  • ホルモンバランスにも注目
  • 女性ホルモンのバランスは年齢を重ねるごとに崩れやすくなります。
    また、ストレスでもそのバランスが崩れてしまいます。
    女性ホルモンのバランスを整える食品を摂ることは薄毛予防につながります。
    女性ホルモンを補う食べ物は、大豆イソフラボンが含まれた食品です。
    大豆が含まれた食べ物はたくさんあり、比較的摂取しやすい食品です。
    例えば、豆腐、納豆、油揚げ、みそ、しょうゆ、きな粉、豆乳、等です。朝食に納豆を食べたり、豆腐と油揚げのお味噌汁を飲むのも効果的です。
    また、洋食派の人にはコーンフレークにかけるミルクを豆乳にするだけでも大豆イソフラボンを補うことができます。
  • 髪や体内を酸化から守って育毛促進!

  • 髪や体内を酸化から守って育毛促進!
  • 活性酸素が過剰に発生すると細胞が酸化します。
    細胞が酸化することはガンや老化の原因になるといわれています。
    さらに、活性酸素はLDLコレステロールを酸化させ血液壁に付着し血管を傷つけたり、血液の流れを悪くします。
    活性酸素で皮脂が酸化すると頭皮の代謝が悪くなり髪の成長の妨げになります。

    髪の毛の発育は、全ての栄養素がつながり合い協力し合うことで育毛を促進しています。
    例えば、大豆製品が髪に良いからと言って大豆ばかり食べていても、育毛の促進を促すことは困難です。
    そのため、髪に良い食べ物をバランスよく食べることが重要です。
薄毛対策は内部から!薄毛に効果的な栄養素と食べ物とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

ハゲラボ

ハゲや薄毛、AGAの対策・治療のための総合研究サイト
解決方法を見つけたいなら

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事