やってませんか?花粉症の時にやっちゃいけない6つのNG行動

やってませんか?花粉症の時にやっちゃいけない6つのNG行動

Thumb?1414295452 muah♪さん

302

・知らず知らずにしている、それがNG行動
花粉症を発症している皆さん、実は貴方が普段からやっているその行動が、症状を悪化させる要因になっている事、ご存知ですか? 何気なくやっている事でも、花粉症にかかっている場合には、逆効果になってしまう行動があります。これ以上、悪化させない為にも、よくやってしまう代表的なものをまとまてみました。

・コンタクトレンズはNG
コンタクトレンズの装着は、もちろん、NGです。出来れば眼鏡か、それが無理なら使い捨てタイプの一日用をオススメします。眼鏡は、付着した花粉を綺麗に拭きとれば防げますが、コンタクトレンズは目に直接、当てるもの。花粉が付着するリスクが高いものです。花粉症の間は使用は避けた方がいいでしょう。

・飲酒と煙草、もちろんダメ


  • 飲酒と煙草は、ほぼ全ての病気に関係してくるので、あまりオススメできません。特に花粉症にかかっている場合、鼻の粘膜が腫れたり、刺激されたりしますので、余計、症状が悪化するだけです。中でも深酒は危険です。やらないように!

    ・掃除機、かけ過ぎてませんか?
    掃除機の、かけ過ぎも実は逆効果です。花粉を吸い込んだ掃除機のフィルターから、粉々になった花粉の成分が部屋中に飛び散る事で、それを無意識に吸いこんでしまっているのです。掃除機のフィルターは、小まめに清掃しましょう。また、花粉やハウスダストを吸い込んで空気中に排出しない、高性能の掃除機を利用するのも一つの手です。

    ・鼻うがいのやり過ぎ、よくありませんよ
    鼻うがいは、花粉症を症状を治める為にやった方が良い処置ですが、やり過ぎると、鼻の粘膜を傷つけてしまい、治りが遅くなる可能性もあります。適切な方法で、適度に行いましょう。

    ・花粉の付きやすい素材、NO.1!
    服の素材の中で、一番花粉が付きやすいのが、ウールと言われています。花粉症であってもなくても、ウール系の素材は、飛散の時期には避けた方がいいかもしれませんね。ちなみに、絹や綿素材は、ウールの10分の1の付きやすさらしいので、参考にされてみては?

    ・花粉症時、布団を外に干すのは逆効果
  • 花粉症を発症している時や、花粉の飛散時には、布団や服を外に干さないのが無難かもしれません。特に布団は、外から付着した花粉が残っている可能性があります。寝ている時に花粉を吸い込まない為にも、外に干した時は、よく叩き、掃除機などで花粉を取り除いてあげましょう。しかし、室内にも花粉やハウスダストが漂っている場合は、あまり意味はありませんので、室内の清掃もきっちりやりましょう。

    ・花粉症には適切な対策を!
    これらのNG行動に気を付けていれば、症状が悪化する事はほとんどないでしょう。他にも食生活や生活環境を改善していく事も必要です。花粉症は適切な対策を取る事が必須条件ですので、NG行動を極力減らせるように努力していきませんか?
やってませんか?花粉症の時にやっちゃいけない6つのNG行動
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事