食べ物で花粉症に強くなる 予防効果のある食べ物5選

食べ物で花粉症に強くなる 予防効果のある食べ物5選

Thumb?1414295452 muah♪さん

482

温暖化やストレス社会の影響で、花粉症患者は年々上昇中。
花粉症は一度、罹患するとなかなか完治は難しい病気といわれています。
マスクやお薬の他に、日常の食生活で正しい花粉症対策をして、花粉症から身を守る食べ物や飲み物を厳選して紹介します。


  • 【ヨーグルト】
    ヨーグルトの中に含まれている乳酸菌は、善玉菌を増加させて腸内環境を整える働きがあります。
    乳酸菌の整腸作用は、花粉症の原因となるigE抗体の活動を抑制させるので、花粉症などアレルギー症状の予防になるんです。
  • 【にんにく】
    スタミナ食材の王様、にんにくは花粉症の予防にも大活躍。
    にんにくのスタミナ成分、アリシンには整腸作用があり、また過剰なアレルギー反応を抑制する働きをするそうです。
    病院でも花粉症患者の治療に「にんにく注射」を用いていますよ。
    にんにくの他に、葱やタマネギにも多く含まれています。
  • 【青魚】
    サバ、アジ、イワシなどの青魚も花粉症予防にいい食べ物。
    青魚にはEPAやDHAという脂肪酸が多く含まれています。
    EPAやDHAなどの脂肪酸は体内でアレルギー症状を引き起こす「ロイトコリエン」という物質の産生を抑制する、と言われています。
    ロイトコリエンは、ヒスタミン同様、アレルギーを引き起こす代表的な物質のひとつで、病院の花粉症の薬としても、抗ロイトコリエン剤が処方されています。
  • 【甜茶】
    最近、花粉症に効果のある飲み物として注目されている甜茶。
    甘い香りのするお茶で、人気の健康食品です。
    甜茶には甜茶ポリフェノールという成分は、体内でアレルギーを引き起こす物質「ヒスタミン」の分泌を抑制する、と言われています。
    花粉飛散時期の約1ヶ月前から飲み始めることで、予防に効果的なんだそうです。


    【トマト】
    トマトの皮の部分には、「ナリンゲニンカルコン」という成分が含まれています。ナリンゲニンカルコンは、抗酸化作用や消炎作用がある、とされていることから、花粉症の予防食品としても注目されています。
    トマトの皮の部分に含まれる成分なので、皮ごと料理に使用すると良いですね。
    ただし、トマトには、アレルギーを引き起こす成分「ヒスタミン」も多く含まれています。このヒスタミンは加熱調理することでなくなるので、生で食べるのは避け、火を通して食べましょう。


    いかがでしたか。
    どの食材もレシピアレンジのバリエーションが豊富な万能食材です。
    うまく食事に取り入れて、今年は花粉症の辛さをレベルダウン!目指してくださいね。早めの対策が効果を上げてくれるそうです。

    ストレスや冷えも花粉症には大敵です。
    正しい食生活や食事習慣を心がけましょう。
食べ物で花粉症に強くなる 予防効果のある食べ物5選
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事