風邪かな?でも目もかゆい!その症状は花粉症かもしれません

風邪かな?でも目もかゆい!その症状は花粉症かもしれません

Thumb?1414295452 muah♪さん

378

花粉症の症状として、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻づまりがあります。
これらの症状は、風邪と間違いやすく、誤った対処につながってしまいます。
見分けるポイントは、「目のかゆみ」です。


  • 花粉症による、「目のかゆみ」の正体は?

  • 花粉症による、「目のかゆみ」の正体は?
  • 花粉が原因となって引き起こされる、アレルギー性の病気が花粉症です。
    花粉症の症状として、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻づまりがあります。
    これらの症状は、風邪と間違いやすく、誤った対処につながってしまいます。
    見分けるポイントは、「目のかゆみ」です。
    目のかゆみを伴う、くしゃみや鼻水は、花粉症のサインです。
    花粉シーズンにだけ発症すれば、「季節性アレルギー結膜炎」となります。
    春に限らず、一年中花粉が飛散しているので、自分のアレルギー原因を知ることが対策となります。
    早めに、医師の診断を受けるようにしましょう。
  • 花粉症はどうして起こる?

  • 花粉症はどうして起こる?
  • 花粉による「アレルギー性結膜炎」は、なぜ起こるのでしょうか。
    人間の体には、体内に侵入したウイルスなどの異物を排除する、免疫機能が備わっています。
    人によっては、免疫機能が過剰に働き、アレルギー反応を引き起こします。
    その原因として、花粉飛散量の増加や、住環境や食生活の変化、ストレスの増大、環境汚染などにより、花粉症を発症する人は年々増加しています。
  • 事前対策で、花粉シーズンに備えよう

  • 事前対策で、花粉シーズンに備えよう
  • 花粉症の事前対策として、花粉が飛散し始める2週間ほど前から、抗アレルギー薬の服薬で初期療法を行います。
    初期療法を行うことで、症状を軽くすることができます。
    早めの眼科受診を、おすすめします。
    また、症状や治療を日記に記録することにより、来年以降の治療対策にもなるので便利です。
    テレビや新聞などから、天候や気温、花粉飛散状況を記入してもよいでしょう。
    その日の症状について、その内容や強さ、治療薬、生活記録も合わせて記入します。
  • 毎日のセルフケアで症状をやわらげよう

  • 毎日のセルフケアで症状をやわらげよう
  • 花粉シーズンの対策として、2つのポイントがあります。
    一つ目は、花粉の飛び方の特徴を知ること。
    天候や時間によって飛び方が異なるので、毎日の花粉情報チェックは欠かせません。
    天気の安定している日には、気温の上昇と共にスギの雄花が開花して、花粉が飛散します。
    また、空中に漂う花粉は夜になると、地上に舞い降ります。
    一般的には、これらの天候や時間帯が要注意となります。
    二つ目は、アレルギーの原因である、花粉との接触を避けること。
    晴れた昼間の外出を避け、マスクやメガネなどの着用で、花粉をガードしましょう。
    また、帰宅後は衣服の花粉を払い、うがいやシャワーをします。
    日頃から、バランスのとれた食生活を心がけ、規則正しい生活を送り、ストレスをためないように注意しましょう。
    これらの基本的なセルフケアを行うことが、花粉症による症状の予防や軽減につながります。
  • 治療には、抗アレルギー点眼薬を

  • 治療には、抗アレルギー点眼薬を
  • アレルギー反応が始まると、炎症を起こすヒスタミンが放出され、目のかゆみや充血、鼻水、くしゃみなどの症状が出てきます。
    花粉症の治療には、アレルギーの炎症を抑える、抗アレルギー点眼薬を使用します。
    我慢できずに、手でこすってしまい、目の表面を傷つけないよう注意しましょう。
風邪かな?でも目もかゆい!その症状は花粉症かもしれません
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事