すっぴんではいられない・・・花粉症女子必見のお助けメイク術

すっぴんではいられない・・・花粉症女子必見のお助けメイク術

Thumb?1414295452 muah♪さん

289

花粉症でメイクをしたいけれど、すぐに崩れてしまったりかゆくなってしまって困ってしまうことありますよね。
けれども、全くメイクをしないわけにはいかない、どうしたらよいのでしょうか。


  • とにかく花粉が顔に触れないように努力する

  • とにかく花粉が顔に触れないように努力する
  • 花粉症の方はマスクが必需品となってきますが、メイクを崩さない為にもマスクは必需品です。
    マスクでも立体タイプを着用して、ファンデーションが付かないように努力しましょう。
    コンタクトレンズも花粉を吸着してしまいますので、できれば外してメガネにして、花粉を目の周りに寄せ付けないようにしましょう。
    アイメイクも崩れません。
    顔に付着した花粉はかゆさやむずむずを引き起こし、大きなくしゃみをしてメイクも崩しやすくなってしまいます。
    マスクとメガネを着用する事がメイクを崩さない基本です。
  • 敏感肌用の化粧品に徹底する

  • 敏感肌用の化粧品に徹底する
  • 花粉症のときの肌は非常に敏感になっています。
    美白やシミのケアもしたいところですが、まずは沈静化することが大切です。
    敏感肌用の化粧品は無添加無香料のことも多く肌に刺激を与えません。
    火照った肌のまずは赤みを取ることが大切ですから、敏感肌用の化粧品をつかってやさしくケアしましょう。
    花粉症のこの時期はとにかく肌に刺激を与えないことが大切です。
    健康な肌は化粧のもちもよくします。
  • 適度に保湿を行う

  • 適度に保湿を行う
  • 乾燥をして粉が吹いて鼻がむずむずしたり、カサカサになって赤みが増したり、保湿をすることで肌が安定する事があります。
    またファンデーションを塗って粉が舞いカサカサして余計なくしゃみを招いたり、反対に余分な皮脂が花粉を吸着させることもあります。
    ですから、適度な保湿が必要になってきます。
    保湿をする事で、かゆみが減ってきますので無駄な炎症を起こす事を防ぐことができます。
    それでも赤みが気になるときは、マットなベースコントロールなどを塗って、気にならなくなることになって肌を保護します。
  • 美肌を保つにはストレスを溜めないこと

  • 美肌を保つにはストレスを溜めないこと
  • 花粉症の時のメイクは悩みどころです。
    特に社会人になるとメイクをしていないことが失礼にあたることがあるので、注意しないといけません。
    花粉症は、対処療法でこれから付き合っていくことになるわけですから、なるべく最初から肌に付けない方が、悪化させないで済みます。
    化粧品は敏感肌用にして、適度な保湿を行う事で健康な肌に導きます。
    健康な肌はメイクもちもよくします。
    化粧自体に敏感に反応することもあるので、たまにはメイクオフの休刊日を作って肌を大切にしたいところです。
    ストレスを溜めないでうまく付き合っていけることが肌にとってもよいことです。
すっぴんではいられない・・・花粉症女子必見のお助けメイク術
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事