肌への刺激を減らして対策!花粉症の時のメイクの方法

肌への刺激を減らして対策!花粉症の時のメイクの方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

395

花粉症の時は花粉で肌も荒れやすいものです。
ですから使う化粧品やスキンケアも低刺激のものを選びましょう。カサカサ肌から花粉が入り込んで、さらに肌が荒れてしまうことがあるので、スキンケアをするにもメイクをするにも肌の表面を安定させてから行うことが必要です。


  • 肌の表面を保護することが大事

  • 肌の表面を保護することが大事
  • 花粉症の時は花粉で肌も荒れやすいものです。
    ですから使う化粧品やスキンケアも低刺激のものを選びましょう。
    花粉によって肌が乾燥している時は普段使用しているスキンケアでも素肌がヒリヒリしてしまうことがあるので、そうした時は洗顔も使わずお湯だけで顔を洗うようにしてもいいでしょう。
    もし、低刺激の洗顔やスキンケアも合わないような時は皮膚科で塗り薬をもらって、まず肌の表面を安定させることが必要です。
    肌の表面を保護して、花粉に肌が負けないようにしましょう。
    カサカサ肌から花粉が入り込んで、さらに肌が荒れてしまうことがあるので、スキンケアをするにもメイクをするにも肌の表面を安定させてから行うことが必要です。
    そうすることで花粉による刺激からも肌を守ることができるでしょう。
  • ポイントメイクはほどほどに

  • ポイントメイクはほどほどに
  • そして花粉は肌を痒くしたり、目や鼻をくすぐったくさせたりもするので、ファンデーション以外の余分なメイクはあまりしないようにもしましょう。
    特に目が痒いような時は、アイメイクをすることによって目をこすれなくなりますし、アイメイクの成分が目に入ることで目の病気にもなりやすくなります。
    花粉症で肌が荒れている時は、できるだけシンプルメイクにしておくといいでしょう。
    また、メイクに使うブラシなどで肌の表面を傷つけてしまうこともあるので、ブラシを使う作業があるような時は、できるだけ手で肌に載せるようにしましょう。
    チークなどのブラシは数回頬をこすることで、肌が乾燥しやすくもなります。
    花粉で乾燥しがちな時は気を付けるとよいでしょう。
  • ファンデーションで花粉から肌を保護!

  • ファンデーションで花粉から肌を保護!
  • ポイントメイクは控えめの方が良いですが、ファンデーションをすることによって花粉から肌を保護できるというメリットもあります。

    メイクをすることによって素肌にそのまま花粉がつくのを防ぐことができるので、素肌から花粉を守ることができるという良い点もあります。
    ですからノーメイクでいたほうが自分の肌は良いのか、メイクをしたほうが良いのかを知っておくといいでしょう。
    ノーメイクのほうが良いのであれば、できるだけメイクはしないようにしましょう。
    そして、花粉症の時は鼻水で鼻下も乾燥しやすくなるので、ファンデーションをしてもファンデーションが取れやすくもなります。
    鼻をかんだりすることが多いような時は、マスクをしてできるだけメイクをしなくてもいいようにもしましょう。
    マスクは花粉と肌の乾燥を防ぐのにも最適ですが、毛羽立っているマスクを使わないようにすることも大事です。
    マスクの繊維で肌が荒れてしまったり、毛羽立っていることで使用感が悪くなってしまうこともあるので注意です。
肌への刺激を減らして対策!花粉症の時のメイクの方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事