開封後の日焼け止めの使用期限はどのくらい

開封後の日焼け止めの使用期限はどのくらい

Thumb?1414295452 muah♪さん

349

日焼け止めをワンシーズンで使い切ることができずに、残ってしまうという経験をする人は多いものです。翌年も使えるのだろうか、仮に使えるとしても、紫外線カットの効果はあるのかと不安に思うものです。メーカーによって期限を設けていることがありますので、それに従って使用することが望ましいです。


  • 未開封の場合の使用期限は3年

  • 未開封の場合の使用期限は3年
  • 日焼け止めをワンシーズンで使い切ることができずに、残ってしまうという経験をする人は多いものです。このような場合、去年使ったものがまだ残っているけど、翌年も使えるのだろうかと疑問に思うものです。仮に使えるとしても、紫外線カットの効果はあるのかと不安に思うものです。
    まず、容器には使用期限が記載されていません。それは、薬事法によって、3年以内に品質の変化がなく使用するにあたって問題のない商品については、使用期限を記載しなくてもよいと決められているからです。そのため、日焼け止めには期限が記載されていません。言い換えれば、日焼け止めには3年の保証期間があり、未開封の場合の使用期限は3年ということが言えます。
  • 空気に触れると酸化する傾向にある

  • 空気に触れると酸化する傾向にある

    出典: instagram.com

  • では、開封してしまった場合の使用期限はどのくらいかという疑問がうまれます。
    日の当たらない涼しい常温の場所で保管したものについては、開封後は1年以内に使い切ることが理想とされています。夏に使い始めたものは、翌年の夏まで繰り越さずに、その年の冬までに使い切ることが理想です。
    日焼け止めには乳液タイプ・スプレータイプなど様々なものがあります。また、防腐剤を含んでいますので、空気に触れると酸化する傾向にあります。長期間使用していなかった乳液タイプのものを再度使う時に、黄色に変色していたり固まっていたりしていた場合は酸化している状態ですので、使用するのは避けるべきです。
    また、分離していたり変な臭いがする場合は成分が変わっている可能性がありますので、この場合も同様に使用するのは避けるべきです。再度開けてみたときに、このような兆候が見られない場合は使用可能です。
  • 開封後は6ヶ月以内に使い切ることが理想

  • 開封後は6ヶ月以内に使い切ることが理想
  • その際に、一度開けてしまったものは効果が薄れていないだろうかと心配になるものですが、未使用であっても保存していたものであっても効果に差はありませんので、安心して使用することが可能です。
    正しい保管状態で保存していた日焼け止めの期限をさらに細かく分類すると、乳液やジェルタイプの使用期限は、未使用のものは3年以内、開封後は1年以内に使い切ることが理想です。
    スプレータイプのものは、アルミに入っている容器でしたら、状態を問わず3年以内に使い切ることが理想です。
    肌にやさしい無添加の製品は、防腐剤が入っていないものがほとんどです。
    そのため、一般的に販売されている日焼け止めよりも、やや早めに使い切ることが望ましいです。
    未使用のもので1年以内、開封後は6ヶ月以内に使い切ることが理想ですが、メーカーによって期限を設けていることがありますので、それに従って使用することが望ましいです。
開封後の日焼け止めの使用期限はどのくらい
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事