快眠とバンザイ寝相の関係

快眠とバンザイ寝相の関係

Thumb?1414295452 muah♪さん

907

快眠をするためには寝相についてチェックしてみることがとても大切です。寝相によっては快眠の妨げになってしまっていることがあるためです。バンザイをして寝ている人はたくさんいます。肩や首などが凝って体が疲れている時に、少しでも体が楽な姿勢をとりたくなって、バンザイをして寝てしまうのです。でも、このバンザイをして寝る方法は、体にはよくありませんし、快眠にもつながりません。それはなぜなのでしょうか。色々な理由があります。


  • 出典: www.tumblr.com

  • バンザイをして寝るということは、肩や首に負担がかかってしまうということです。朝、起きた時に腕や肩、首がだるいなぁと感じることはないでしょうか。手や腕をあげて寝ているので、肩や首が凝ってしまうのです。また、冬の場合などは冷えてしまう原因にもなります。体の血行が悪くなってしまい、健康にもよくないのです。また、手をあげて寝ていることで、気道が狭くなってしまうので、いびきの原因にもなってしまいます。いびきをかいている時は、人間は熟睡をしていません。浅い眠りがつづいてしまうことになるのです。改善していくためには、色々な方法があります。寝る時にまず意識をして、手を布団の中に入れるようにしましょう。仰向けになって寝ないで、横向きになって寝るようにすることも大切です。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 肩や首が凝っているために手をあげていることが多いので、首や肩の凝りをとるようにしましょう。マッサージを受けるのもよいですし、ストレッチをして凝りをほぐすようにすることもよいです。お風呂でしっかりと肩までつかってあたたまり、寝る前にストレッチをするということはとても良いことです。少しでも肩や首の血行をよくして、体の状態をリラックスさせてから寝るようにしましょう。ゆっくりと呼吸しながらストレッチすることがコツです。他には、適度な運動を定期的に行って体を動かすことが大切です。日中、体を動かすことで眠りに入りやすくなります。寝具が原因になっていることもあります。柔らかすぎる寝具で寝ていると、バランスがとりにくいために手をあげているということもあるのです。見直してみるようにしましょう。

  • 出典: www.tumblr.com

  • 快眠と寝相には深い関係があります。バンザイをして寝ていると、体にもよくありませんが、快眠することも難しくなってしまいます。ストレッチをしたり、ゆっくりとお風呂につかったり、寝具を変えたりするなどして、改善していくことは出来ます。快眠をするために、色々と工夫をしてみるようにしましょう。

快眠とバンザイ寝相の関係
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事