快眠を導く睡眠のサイクルについて

快眠を導く睡眠のサイクルについて

Thumb?1414295452 muah♪さん

240

睡眠は、サイクルが乱れてしまうと快眠することがむずかしくなってしまいます。サイクルを取り戻すには、便利なグッズがあります。アプリなどを使用した方法です。睡眠の質をあげることができ、すっきりと目覚めることができます。起きたい時間にアラームをセットして、シーツの上に置くだけで完了します。
沢山寝たのに起きた後もボーっとしていたり、一日中眠い方や、目覚ましが鳴ってもなかなか起きられないという方にもおすすめです。


  • 出典: www.tumblr.com

  • その仕組みは、眠りが浅いときにアラームが鳴るようになっています。人間は、眠ると、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。眠りが深い時をノンレム睡眠、眠りが浅い時をレム睡眠と呼んでいます。ノンレム睡眠は、睡眠の前半に訪れます。脳の疲労をとる深い眠りで、成長ホルモンの分泌がピークになります。身体の成長を促したり、細胞の修復を行なっています。レム睡眠は身体を休める睡眠で、脳は起きています。ノンレム睡眠とレム睡眠が一定のサイクルで繰り返されていると、快眠することができます。レム睡眠の時にアラームが鳴るようになっているため、すっきりと起きやすくなるのです。この機能の利用することで、自然に快眠のサイクルを体内に覚えさせることができます。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 一般的に、理想的な睡眠時間は7時間から8時間です。90分ほどの間隔で、ノンレム睡眠とレム睡眠が繰り返されます。起きている活動時に、は、食事や運動量などとのバランスで良い眠りにいざなうことができます。身体をあたためる食べ物を寝る前に食べることで、身体を内側からあたため、眠気をさそいます。カレーなどのスパイスが多く含まれているものを寝る前に食べるのは控えることをおすすめします。スパイスの中には、副交感神経を交感神経に推移させる効果があり、脳や身体が活性化します。
  • また、ストレッチなどを行なって筋肉をリラックスさせ、交感神経から副交感神経に推移させていくことも大切です。激しい運動は、神経をかえって興奮させてしまうので、昼間の活動時に行なうようにしましょう。基本的には、朝起きて夜は就寝するというのが理想的なサイクルですが、規則正しい生活をするのが比較的難しいという方は、昼に30分ほど昼寝をすることもおすすめです。また、光を浴びた直後は眠りにつくことが難しいため、眠る前は部屋をダウンライトにするのも良いでしょう。コンビニなどの明るい場所は、極力寝る30分前に行くのは避けましょう。

快眠を導く睡眠のサイクルについて
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事