冬の乾燥…カサカサかかとのケア方法

冬の乾燥…カサカサかかとのケア方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

273

冬になって空気が乾燥してくるとかかとがカサカサになってくるのは仕方がないことです。でもストッキングが破れたり、カサカサかかとが進んでしまうとひび割れになったりでいいことは何もありません。カサカサかかとは余り進行しないうちにお手入れをすれば比較的簡単に直すことができます。
かかとは皮膚の一部であることに違いはありませんが、主に角質層でできています。角質層は爪と同じケラチン質でできているため乾いてくると硬くなります。
そして足の裏には肌に潤いを与えるための皮脂を作る機能が備わっていません。そのため感想をしやすく乾燥して硬くなった角質層は新しくできた細胞によってどんどん外に押し出され、何重にも積み重なって硬い層を作ってゆきます。


  • かかとの手入れはこの角質層が余り積み重ならないうちに行えば効果てきです。
    まだそれほど硬くなっていないので、かかとが硬くならないように気を付けてあげれば十分です。かかとが硬くなるのは乾燥が主な原因なので、乾燥しないように保湿してあげます。
    お風呂に入ったときは体中が潤っていますが、この状態をなるべく保持できるような方法を考えてみます。お肌に使う保湿クリームを塗ってあげればいいのですがちょっともったいないと思うようなら、ハンドクリームで十分です。ハンドクリームを塗った後は必ず靴下をはいて空気乾燥から守ってあげてください。かかとがそれほどガサガサしていないときからケアをしておけば、これだけで十分効果的です。
    靴下は一度はいたら寝るときも履いたままの方が効果が持続します。

  • もう少し進んだ状態、つまりかかとがガサガサで角質層が硬くなってしまってからケアを始めようと思った場合はもう少し違った手入れが必要になります。
    これ以上硬くなった角質層を増やさないように、角質層を削ってあげます。角質層を削るグッズはどこででも手に入るような余り高くないもので十分です。お風呂に入った後で削ってやると白くなった角質層が簡単に取れます。ここで気を付けてほしいのは角質層の削りすぎです。余り削りすぎると痛くなることもあります。一度にたくさん削るのではなく何日かに分けて削るようにすればいいでしょう。

    角質層を削れば後は保湿をしてあげることは初期のころと同じでです。
    靴下は履いたまま寝た方が効果的なことはいうまでもありません。

    最近ではかかとケアのための専用の保湿クリームや専用のやすり、専用の靴下も売っています。中にはかかとケアの専用グッズをまとめた専用パックなども販売されているようです。保湿クリームや靴下などは今使っているものを流用しても十分効果は期待できますが、専用グッズにはそれなりのノウハウが入っているのかも知れないですね。

冬の乾燥…カサカサかかとのケア方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事