簡単にできる毎日のケアで、目指せかかと美人

簡単にできる毎日のケアで、目指せかかと美人

Thumb?1414295452 muah♪さん

425

冬になると、カサカサガチガチになりがちなかかと。鏡餅のようなかかとは、おばさんのかかとで、20代、30代の私には関係ない、と思っている方も多いかもしれません。しかし、このような乾燥したかかとは、若い女性でも十分起こり得ることです。
一番の原因は、やはり乾燥です。特に冬になると、お肌が乾燥するように、かかとも水分不足によって、段々とカサカサになっていきます。カサカサの段階ならばまだいいのですが、それがひどくなって悪化していくと、鏡餅のようなあのかかとになってしまうのです。
かかとというのは、体の体重の付加がかかるところであり、角質がたまりがちです。その層ができていくことで、かかとの皮膚が厚くなり、しまいにひび割れとなってしまうのです。


  • ひび割れなければ、痛みもありませんし、健康に影響はありませんが、一番の問題は靴下や特にパンスト、タイツを履くときに引っかかって破れてしまう事です。また、彼氏や、友人のお宅にお邪魔して、ふとかかとを見られてビックリ、なんてことにもなり兼ねません。
    かかとのケアには、昔から軽石がよいなどとされてきましたが、最近では、さらに便利なかかとグッズがいろいろとあります。まず、お勧めなのが、お肌用のやすりです。やすりと聞いてなんだか痛そう、と思う方もいるかもしれませんが、これが実はなかなかの優れもの。お肌に合わせたやすりなので、痛みも何もなく、ただカサカサしているところを、スリスリこするだけで、なんとボロボロ角質が落ちていきます。擦り続けていると、かかとで固くなったいわゆる角質の層が削られていくというのです。
    削られた角質は、粉チーズのように粉末となってどんどん削れていきます。汚れたところをごしごしこするのは何とも快感。多くのかかとやすりには、二面がついており、粗い面と薄い面が備わっているので、まずは粗い面でしっかりと角質を除去していきます。そして、最後に薄いほうで仕上げです。終わった後のつるつる感は病み付きになりそうです。
    更に仕上げにお風呂上りに保湿クリームを塗れば、もうもちもちのかかとの出来上がりです。
  • 最初に無理に擦っていくのではなく、一週間ほどかけて少しずつ削っていくのがおすすめです。これによって、あなたのかかとはつるつるになること間違いなしです。簡単にできる、毎日のケアで便利グッズを上手に使い、見えないところだからこそ、美意識を高めつるつるにして、かかと美人を目指しましょう。

簡単にできる毎日のケアで、目指せかかと美人
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事