漢方薬でアトピー性皮膚炎を改善!漢方におけるアトピーの原因と治療法

漢方薬でアトピー性皮膚炎を改善!漢方におけるアトピーの原因と治療法

Thumb?1414295452 muah♪さん

144

漢方でアトピー性皮膚炎を少しでも良くしたいと思っていませんか?アトピー性皮膚炎はなかなか完治せず、かゆみや痛みだけでなく見た目にも目立ってしまうので、とても辛いですよね。皮膚科に通っても思うような効果がでないと、漢方薬も試したくなってしまいますよね。今回は、漢方におけるアトピー性皮膚炎の原因と治療法についてご紹介します。

  • おさらい!現代医学におけるアトピー性皮膚炎とは

  • おさらい!現代医学におけるアトピー性皮膚炎とは
  • 日本皮膚科学会によるアトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版によるアトピー性皮膚炎の定義は、「増悪・寛解を 繰り返す、掻痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因をもつ」とされます。

    アトピー素因とは、家族歴・既往歴(気管支喘息,アレルギー性鼻炎・結膜炎,アトピー性皮膚炎のうちいずれか,あるいは複数の疾患)、IgE 抗体を産生しやすい素因をさします。

    簡単に言うと、本来は本来、細菌やウイルスから体を守るために働く免疫が、攻撃する必要のないものにも過剰に反応してしまい、肌などに炎症を起こしてしまいます。

    アトピー素因はある程度遺伝すると言われ、家族や本人がアレルギー体質だと、アトピー性皮膚炎になりやすいと傾向があります。

    アレルギーやアトピーを引き起こす代表的なアレルゲンには、ハウスダスト、ペットの毛、ダニ、花粉、カビなどがあります。

    なにがアレルゲンになるかは、人それぞれで、牛乳や卵、小麦など、一般的な食材が原因になってしまうこともあります。

    アトピー性皮膚炎は子供に多いイメージがあるかもしれませんが、成人にも発症しやすくなっています。

    アトピー性皮膚炎は、ストレスや過労、不規則な生活、睡眠不足、お酒や刺激的な食べ物の摂取、生理不順など、社会人の多くが抱える悩みにより悪化しやすくなるからです。

    アトピー性皮膚炎のわかりやすい症状は、痒みと炎症による赤みですが、痒みはあまり感じない人もいます。

    カサカサと乾燥した肌、ジクジクとして汁がしみ出てしまうようなタイプ、皮が向けてかさぶたになった状態もあります。

    そして慢性化すると、肌が厚くなったり、しこりになってしまうこともあります。

    アトピー性皮膚炎は左右対称に出ることが多く、好発部位は目元、口元、首、ひじ、ひざ、手首、足首など関節の周囲、背中、お腹などです。

    現代医学での治療法は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などの飲み薬、ステロイド、非ステロイド系の塗り薬などが用いられます。

    アトピー性皮膚炎は、痒みがともなうこと、肌のバリア機能が失われてしまうことで、悪循環におちいってしまい、症状が落ち着くまでに時間がかかってしまうのが難点です。

    角質層は肌のバリア機能と保湿機能を担っているのですが、その角質層が炎症によりダメージを受けます。

    ダメージを受けるとバリア機能と保湿機能が弱まることで細菌感染を起こしやすくなり、余計に炎症しやすくなります。

    さらに乾燥すると肌はちょっとした刺激でも痒みを感じるようになるので、余計にかきむしってしまいダメージを与えてしまいます。

    するとさらに肌を傷つけてしまうという悪循環におちいってしまうのです。
  • 基本的な漢方の考え方

  • 基本的な漢方の考え方
  • 漢方とは、中国の伝統医学「中医学」がルーツの、日本の風土や生活に合わせて変化した日本の伝統医学です。

    「漢方」というと中国のものだと思っている人もいると思いますが、「漢方」という名前も日本独自のものです。

    漢方の本来の意味は「医学」であり、鍼治療、お灸、指圧マッサージなども含みます。

    漢方では、独自の「ものさし」を使って、一人ひとりの症状や心身の状態を見極め、治療法や漢方薬を選びます。

    このことを

    「証(しょう)」

    と言います。

    「証」は、漢方独自の判断法、

    ■四診(ししん)


    ・問診(もんしん)、望診(ぼうしん)、聞診(ぶんしん)、切診(せっしん)

    ■気血水(きけつすい)


    ■陰陽(いんよう)


    ■虚実(きょじつ)


    ■表裏(ひょうり)


    ■寒熱(かんねつ)


    ■五臓六腑(ごぞうろっぷ)



    などを用いて決定されます。

    そのため、「証」は漢方の深い知識がなければ適切に決めることができません。
  • 漢方におけるアトピー性皮膚炎の原因とは

  • 漢方では「皮膚は体の中を映す鏡」と言われ、アトピー性皮膚炎のような肌の病気は、体の内側に問題がでているためとされます。

    アトピー性皮膚炎の原因や悪化してしまう要因は様々ありますが、主に

    「五臓六腑(ごぞうろっぷ)」の機能の低下、「気・血・水(き・けつ・すい)のバランスの崩れ

    が主な原因と言われます。
  • 五臓六腑(ごぞうろっぷ)の影響によるアトピー

  • 五臓六腑(ごぞうろっぷ)の影響によるアトピー
  • 五臓六腑の中でアトピー性皮膚炎を起こすとされるのは、主に

    「肺(はい)」

    「脾(ひ)」

    です。

    肺は「皮毛(皮膚)」、脾は「肌肉(皮下組織と筋肉)」を司っているとされるからです。


    「肺(はい)」

    は呼吸を管理しており、皮膚も呼吸するとされています。

    肺は呼吸することで空気と触れるため異物やアレルゲンから体を守る役割があります。

    機能が落ちてしまうと、役割を果たすことができず、アトピー性皮膚炎になってしまうとされます。

    また、肺は免疫機能や水分の代謝といった機能もあります。

    「脾(ひ)」

    は食事や飲み物から得た栄養を全身に送る働きがあります。「気・血・水」のもとを運んでいます。

    アトピー性皮膚炎は、食事内容によって症状に影響がやすいのはご存じだと思います。

    脾は肺の母とされており、脾の状態が悪くなると、肺の機能も落ちるとされます。

    漢方では、子供にアトピー性皮膚炎が多いのは、「脾」つまり消化器官が未発達であるためだと言われます。

    なお、漢方では遺伝的なものは、全身のバランスを整える免疫機能に重要な役割を果たす

    「腎(じん)」

    に属していると言われます。
  • 「気・血・水(き・けつ・すい)」の影響によるアトピー

  • 「気・血・水(き・けつ・すい)」の影響によるアトピー
  • 「気・血・水(き・けつ・すい)」

    は体内循環の要素であり、この3つの要素が良いバランスを保つことで健康を維持できるとされます。

    「気」

    は生命エネルギー、活力のような概念で体内を巡っています。自律神経に近い働きとも言われます。

    「血」

    は名前の通り血液であり、体を巡り栄養を届けます。

    「水」

    は血以外の体液で、津液とも言われます。飲食物から得た水分を適切な形にして体を潤す働きがあります。


    五臓六腑、とくに脾の働きが弱いと、食事からエネルギーを上手く取り入れることができず、「気」を作りにくくなります。

    「気・血・水」はお互いに影響しあっているため、ひとつでも状態が悪くなると、全体が悪くなってしまいます。

    そのため、「五臓六腑」や「気・血・水」の働きが弱くなっているところを、すべて補うことでアトピー性皮膚炎を治していきます。
  • 長引く皮膚疾患の改善・再発防止は漢方の得意分野

  • 長引く皮膚疾患の改善・再発防止は漢方の得意分野
  • 現代医学では、病気になってから治療する、症状を抑える、ことがメインとなります。

    そのため、なかなか治りにくい慢性的な皮膚疾患やアレルギー症状などは、一時的に薬で良くなっても、また再発してしまうと悩む人が多いです。

    漢方は、虚弱体質の改善やアレルギー症状の改善、皮膚疾患の改善などが得意分野と言われています。

    漢方には、いま出ている症状を抑える対処療法

    「標治(ひょうち)」

    と、体質改善をおこないそもそも発症しないようにする

    「本治(ほんち)」

    という考え方があります。

    漢方の基本的な考え方は、体調を整え、体質改善をしていくことで症状を治めていきます。

    「五臓六腑」や「気・血・水」などの働きを良くし、

    アトピー性皮膚炎になってしまう背景を解決することで再発を予防

    しやすくなります。

    漢方薬は、複数の生薬をブレンドして作られています。そのため、体に様々な働きかけをすることができます。

    そのため、アトピー性皮膚炎のような原因や症状をひどくしてしまう要因が幅広い疾患にも、しっかり対応できるのです。
  • 漢方薬はプロに選んでもらいましょう

  • 漢方薬はプロに選んでもらいましょう
  • アトピー性皮膚炎に効果がある漢方薬はたくさんあります。

    しかし、漢方は、対面でさまざまな情報を得て「証」を決め、漢方薬を選ぶのが基本です。

    自分の

    アトピー性皮膚炎の症状や体質、生活環境などによって、効果が出る漢方薬の種類が変わってきます。



    ですから、

    初めて漢方薬を試したい方は、プロに相談

    しましょう。

    漢方クリニックや漢方を扱っている

    皮膚科クリニック、漢方薬局

    などに足を運びましょう。

    その際、すでに服用している薬があるときは持参して、副作用がおきないよう飲み合わせなども必ず相談するようにしましょう。

    すでに使っている薬をいきなりやめてしまうと、症状が悪化してしまうこともあります。

    また、西洋薬と漢方薬を同時に使うことで、より良い効果を得られるケースもあります。

    正しい証を導いてもらうため、質問されたことには正直に答え、気になる体の症状などもあれば積極的に伝えましょう。

    なお、あまりにも皮膚がジクジクとしている、痒みに耐えられないなど症状が重いときは、先に病院で診てもらうことをおすすめします。
  • まとめ

  • 同じアトピー性皮膚炎でも、症状の表れ方や原因、ひどくなってしまう要因や治りにくい理由などはさまざまです。

    しっかりカウンセリングしながら適切な漢方薬を選んでもらえる漢方医や漢方薬剤師がいるクリニックや薬局を選びましょう。

    すでにアトピー性皮膚炎に悩んでいる方なら、十分におわかりだと思いますが、すぐに治る疾患ではありません。

    漢方クリニックや漢方薬局とは長いおつきあいになりますから、信用できるところを慎重に選んでくださいね。
漢方薬でアトピー性皮膚炎を改善!漢方におけるアトピーの原因と治療法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事