漢方で風邪が治るのはなぜ?意外と知らない風邪の正体と漢方薬の効き方

漢方で風邪が治るのはなぜ?意外と知らない風邪の正体と漢方薬の効き方

Thumb?1414295452 muah♪さん

137

漢方の方が風邪が早く治る、ひき始めに漢方薬を飲むと症状が治まる、そんな風に感じたり、聞いたことがある方も多いと思います。でも、どのように漢方が風邪に作用しているのか、そしてそもそも風邪とは何なのか、意外と知らない方が多いと思います。今回は、風邪の正体と、漢方がどう風邪に聞いていくのかについてご説明します。

  • 風邪の正体とは?

  • 風邪の正体とは?
  • 調子が悪くて病院に行くと、たいてい風邪と診断される、年に1度は風邪をひくから風邪薬を常備してある、そんな方がほとんどではないでしょうか。

    かかりやすいけれどあまり重症化することがない風邪が、どういうものなのか詳しく知ろうと思う機械はあまりないかもしれません。

    風邪は、正式には「風邪症候群」と呼ばれ、上下気道(鼻、喉、気管、気管支、肺など)にウィルスや細菌が感染し発症します。

    風邪をウィルス・細菌は200種類以上存在すると言われ、どのウィルス・細菌にどの部分が感染したかによって、咳、鼻水、喉の痛み、たん、吐き気、下痢、関節痛、だるさなど、様々な症状があらわれます。

    風邪の症状の代表とも言える発熱は、ウィルスから体を守る防御反応なのです。

    風邪の原因の80~90%はウィルスです。ウィルスは生物ではないので抗生剤で退治することはできず、自信の免疫力で抵抗しなくてはなりません。

    なお、風邪の原因が細菌だった場合は、抗生剤で撃退することができます。

    しかし、抗生物質が効かない抗生物質耐性菌も増えてきているため、以前より風邪に抗生剤を処方されることが少なくなってきています。

    幸い、風邪は重症化することが少ないので、場合によっては症状を抑える薬を使ってフォローし、自信の免疫力で完治させるケースが多いです。

    ただ、もちろん例外があり、有名なものがインフルエンザウィルスです。

    インフルエンザウィルスは症状が重症化しやすく、感染力が高いタイプもあるので、出社停止や出席停止などの措置が取られるのは皆さんもご存知だと思います。
  • 一般的な風邪薬の役割

  • 一般的な風邪薬の役割
  • 病院やクリニックで処方箋をもらい、薬局で調剤してもらう処方薬も、ドラッグストアなどで買うことができる一般薬の風邪薬も、どちらも熱や咳、鼻水などの

    症状を抑えるための薬

    です。

    出ている症状を抑えることを対処療法と言います。

    本来風邪による症状は、ウィルスを体から追い出すための作用なので、無闇に薬で抑えないほうが良いとされます。

    しかし、症状が重いと風邪の症状により体力が消耗し、治りが余計に遅くなってしまったり、生活に支障がでてしまうこともあります。

    咳や鼻水で眠れない、喉が痛くて呼吸が苦しいといったときに使用し、しばらく心身を休めてあげることが目的となります。

    ただ、無闇に風邪薬を飲まない方が良いと言っても、症状が重い場合や高熱が続く場合は医療機関で診てもらうようにしましょう。

    インフルエンザの可能性や、別の病気に罹ってしまっており症状が出ている場合もあります。
  • 漢方における風邪の治し方

  • 漢方における風邪の治し方
  • 漢方では、風邪になってしまったら

    「体を温めて免疫力をアップさせ治癒を早める」

    ことを目的とした治療が基本となります。

    無理に熱を下げたり、症状を抑えるのではなく、漢方薬の作用で自身の免疫力をアップさせるのです。


    発熱は人の防御反応であり、熱を出すことで、

    ・ウィルス増殖の抑制


    ・白血球の活発化


    ・免疫機能の強化



    という感染症に有利な状況を作り出すことができます。

    漢方では、風邪をひいたら、免疫力をアップさせつつ、咳や鼻水などその人の症状に合わせた漢方薬を選んで対処するのです。

    ただ、中には無理に熱をもたせない方が良い場合もあります。

    また、すでに別の病気の薬を服用している方や、妊婦・授乳中の方には十分に注意が必要な成分が含まれた漢方薬もあります。

    そのため可能であれば漢方に詳しい医師や薬剤師に相談してから、漢方薬を使うことをおすすめします。
  • 漢方の基本

  • 漢方の基本
  • 漢方薬はそもそも、一人ひとりの症状や体質に合ったものを専門知識を持ったプロがしっかりカウンセリングをして、適切なものを選んでもらうものです。

    漢方には様々な独自のものさしがあり、そのものさしに照らし合わせて、一人ひとりの症状や体質

    「証(しょう)」

    を見極め、治療法や漢方薬を選びます。

    風邪といっても、発熱、咳、鼻水、たん、喉の痛み、吐き気、下痢、関節痛などさまざまな症状があります。

    また一人ひとりの体質、そして現状の免疫力などを、以下の方法を用いて見極めます。

    ■四診(ししん)


    ・問診(もんしん)、望診(ぼうしん)、聞診(ぶんしん)、切診(せっしん)

    ■気血水(きけつすい)


    ■陰陽(いんよう)


    ■虚実(きょじつ)


    ■表裏(ひょうり)


    ■寒熱(かんねつ)


    ■五臓六腑(ごぞうろっぷ)



    漢方では、たとえ同じ風邪の症状でも、体質やそのときの免疫力、体力などにより適切な漢方薬が異なることがあります。

    同じ症状であっても体質が異なると、勧められる漢方薬が異ことを

    「同病異治(どうびょういち)」

    、異なる症状でも同じ薬が出される

    「異病同治(いびょうどうち)」

    と言います。
  • 漢方薬はできるだけプロに選んでもらおう

  • 漢方薬はできるだけプロに選んでもらおう
  • 風邪に効くとされる漢方薬はたくさんあります。

    しかし、初期の風邪なのか、長引いてしまっているのか、体力はや免疫力はどれくらいあるか、どんな症状がでているのか、などによって使われる漢方薬は異なります。

    風邪に使う漢方薬は数十種類はあり、一例だけでも、

    ■葛根湯(かっこんとう)


     風邪の初期に、しっかり体力のある方向け、白い鼻水、白いたんが出る場合

    ■麻黄湯(まおうとう)


     風邪の初期に、しっかり体力のある方向け、寒気、発熱、頭痛、汗は出ない場合

    ■柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)


     風邪の中期に、あまり体力がない方向け、発熱、関節痛、腹痛、頭痛がする場合

    ■麦門冬湯(ばくもんとうとう)


     あまり体力がない方向け、空咳、強い咳こみ、黄色いたんが出る場合

    などがあります。

    もちろん、ドラッグストアなどで販売されている漢方薬にも、どんな症状を主に対象としているかはある程度パッケージなどに書いてあります。

    しかし、それをもとにピッタリと自分に合う漢方薬を選ぶのは難しいでしょう。

    すでに風邪で体調が悪いなか、薬を買いに行くと、余計に悪化してしまうかもしれません。

    場合によっては、漢方にこだわらず一般的な診療をおこなう病院などで診てもらったほうが良いでしょう。

    そして、健康になってから、漢方薬局などで自分の「証」を見極めてもらい、常備薬として漢方薬を入手することをおすすめします。
  • こんな場合は病院へ!

  • こんな場合は病院へ!
  • 風邪には、咳、鼻水、喉の痛み、たん、吐き気、下痢、関節痛、だるさなど、様々な症状があります。

    そして、数日で治ることが多いことから、あまり心配していないことも多いと思います。

    しかし、急激に症状がひどくなる、38度以上の高熱、全身がつらいなど、インフルエンザの疑いがある場合は早めに病院に行き、検査を受けましょう。

    とくに周囲にインフルエンザに罹った人がいる場合はかならず検査を受けたほうがよいでしょう。

    また、風邪の症状が4日以上経っても続く場合は、別の病気の症状として出ている場合や、風邪をこじらせてしまい、他の病気になってしまっている可能性があります。

    その場合も病院で診察を受けることをおすすめします。

    知らない間に病気が進行してしまうと、治すまでに時間がかかってしまいます。
  • まとめ

  • 風邪は身近なものではありますが、「万病の元」とも言われます。

    しっかり体を休め、薬を上手に使いしっかり治すようにしましょう。

    漢方薬を使って風邪を治したい場合は、漢方の知識をもった医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

    漢方薬は体質改善をおこなって病気になりにくい体にする、健康維持を大きな目的としています。

    もし、風邪をひきやすい体質に悩んでいるのであれば、体質を改善したいことも伝えて協力してもらうと良いでしょう!
漢方で風邪が治るのはなぜ?意外と知らない風邪の正体と漢方薬の効き方
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事