睡眠時の金縛りはレム睡眠が原因か

睡眠時の金縛りはレム睡眠が原因か

Thumb?1414295452 muah♪さん

289

ホラー映画などを見ていると、寝ている間に目は覚めているのだけれどまったく体が動かず、その間に何か恐ろしいことが起きるシーンというものがたくさん出てきます。これを金縛りといい、怖い思いはしなくても実際に体が動かなくなる体験をしたことのある方も多いようです。これらは、睡眠時に何か見えない力によって押さえつけられているというオカルト的な考えを持つ方ももちろんいらっしゃいますが、睡眠時の状況によって科学的に説明できると考える方もまたいらっしゃいます。実は恐ろしいことでもなんでもなく。人の体の働きとして正常なものであるという説もあるのです。


  • 出典: www.tumblr.com

  • 睡眠時には、レム睡眠とノンレム睡眠という2つの種類の眠りを交互に繰り返しています。前者が眠りが浅いとき、後者が眠りが深いときです。この眠りが浅いときというのは、実は体が眠っているのにもかかわらず脳が起きている状態であるため、体が動かない状態でありながら何か考え事をしているという状態なのです。ちなみに、夢を見るのもこの状態の時であるということが言われています。夢を見るということは脳が何かを考えているために夢を見るということですので、それが起こらないノンレム睡眠時は夢を見るということはありません。
    そして、それは金縛りにも同じことが言えます。脳が動いているために思考はできる状態にあるのですが、体は眠っているので手足は動きません。何らかの影響で目が開いていると、目から入ってくる情報は脳に伝わりますので、脳で考えることはできます。そしてその情報を得て、脳は外で起こっているのかどうかを判断することはできるのです。しかし、それに応じるための体の動きをとることができませんので、それを金縛りと感じてしまうのです。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 夢などの睡眠時のことは、夢占いなど何かとオカルト的な話と結び付けられることが多い分野です。確かに、夢占いは脳が動いているために見る夢ですので、深層心理をあらわしているという考えもあり、大変学問的にも興味深いものといえます。そしてこの金縛りも、また睡眠時の非常に珍しい脳だけ動いている状態が引き起こすものですので、これもまた学問的に面白い分野です。ですから、金縛りは怖いものとして認識せずに、脳が動いていて睡眠が非常に浅くなっている状態であるということを理解しておけば、何か悩みを抱えていて深い眠りにつけない状態なので、その悩みの解消するために頑張ろうという考えにもなるのではないでしょうか。

睡眠時の金縛りはレム睡眠が原因か
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事