漢方と風邪の薬の違いと選び方について知りましょう!

漢方と風邪の薬の違いと選び方について知りましょう!

Thumb?1414295452 muah♪さん

49

漢方と西洋薬の風邪薬の選び方は根本から違っています。漢方ではその人の体質にあった生薬を処方し、根本から体質改善を目指します。一方、抗生剤や総合感冒薬など、原因となったウイルスを抑え込むのが西洋薬の方法です。その違いを知っておきましょう。

  • 漢方と風邪薬の違いは?

  • 漢方と風邪薬の違いは?
  • 漢方と西洋薬の違いはどこにあるのでしょうか?

    西洋医学の場合、薬は特定の部位の症状の緩和や風邪の原因となったウイルスに着目します。

    たとえば、抗ウイルス剤や抗生剤などを使用することで、ウイルスを退治することを目的とします。

    もしくは鼻水や頭痛、のどの痛み、せき、だるさ、発熱などの症状を抑えたり和らげることを目的として、総合感冒薬が処方されます。

    一方漢方では、全身状態を見て、総合的に免疫力を上げることを目的とした薬の選び方をしています。

    西洋医学では症状やウイルスを抑え込むのが目的なので、患者本人の免疫力を上げることは目的としていません。

    それに比べて漢方では、気候や環境に不適応状態のために、抵抗力が落ちて発症したと考えます。

    漢方薬は免疫力を上げて、風邪のウイルスや症状を撃退するので、免疫力が維持しやすいのです。

    一般的に西洋薬では病名を決めてそれにふさわしい薬を投与します。そのため病名が同じなら処方される薬はみな同じになります。

    ところが漢方はその人の体の状態を見て、その人にあった薬を調合します。
    たとえ同じ病名が付いた患者がいても、漢方が同じになるとは限りません。

    いわばオーダーメイドの治療をするのが漢方の薬の選び方や考え方になります。また西洋薬では体をパーツごとに分けて、それぞれの専門家が診療します。

    症状に対しても、一つの症状に対して一つの薬(たとえば頭が痛いといえば頭痛薬)という選び方をしますが、漢方では症状を総合的に見て薬を処方するので薬は多くても1~2種類です。

    たとえば頭痛がすれば鎮痛剤というように、風邪の諸症状ひとつひとつに薬を出すのが西洋薬の選び方ですが、漢方では総合的に見て判断します。
    効き目が強く即効性があるのが西洋薬ですが、逆に効き目が強すぎて副作用が出る場合もあります。

    一方全く逆の薬の選び方をしているのが漢方です。根本からその人の体に働きかけるので、即効性はありません。徐々に効き目を示すので、強い副作用は少ないのが特徴です。
  • 風邪のタイプの分け方と症状の違い

  • 漢方では風邪を大きく分けて3つのタイプに分けて考え、それぞれ症状の違いがあります。

    一つ目が寒けがするというタイプの風邪です。このタイプを漢方では「寒」の風邪と呼び「青い風邪」と呼んでいます。

    続々寒気がして体が冷える、頭痛、関節の痛み、白く透明な鼻水がでる、肩こり、筋肉痛などの風邪のひき始めのような症状が特徴です。汗もあまりかかずに、体のふしぶしが痛いというような状態です。

    青のタイプはエネルギー不足で疲れやすく、抵抗力が落ちている人によくみられる症状です。

    一方熱っぽくのどが痛む、発熱、黄色い鼻水や粘りのある痰などが特徴の風邪は熱の風邪といい、「赤い風邪」と呼ぶのが特徴です。
    のども乾き、水分を欲しがる状態で熱を中心とした症状が出ています。血液以外の体液が不足して、潤い不足になっている人は「赤」のタイプになるといえます。

    また三つ目の症状は、吐き気や下痢など胃腸に来た症状がメインのもので、これを温の風邪、または「黄色い風邪」と呼んでいます。

    胃のむかつきや痛み、食欲不振などの消化器症状が現れるのが特徴です。このタイプは胃腸の働きが弱く、体に余分な水が溜まりやすい人です。
    水分の代謝が悪く、胃腸の働きが鈍り症状が出ると考えられています。

    風邪のタイプは大きくわけてこの3つですが、もうひとつ、「燥」のタイプというのも存在します。

    「燥」の人は風邪の治りかけに多く見られる症状で、咳が強くゼイゼイと苦しそうな息をすることもあります。このように漢方では独特の分け方を症状の違いから考えることが多くあります。それにより、対処法や薬の選び方が変わってくるので症状はとても大きな意味があります。

    また最初は「青い風邪」だったけどもあっという間に「赤い風邪」に変わる場合や、最初から青と赤が混合している場合、あるいは黄色が先に現われ、後から赤が加わる場合などもあり、きっぱり分けられないこともあります。漢方ではそれぞれの風邪のタイプを症状により分けることで薬の選び方を考えています。
  • 青のタイプの薬の選び方、漢方の種類・特徴

  • 青のタイプの風邪症状は、強い寒気やゾクゾクして体が震える、白い鼻水などの症状が出て、いわゆる体が冷えているのが特徴です。
    そのために、冷えた体を温めて発汗させるのが治療のポイントになります。

    漢方ではエネルギーが足りずに疲れやすくなっている気虚の状態と、冷えの強い状態が組み合わさり、陽虚という状態になっていると考えられます。

    漢方の薬の選び方としては、体を温める必要があるので汗がでないひとには「葛根湯」や「麻黄湯」を処方します。

    「葛根湯」や「麻黄湯」は体を温めて、発汗させる作用があります。
    特に「葛根湯」は風邪の初期症状に用いられる漢方で、体温を上げることで免疫力をあげ、ウイルスを退散させる作用があります。

    麻黄湯は生薬を4つ組合せたもので、強い発汗作用があります。風邪のひき始めで、まだそれほど体力の衰えていない人に適した漢方です。

    それと同時に汗のでるような食べ物、たとえばショウガや白菜、大根などを煮込んだスープを取ることで体を芯から温めて発汗させます。

    またニンニクや玉子酒なども体を温め、熱を外に出す作用があります。
    これらの食品と漢方の薬を組み合わせることで相乗効果が期待でき、患者が治るのを強力にサポートします。

    一方諸症状が似ているけれども、はじめから汗が自然に出るような人の場合には漢方の「桂枝湯」が適しています。

    「桂枝湯」は、体を温め水分排泄を促す作用があります。葛根湯と桂枝湯は似ているけれども、汗が出るか出ないかで薬の選び方が変わってくるので注意が必要です。

    汗が出ている人に強い発汗作用がある「葛根湯」や「麻黄湯」を処方すると、さらに汗をかいてしまい、体力を消耗してしまうので良くありません。

    特に体力のない人の場合、葛根湯よりも桂枝湯の方が適しています。漢方薬の選び方も一つ間違えると、せっかくの生薬も効果が出にくくなることがあるので処方の際には十分注意が必要です。

    漢方を処方してもらうときは、漢方の専門医か漢方薬局が適しています。
  • 赤のタイプの薬の選び方、漢方の種類・特徴

  • 漢方でいう「赤色」のタイプは、体内に熱がこもっているタイプの風邪を指しています。

    のどが赤くはれ痛む、高熱が出て顔が赤い、黄色い鼻水や粘り気のあるタンや咳がでる、寒気はなくむしろ熱があって体が熱い、舌先が赤くなっている、口が乾く、などの症状はすべて赤いタイプの特徴です。

    このようなタイプには銀翹散(ぎんぎょうさん)を処方します。銀翹散(ぎんぎょうさん)は葛根湯と同じように風邪の初期に用いられる漢方で、抗炎症作用があります。

    10種類の生薬がのどの痛みを鎮めてくれます。
    銀翹散(ぎんぎょうさん)には眠くなる成分が入っていないので、車の運転をする人や仕事に行く人も安心して服用することができます。

    桑菊飲(そうぎくいん)は咳を止める作用に優れています。
    少々手に入りにくい薬ですが、効果が期待できる漢方です。

    さらに赤のタイプの人におすすめな漢方に麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)があります。

    麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)は、気管支ぜんそくや気管支炎などに良く用いられる生薬です。
    子供から大人まで使われる薬で、体力があり顔が赤い人に適しています。

    また、口が乾きよく咳をする人、汗をかきやすい人、風邪の治りかけで咳がひどい人などによく処方されます。
    粘り気が強く黄色や緑色の痰や咳が出る人でいわゆる気道に熱を帯びている様な人にはこの麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)が適しています。

    また板藍根(バンランコン)は風邪の初期症状を逃してしまい、症状がある程度進行してしまった人も服用できる漢方です。
    葛根湯は風邪の初期症状のみに適しているので、症状が進行してしまったものには効果を発揮しませんが板藍根(バンランコン)はのどが痛い、熱がある、などの症状の軽減に役立ちます。

    西洋薬の鎮痛剤や解熱剤に抵抗がある人は、板藍根(バンランコン)を服用することで、体内に薬を入れることを極力減らすのに役立ちます。赤のタイプには以上のような漢方が適しており、そのひとの症状に合わせた薬の選び方が大事になってきます。
  • 黄のタイプの薬の選び方、漢方の種類・特徴

  • 黄色のタイプは、吐き気や下痢、腹痛、胃痛、食欲不振など胃腸症状がメインの人です。

    胃腸が弱った上に、汗を十分にかかずに水分代謝が悪くなっていることから、胃腸に余分な水分が溜まってしまったと考えられます。

    黄色のタイプは赤の症状や青の症状も一緒に現れることもあり、体の抵抗力が落ちてしまっています。黄色のタイプは体を温め、余分な水分を排出するのが治療のポイントになります。

    漢方としては藿香正気散(かっこうしょうきさん)が適しています。

    藿香正気散(かっこうしょうきさん)は、働きの悪くなった胃腸を回復させ、食欲不振を改善させる作用があります。適度に体を温めて、体内の余分な水分を取り去ります。
    暑い時期でも寒い時期でも季節にかかわらず服用できます。

    香蘇散(こうそさん)は5種類の生薬から成る漢方で、神経質で胃腸の働きが弱い人に向いている漢方です。胃腸の働きを高め、体を温めながら発汗させる作用があります。

    また五苓散(ごれいさん)は体内の余分な水分を排出しながら、同時に体の水分のバランスを整えてくれる漢方です。
    黄色のタイプで胃腸が弱っている人は、体内に余分な水分がたまり、水分バランスが乱れています。

    香蘇散(こうそさん)は西洋薬でいう利尿薬に若干作用が似ていますが、根本は違います。

    西洋薬の利尿薬は、体にある水分を全て排出してしまう強い薬ですが、香蘇散(こうそさん)は体内にある余分な水分だけを排出する作用があります。

    たとえば井戸に溜まった余分な水だけをくみ上げるイメージが香蘇散(こうそさん)のイメージです。

    そしてもうひとつ板藍根(バンランコン)も黄色タイプで使われます。

    板藍根(バンランコン)は赤でも黄色でも使える漢方で、漢方薬においてはなくてはならないものとして、珍重されています。
    このように風邪といっても症状により薬の選び方は大きく異なるので、西洋薬のように同じ病名だからと言って同じ薬が使われることはありません。

    その人の体質や証にあわせたきめ細かい処方が漢方の醍醐味です。
  • 漢方では症状によって薬が変わる

  • 漢方では風邪を大きく分けて3つのタイプに分類します。

    青の色は寒く冷えているタイプで、熱が出るタイプと熱がでないタイプに分かれます。
    たとえ、青のタイプでも発刊しているかいないかで薬の選び方は大きく左右されます。

    赤のタイプは熱があり、のどの痛みや黄色いたんや咳がでる症状が特徴です。この場合、すでに熱が出ているので、発汗作用のある漢方薬よりむしろ、せきやのどの痛みなどを緩和する作用のあるものを用いることが多いです。

    そして黄色のタイプは、下痢やお腹の痛み、食欲不振など消化器症状が出ているタイプの風邪です。このタイプの人は体内に余分な水分が溜まってしまい、それがうまく排出できなくなっています。

    体内から余分な水分のみを排出させることで、胃腸症状を緩和し、全身の健康状態をアップさせる目的の漢方を服用します。

    また漢方ではその人の症状を見るために、舌の状態や手指の状態、皮膚の状態など全身状態から観察し、その人にあった薬を処方します。
    そのため、西洋薬のように強い作用や迅速な効き目はありませんが、おだやかに体に作用していきます。

    そのため、症状の緩和だけでなく免疫力アップやホルモンの調整、気の充実など根本から体に作用して元気な体作りを目指していきます。

    西洋薬は緊急性がある病気やけがのときに大いに役立ちますが、強い副作用がある事は否めません。一方漢方薬も副作用がゼロではありませんが、その人にあった薬を調合するため副作用は比較的少ないのが特徴です。

    特に風邪の時は、早く症状を抑え込みたいために、解熱剤や抗生剤、鎮痛剤、抗ウイルス剤などの薬の処方場合によっては点滴などをすることがあります。一時ウイルスは退散しますが、そのひとの抵抗力は落ちたままであり、回復に時間がかかってしまいます。

    一方漢方では、じっくり体にあった薬を処方してくれるので、免疫力もあがることが期待できます。漢方と西洋薬は一緒には使うことが出来ません。それぞれの薬の特徴を知り、上手に服用することが大切です。
漢方と風邪の薬の違いと選び方について知りましょう!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事