乾燥に負けない メイク対策で卵肌に。

乾燥に負けない メイク対策で卵肌に。

Thumb?1414295452 muah♪さん

244

乾燥の季節はどうしても肌がカサカサしてしまいがちです。
化粧ノリも悪くなり、女性にとって辛い時期であります。
朝は綺麗にメイク出来ているのにしばらくすると肌がカピカピになっている・・・。これほど悲しい事はありません。
一日のモチベーションが下がってしまいます。そんな女性の大敵、乾燥に負けないメイク対策をご紹介しましょう。


  • 肌に潤いを!化粧水パックでキメを整えよう。

  • 肌に潤いを!化粧水パックでキメを整えよう。
  • お肌の乾燥にはスキンケアを正しい方法で行う事が必要不可欠です。
    メンテナンス用品をしっかり肌にプラスしてあげれば、おのずと化粧ノリも変化します。
    この化粧ノリの良さにかかせないもの、まずは化粧水です。その手順は以下になります。

    1:コットンにお水を含ませましょう。
    2:両手で軽めにプレスして水を絞ります。
    3:更にコットンに化粧水を充分に含ませます。
    4:顔にコットンをはっていきましょう。
    5:この状態で最低でも5分放置します。
    6:肌が冷えてきたら、キメが整った状態ですから完成となります。


  • 最大限に効果アップ!乳液でお肌に潤いを!

  • 最大限に効果アップ!乳液でお肌に潤いを!
  • 次は乳液を使用します。

    1:顔全体に乳液を馴染ませて、軽くマッサージしましょう。
    2:手のひら全体で顔を優しく押さえます。
    3:最初に額、その次に頬の順番にゆっくりと優しく手で顔を覆うようにします。
    4:肌にのせた後、手にくっつくような感覚があればOKです。

    この方法は自分の手の体温によって乳液の浸透力を高めるテクニックです。
    化粧水パックで浸透力が高まっている分、乳液の効果を最大限にアップしてくれます。

    手で触って乳液で滑るようであれば、ティッシュやコットン等で押さえてから更に馴染ませるようにして下さい。
    この状態はお肌が充分に潤っていないということ。化粧崩れの原因になりかねませんので注意しましょう。
  • 保湿し、保護しましょう!メイクアップベースを温める

  • 保湿し、保護しましょう!メイクアップベースを温める
  • メイクアップベースがお肌の乾燥対策の最終手段になります。
    下地を使用せず。乳液までしかしないという方もおられますが、メイクアップベースを是非使うようにしましょう。

    下地は肌を保湿してファンデーションのノリや吸着力をより良くしてくれます。
    ですから化粧崩れにとても強くなるのです。
    ファンデーションのノリを良くすれば乾燥からくる肌へのダメージをファンデーションが保護しれくれるのです。
    その手順は以下になります。

    1:まず、馴染みを良くするために手のひらにベースを暖めましょう。
    2:両手に馴染ませた後に肌全体でマッサージする様に浸透させます。
    最初に額、頬の順番にゆっくりと優しく手で顔を覆うようにします。

    化粧水パック、乳液、メイクアップベースの3点を意識して丁寧に行うことによってカサカサにならず化粧もちが変わるでしょう。
    乾燥はお肌に想像以上のダメージを与えます。この方法を行いお肌をいたわってあげましょう。

乾燥に負けない メイク対策で卵肌に。
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事