乾燥肌の大敵はクレンジングだということをご存じですか?

乾燥肌の大敵はクレンジングだということをご存じですか?

Thumb?1414295452 muah♪さん

205

最近よく売れている、洗顔一回で済むクレンジングや、厚塗りメイクも簡単に落とす、といったふれこみのクレンジングは要注意。
界面活性剤の力を利用して落とすので、肌のうるおいを守るセラミドまで溶かしだしてしまうのです。
肌が水分を保てるのはセラミドが水を保持してくれるから。
このセラミドが減ってしまうと、肌はどんどん水を蒸発して乾燥してしまうのです。
季節によって乾燥する、というのは、実は肌自体が水分を保持することが出来ていないため。
健全な肌は例え湿度0%の環境でも水分を保持することが出来るのです。
まず、乾燥肌を改善するはじめのステップは、クレンジングを肌に優しいものに変え、メイクはこれで半分落とせればよい、と思うこと。
その後に洗顔料を使ってもう一度洗顔します。いわゆるダブル洗顔です。
忙しくてついつい億劫になり、簡単に落とせるものを、と思ったり、洗顔二回が肌に負担をかけているのでは、と思いがちですが、実は洗顔一回で済む、ということの方が怖いのです。


  • クレンジングはオイルやリキッドは強いのでNGです。クリームかジェルタイプを選び、ジェルタイプでも透明なものは刺激が強いので、乳化した白く濁ったタイプを選びます。
    目元や口元の強めのメイクは、洗顔前にオリーブオイルをコットンにとり、少し貼り付けておき、メイクを浮かせてやさしく拭い取ります。
    それから改めて、クレンジングをたっぷり手にとりまずTゾーンから洗い始めます。
    頬、目元、口元は肌が薄く、弱いので最後に。
    なるべく時間をかけずに、ぐりぐりこすらずに洗い、メイクを浮かせます。
    クレンジングは、安いもので済ませずに、ある程度値のはるものを選びましょう。
    メイクアップや化粧水、石鹸は安いものでも大して差はありませんし、トラブルを起こすことも比較的少ないのですが、もっとも肌に負担をかけるクレンジングはきちんとしたものを選び使うことが重要です。
    流したあとの洗顔は、洗顔フォームよりはシンプルな固形石鹸が良いです。
    洗顔フォームでうるおいを守る、というものは、肌に皮脂を残してしまい、うっすら油膜をはったまま洗顔が終わるものが多く、洗顔後に保湿美容液などを使っても、油膜越しで成分が肌につかないのです。
    石鹸をしっかりと泡立て、やはりTゾーンから洗ったら、洗顔後にはセラミド配合の保湿美容液を使います。
    セラミド配合、と一口に言いますが、セラミドには幾つも種類があり、番号がふられています。
    保湿美容液の裏を見て、成分表示にセラミド2、もしくは3、と表記されたものを選びましょう。
  • セラミド6、セラミド10、というものもありますが、2と3の方が効果があります。
    セラミド配合の化粧品にもいろいろなものがあり、保湿美容液の他に保湿クリームもおすすめですが、まだ年齢が若く、皮脂が分泌されている肌をクリームで覆ってしまうと、毛穴をふさいだりしてトラブルになりかねません。
    40代くらいまではセラミド配合の保湿美容液を使用しましょう。
    保湿美容液は、頬からぬります。
    Tゾーンは避け、もしも乾燥する場合は手に残ったものを額に伸ばすくらいで大丈夫です。
    目元、口元は再び美容液を手に取って、やさしく塗ります。
    乾燥の酷いところは重ねてつけます。
    これを、朝、夕の洗顔後に行います。
    保湿美容液も、クレンジングと同じ。ある程度の値段のものを選びます。
    この二種類は妥協せず、自分に合わないと思ったら変えましょう。

    美容液は、朝も夜も、石鹸でしっかり洗顔をしてから使用しましょう。
    皮脂は酸化して肌を老化させ毛穴を開きます。一般に毛穴の開きは皮脂がつまっているからと言われますが、肌の老化で毛穴が目立つようになるのです。
    皮脂のつまりを取ろうとオイルクレンジングでマッサージなどをしていると、セラミドがどんどん奪われ乾燥を招き、一層毛穴が開くことがあります。
    毛穴をクレンジングでマッサージしても肌の表面をこするだけで毛穴には届かないので注意しましょう。
    逆に、皮脂をしっかり落とし、セラミドを補ってあげれば、毛穴は開きません。
    乾燥することを恐れて洗顔をきちんとしないと、頬やTゾーンの毛穴が開いてしまいます。
    まず、洗顔でしっかりと肌の皮脂を落とし、セラミド配合保湿美容液でセラミドを補いましょう。
    化粧水はつけないのか、という疑問があると思いますが、化粧水そのものには実は保湿効果はあまり期待出来ないのです。もしも化粧水を使いたいのならば、保湿ではなく、プラスアルファの効果を期待して使用するのがおすすめです。
    ビタミンC誘導体化粧水は、単なる美白だけではなく、シミや老化によるたるみを防ぐのに効果があります。コラーゲン生成を促すので、毛穴の開きの予防にもなります。
    こうした化粧水ではなく、ただ保湿のために化粧水をつけ、他に何もつけない場合、つけた瞬間は潤っても時間が経つと肌の水分まで巻き込んで蒸発してしまい、何もつけない場合よりも乾燥することがありますので要注意です。
    ビタミンC誘導体化粧水も、セラミド配合の保湿美容液と合わせて使いましょう。

乾燥肌の大敵はクレンジングだということをご存じですか?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事