安心して顔に使えるノンケミカルの日焼け止め

安心して顔に使えるノンケミカルの日焼け止め

Thumb?1414295452 muah♪さん

661

紫外線は肌に悪影響を与えます。肌への刺激もまたシミやシワなどといったトラブルの原因になりますので避けたいものです。顔に安心して使うためには、肌への負担の少ないノンケミカルの日焼け止めの中から自分の肌に合ったものを選んで適切に使うようにしましょう。


  • トラブルの原因

  • トラブルの原因
  • 紫外線は肌に悪影響を与えます。そのまま紫外線を浴びてしまうと、シミやシワ、そばかすなどの原因になりますから、肌を守るために日焼け止めが必要です。しかし、肌が弱い方にとっては日焼け止めも刺激となります。肌への刺激もまたシミやシワなどといったトラブルの原因になりますので避けたいものです。肌に負担をかけずに使える日焼け止めを選びたいのなら、ノンケミカルのものを選ぶと良いです。低刺激ですから、顔にも安心して使うことができます。顔は敏感ですから、なるべく刺激のない製品を選んで使いたいものです。
  • 場面に合った数値のものを使い分けるのもオススメ

  • 場面に合った数値のものを使い分けるのもオススメ

    出典: instagram.com

  • 日焼け止めの成分には、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の二種類が使われています。紫外線吸収剤は紫外線を別のエネルギーに変えて放出するという働きになっているため肌への負担が大きくなります。そのため、紫外線吸収剤を使っているものよりも、紫外線散乱剤を使っているもののほうが安心です。この紫外線散乱剤を使った製品が、ノンケミカル処方の製品になります。
    紫外線散乱剤を使ったものは低刺激ですが、白浮きしやすいものが多いです。しかし、低刺激で肌に優しく、敏感肌の方でも使用することができる製品となっています。紫外線吸収剤フリー、紫外線吸収剤不使用、ノンケミカル処方、紫外線散乱剤使用、などといった製品から自分の肌に合ったものを選んで利用すると良いです。
    日焼け止めの肌への負担を軽減するためには、場面に合った数値のものを使い分けるのもオススメです。SPFやPAの数値は高ければ良いというものではありません。SPFは紫外線UV-Bを防ぐ効果を表し、1SPFで20分間、紫外線UV-Bから守ってくれます。PAは、紫外線UV-Aを防ぐ効果を表します。紫外線UV-Aは光による肌老化に関わっています。数値が高ければ高いほど、肌への負担もかかりますので日常的に数値の高いものを使っていると肌が傷んでしまいます。状況に合った数値を選び、日傘やサングラスなど他のアイテムを加えるなど工夫をして紫外線を防ぐ努力をすると良いです。
  • 顔には肌への負担の少ないノンケミカル

  • 顔には肌への負担の少ないノンケミカル

    出典: instagram.com

  • 肌に負担をかけないためには、無香料、無着色、アルコールフリー、防腐剤フリー、石油系界面活性剤フリー、無鉱物油など刺激の少ない製品から選ぶと安心です。また、去年の残りなど古いものは使わないといったことも注意が必要です。
    紫外線は肌に害ですから防がなくてはいけません。顔に安心して使うためには、肌への負担の少ないノンケミカルの日焼け止めの中から自分の肌に合ったものを選んで適切に使うようにしましょう。
安心して顔に使えるノンケミカルの日焼け止め
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事