肩をキレイにするために、ぜい肉が付く理由を知ろう!

肩をキレイにするために、ぜい肉が付く理由を知ろう!

Thumb?1414295452 muah♪さん

42

肩から背中にかけてぜい肉が付くと、肩幅も広く感じて大柄な印象になってしまいます。女性が細身に見えるのは、肩に余分なぜい肉が付いておらず、肩甲骨がキレイに見える状態であると言えます。ではまず、そもそもなぜ肩にぜい肉が付いてしまうのでしょうか。肩についたぜい肉をどのように落としてキレイにできるのでしょうか。これらを合わせてご紹介していきます。

  • 肩にぜい肉が付く理由とは?

  • 肩にぜい肉が付く理由とは?
  • まず、なぜ肩に肉が付いてしまうのでしょうか?

    肩に肉が付く理由としては、姿勢からくる老廃物の蓄積によるものです。

    最近では仕事で1日中パソコンの前に居る場合が多く、画面を凝視することで徐々に姿勢が悪くなり猫背の状態になりがちです。

    猫背の状態が続くと、頭や肩は腕よりも前に出た姿勢になり、この姿勢のまま長時間いることで、肩や背中の筋肉が緊張状態になります。

    肩や背中の筋肉が長時間緊張状態になることで、血流やリンパの流れが悪くなります。すると、体内の余分な水分や老廃物がきちんと流れず滞ってしまい、これによって肩や背中などがパンパンに張って肩こりを生むのです。

    肩こりは慢性化しやすく、溜まった老廃物がどんどん蓄積され、やがて肩に余分な肉が付いてしまうのです。
  • 肩をキレイにするにはまず猫背チェック!

  • 肩に肉が付く大きな理由は猫背です。

    そのため、まずは自分が猫背なのかをチェックしてみましょう。

    自分は猫背ではないと思っていても、パソコンやスマートフォンの使用中は、意外と前かがみの姿勢になっていいることが多いです。

    簡単な猫背チェックの方法としては、肩甲骨が自由に動くかどうかをチェックします。

    肩甲骨が動くかチェックする理由は、猫背になると肩や腕の重みが前にかかってくるため、肩甲骨が肋骨に貼り付いた状態になり、肩甲骨が自由に動かなくなるためです。

    ①右肘を曲げて右手首を腰に当てます。

    ②左手は下から後方へと回し、指先で右にある肩甲骨を探します。

    ③右の肩甲骨が見つかったら、その内側に指を入れてみます。

    この時、指の第一関節までが肩甲骨の内側に入り込めば猫背ではありませんが、もし入り込まない場合には猫背である可能性が高いです。左の肩甲骨も同様にチェックしてみましょう。

    最近、肩が上手く動かないと感じている方は、肩甲骨が凝っているのかもしれません。
  • 肩をキレイにするため肩甲骨を見つけよう

  • 肩甲骨が肋骨に貼り付いて硬くなってしまった方は、肩甲骨を見つけて再び肩をキレイな状態に戻してあげましょう。

    凝り固まった筋肉の中から肩甲骨を見つけ出す方法は、

    ①左手の指先で右肩を触って肩甲骨の輪郭を見つけます。

    ②肩甲骨の出っ張りの部分から内側のくぼみを探し、そこに指を入れて押しつけます。

    ③その状態で右肩を上下・前後に動かしたり、右腕を回したりして筋肉をほぐしていきます。

    この時、凝り固まった筋肉が徐々にほぐされていくため、グリグリと筋肉が鳴るのが分かります。反対側も同様に行って、肩甲骨周辺の筋肉をほぐしましょう。これにより、徐々に肩甲骨の位置が分かるようになっていきます。

    肩甲骨の周辺には、脂肪を燃焼させる褐色脂肪細胞が多くあります。肩甲骨が動くようになると、褐色脂肪細胞にも刺激を与えることができ、余分な脂肪を燃焼させる効果が高まっていくので、肩をキレイすることができます。
  • 肩をキレイにするエクササイズ

  • 肩をキレイにするためには、肩甲骨周辺の筋肉をほぐして血流とリンパの流れを良くし、褐色脂肪細胞を刺激させることが大切です。

    そのために肩甲骨周辺の筋肉をほぐすエクササイズを行いましょう。

    ①両手を後頭部で組み、両肘を羽のように前後にパタパタと羽ばたかせます。この時、両肘を前で付けるイメージで行います。こうすることで、両側の肩甲骨が後ろで徐々に寄ってきます。

    ②両手首を腰の後ろ側に回し、両肘を曲げた状態で①と同様に羽ばたかせます。この時も、肩甲骨同士を寄せるイメージで行います。

    ③両手の指先を肩に当て、身体を横に傾けて肘を天に向けるような体勢になります。これを左右交互に行い、できるだけ肘を高く上げて両側の体側を伸ばします。これにより、肩からわき腹にかけての筋肉がほぐれ、コリやむくみが解消されます。

    ④両手の指先を肩に当て、両肘を前から後ろへ大きく弧を描くように回します。この時、肘を頭より高い位置をキープして回すようにしましょう。
  • 肩をキレイにするライフスタイル

  • エクササイズと共に日常生活においても、正しい姿勢を意識しながら過ごすようにしましょう。

    肩に老廃物を溜めないようにするには、猫背にならない姿勢をキープすることが大切です。

    正しい姿勢としては

    ①耳の位置より肩が若干後方にある姿勢が理想です。耳たぶよりも肩が少しだけ後ろにあるようなイメージで姿勢を保つと良いでしょう。

    ②肩甲骨をお尻のくぼみへと集めるような姿勢をとってみましょう。これにより、肩が後方へと動き肩から背中の筋肉を伸ばすことができます。背筋がピンと伸びるので猫背予防にもつながります。

    この姿勢を意識しながら、日常生活を送っていくことで自然と猫背を改善させることができます。

    更に、長時間のデスクワークなどで、肩が凝ってきたときにおすすめなエクササイズもご紹介します。
    両手を内側に向けて後ろへ持っていき、空気を圧縮させるようなイメージで小刻みに呼吸をしながら左

    右の手の平を近づけたり、遠ざけたりしましょう。イメージとしては、ペンギンが羽をパタパタとさせているような感じです。この時、腰を反らし過ぎると腰痛の原因となるため、反らし過ぎには注意しましょう。

    これらのエクササイズと正しい姿勢で、肩をキレイに保ちましょう。
肩をキレイにするために、ぜい肉が付く理由を知ろう!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事