肩こりと謎の歯痛の原因の正体

肩こりと謎の歯痛の原因の正体

Thumb?1414295452 muah♪さん

1507

しんどい肩こりと謎の歯痛の原因の正体、
それはストレス?


  • こんな症状を抱えていませんか?

  • こんな症状を抱えていませんか?
  • 今や社会には欠かせないパソコンを使っての長時間に及ぶデスクワーク。
    前屈みの姿勢で肩の一定稼働領域が固まってしまっている状態なので、知らず知らずのうちに肩の筋肉に圧力がかかっています。
    血行不良による肩こりは、そういうことが積み重なって起こってしまっているのです。
    圧力がかかって肩の筋肉の緊張がほぐれていない状態は就寝中にも続きます。
    寝ている間にも肩こりの不快感から解放されることはありません。
    朝、目覚めたときからすでに肩がパンパンという方も多いことでしょう。
    それと同時に、歯に何ともいえない不快な謎の痛みを感じたことはないでしょうか?
  • 原因は、歯の食いしばり

  • 原因は、歯の食いしばり
  • 以下の項目の中に、あなたに当てはまるものはありますか?

    1:定期的に歯科検診を受けているが虫歯はゼロである
    2:虫歯以外の口内トラブル(歯ぎしり、酷い歯石、歯肉炎、歯周病など)もない
    3:眠りが浅いように感じる
    4:肩こりが酷い
    5:長時間同じ姿勢でいることが多い(例:パソコンの使用)

    上記の項目にすべて当てはまった人は要注意。
    あなたの肩こりと不快な歯痛の原因は、無意識にしている就寝中などの「歯の食いしばり」です。
    あなたが歯を食いしばっているか否かは、口の中に証拠が残っています。
    手鏡を持って、口を大きく開けて、両頬の内側を見てみてください。
    両頬内側に横1本の、筋のような白い線がクッキリと出来ていませんか?
    それが歯の食いしばりをしているという動かぬ証拠なのです。
    特に就寝時の歯の食いしばりは、1トンもの圧力がかかっているといわれています。
    要は1トンのトラックがあなたの歯の上に乗っているのと同じ現象が起きているということです。
    かなり危険なシグナルが点灯しているということになります。
    こうした状況を放置していると、肩こりの悪化はおろか、将来的に歯がボロボロになるという恐ろしい未来も予測されます。
    タダの肩こりと歯痛だと侮らないでください。
  • 主な原因

  • 歯の食いしばりの主な原因は2つあります。
    1つは口内トラブルを抱えていること。
    しかし上記のチェック項目をクリアされている方は対象外であることがわかりますよね。

    もう1つはストレスです。
    肩こりや歯痛なのだから肉体的なストレスだけが原因とも考えられますが、
    精神的なストレスが原因で歯の食いしばりをしている場合もあります。
    血行不良による肩こりは現代病ともいえるでしょう。
    長時間同じ姿勢でいることが多いため、身体の一部に圧力が集中することから不快感が蓄積していくことを、
    脳はしっかりインプットします。
    だからこそ筋肉の緊張を和らげるために、身体の隅々までストレッチすることやマッサージを行うこと、
    入浴などで筋肉をリラックスさせることがとても大切なのです。
    質の高い睡眠を得て脳を休めないと、疲労回復に繋がらないことは今や常識となっていますよね。
    仕事の納期厳守や緻密性を求められるような職業の方は、精神的にも常に緊張下にいる状態になるため、
    仕事中にも無意識のうちに歯を食いしばってしまっているケースが非常に多いです。
    責任感が強い人ほど精神的ストレスを溜め込みやすいといわれているので、ご自身の性格的なことも振り返ってみてください。
    責任感が強いことは大変素晴らしいことではありますが、身体を壊してしまってからでは元も子もありません。
  • どうすればいいの?

  • どうすればいいの?
  • まずは歯科で口内チェックを受けて、歯石が少しでもあるようでしたら綺麗に掃除してもらいましょう。
    その後に整形外科の受診をするといいでしょう。
    筋弛緩剤だけではなく、場合によっては精神安定剤の処方がされることもあります。
    そうしたことからも、肩こりや歯痛とストレスの因果は根強いですよね。
    あまりにも改善の見込みがないようでしたら、心療内科を受診してストレスチェックやカウンセリングを受けてみるのもいいと思います。
    怖いことに食いしばりが癖になってしまって、睡眠中や仕事中はおろか、普段何気ないときにまで歯を食いしばってしまっていることもあります。
    顎のあたりの筋肉に違和感があり、凝り固まってしまっている人は、普段から食いしばりをしないように意識しておくことが大切です。
    肩こりと歯痛の改善は、まずは歯の食いしばりをなくすことを先決させることに徹底しましょう。
肩こりと謎の歯痛の原因の正体
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事