現代人に付きまとう辛い肩こりの解消法

現代人に付きまとう辛い肩こりの解消法

Thumb?1414295452 muah♪さん

365

デスクワークなどで肩がもうカチカチ…肩こりって本当に辛いですよね。しかし今や肩こりは現代病といってもいいくらい、現代人にとっては逃れなれない悩みの種です。


  • 肩こりの原因

  • 肩こりの原因
  • ・ずっと同じ姿勢を続けている

    デスクワークなどでずっと同じ姿勢を続けていると、特定の部分の筋肉ばかりが酷使され、緊張がずっと続く状態になってしまいます。そうなると肩の血流も悪くなり、肩こりが起こる原因となります。

    ・目の疲れ
    パソコンやスマホなどを操作するときは、常に細かいところに目のピントを合わせなければならず、非常に目を酷使します。目の疲れは肩の緊張を引き起こし、肩こりにつながります。

    ・ストレスなど精神的なもの
    人は仕事や人間関係などのストレスを感じると筋肉が緊張します。一時的なものなら良いのですが、日常的にストレスにさらされていると肩こりの原因になってしまいます。
  • 肩こりの解消法

  • 肩こりの解消法
  • ・姿勢を矯正する
    パソコンなどに長時間向かっていると、どうしても悪い姿勢になりがちです。悪い姿勢は肩こりを招くので、キチンと矯正してきましょう。まず、イスに座るときは足を組まないようにします。なるべく足が地面にぺったりと付くようにしてください。また、パソコンの画面に近づきすぎないように、頭は40センチ以上は離すようにしましょう。ディスプレイを見るときの目線が低すぎるのも良くありません。作業中のイスは、ひじ掛けがあるものが望ましいです。ひじ掛けがあると、腕の重さが肩の重みになることを防ぎます。

    ・疲れ目を解消する
    1、 目を温める
    疲れ目のときは、緊張をほぐすため目を温めるのが有効です。蒸しタオルなどを3〜5分ほど顔の上に乗せておくだけで、目の周りの血行が良くなり疲れ目を改善することができます。蒸しタオルは水に濡らしたタオルを電子レンジで温めるだけで簡単に作ることができます。

    2、 遠くを見る

    近くのものばかり見ていると目に負担がかかります。遠くのものをしばらくボーっと見ることによって目のストレッチになります。デスクワークなどで遠くの景色を見るのは難しいと思うので、3〜5センチ先を数秒見るだけでも大丈夫です。五分に一回ほど、こまめに目を休ませてあげましょう。

    3、 目薬を差す
    メチル硫酸ネオスチグミンという目のピントを調節する成分の入った目薬がおススメです。仕事中でも気軽に差すことができます。安価なものも売られているので、コスパの面でも嬉しいですね。

    ・ストレスを解消する

    精神的な緊張からくる肩こりは、普段のストレスを解消させることが重要になってきます。好きな音楽を聴いたり、趣味に没頭したり、生活に適度な運動を取り入れてみたりと、あまり深く考えすぎず、自分なりのストレス解消法を出来ることから探してみましょう。
現代人に付きまとう辛い肩こりの解消法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事