川沿いマンションの問題解決!おしゃれなリバーサイドライフを手に入れる方法

川沿いマンションの問題解決!おしゃれなリバーサイドライフを手に入れる方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

1387

川沿いのマンションは湿気が多いと言われています。特に1階となると上階よりも日当たりなどの面でさらに不利な条件が考えられます。川沿いマンションにお住まいの方に対策をご紹介します。


  • 川沿いマンションの湿気問題

  • 川沿いマンションの湿気問題
  • 出典: instagram.com

  • 川沿いのマンションは湿気が多いと言われています。特に1階となると上階よりも日当たりなどの面でさらに不利な条件が考えられます。川沿いというと、英語で言えばリバーサイド。一見おしゃれで風光明媚な生活が待っているように思えますが、実際は湿度が高いことやそれに伴うカビなどデメリットも多々考えられます。夜中に雨が降った時などの翌日は霧に包まれたりもしますし、洗濯物や布団干しなどは通常よりも乾きにくいことも考えられます。またマンション1階はというとさらに日当たりの問題や防犯上の都合から、一般的に敬遠されたりもします。けれどもどうしてもこの条件に住まわなければならない方に対策をご紹介します。
  • 湿気対策に一番重要なこと

  • 湿気対策に一番重要なこと

    出典: instagram.com

  • 湿気対策に一番重要なことは、やはり換気になります。マンションは一般的に戸建よりも機密性が高いとされ、冬などでも日当たりがよく天気がよければ暖房なしでも過ごせる場合もあります。ただし入るものに強ければ出ていくものにも同じというわけで、室内で発生した湿気も中々出て行きにくく、調理などに伴い発生する水蒸気、お風呂や入浴、または洗濯物の室内干しなど、室内の湿度が高くなってしまうリスクは常に孕んでいるのです。特に川沿いのマンション1階では河川への距離も大変近いので、ただ単に窓を開けたりするなどの方法では不十分です。逆に湿度を呼びこむ形にもなりかねません。そこで大切になるのが換気扇の存在です。この換気方法は外からのものを取り入れることがないので、安心です。浴室では浴室乾燥機が24時間換気などが行える機能を持っているものも増えていますが、川沿いのマンション1階ではそれくらいの配慮も必要です。換気扇は湿気を発生させる可能性のあるものの近くですることが重要です。室内干しをLDKで行うならキッチンや窓側についている換気扇を、浴室に干すなら乾燥器で換気は必ず行いましょう。さらに梅雨時などは除湿機やエアコンのドライ機能などを活躍して、より室内の湿度を逃し、また中に入らないようにしましょう。
  • 湿気と上手に付き合って素敵なリバーサイドライフを

  • 湿気と上手に付き合って素敵なリバーサイドライフを
  • 川沿いのマンション1階に住むことは湿気対策を常にしなければならないことを意味します。けれどもしっかりと対応が出来れば必要以上に気にすることはないでしょう。水辺の風景は他にはないものです。また1階は外出しやすかったり、階下への騒音を気にする必要がないなどメリットもあります。専用庭が付くケースも多く、これは上階では決して得られることが出来ません。より上手に湿度と付き合うことで他にはない、リバーサイドライフを得ることができるのです。
川沿いマンションの問題解決!おしゃれなリバーサイドライフを手に入れる方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事