風邪を引いた時の頭痛から来る目の奥の痛みとは

風邪を引いた時の頭痛から来る目の奥の痛みとは

Thumb?1414295452 muah♪さん

5454

風邪を引いてしまって頭痛がひどい、といった症状を呈してしまったような場合には、目の奥がズキズキと痛む、といった状態に悩まされてしまうことがあります。

というのも、目の奥という部分は、そのまま脳に直結している部分であるために、風邪による頭痛を来たしたような場合には、頭痛から来る傷みがちょうど目の奥の部分に来ることになってしまう、ということがあるからなのです。


  • 出典: instagram.com

  • 風邪にもいろいろなパターンがあるわけなので、風邪を引けば必ずしも頭が痛くなるとは限らず、頭よりもむしろ胃腸の方に症状が出て、腹痛を催して腹下しをしてしまう、といった場合もあるのですが、頻度としてはやはり頭痛を引き起こして、発熱するというパターンである場合が少なくないわけです。

    そして、その頭痛がひどいという場合には、頭の芯から目の部分にそれが出て来ることが多く、頭がガンガンしてズキズキと痛むために、目を開けているのも辛くなって、しかめっ面になってしまい、普段のような表情を保っていることができなくなる、といったことになってしまうのです。

  • 出典: instagram.com

  • これが、普通の風邪よりもさらにひどいインフルエンザともなれば、そうした頭の痛みに加えて全身に悪寒が走って、厚着をしても身体中が寒くてたまらなくなり、熱も39度というような高熱が出てしまう、といったことにもなってしまうわけなのですが。

    このように、鼻や耳と同じく、目というところは脳に直結している部分なのですが、特に目の場合には、人の表情というものがもろに出るところであるために、頭がひどく痛むことになると、その表情までもが歪んでしまうということになるために、余計につらい状態となってしまうのです。
  • 出典: instagram.com

  • この目の奥がズキズキと痛むという症状は、実は目そのものの痛みではなく、あくまでも脳の痛みから来ているものなのですが、本人の自覚症状としては、目そのものが痛んでいるように感じられてしまうもので、あまりにその痛みがひどいと、まともに目を開けていることが出来なくなるのはもちろんのこと、目がつぶれるような感覚に陥ってしまったりもするわけです。

    そうなると、思わず目を硬くつぶって必死にその痛みに耐える、といったことになって、誠に辛い思いをしなければならなくなってしまうのです。

    この、目を硬くつぶるというのは、そうすることによって、少しでも頭の芯から来る激しい痛みに耐えようとするからなのですが、これはちょうど、傷の痛みに耐えようとする時に、拳を硬く握り締めるのと同じことなのでしょう。
風邪を引いた時の頭痛から来る目の奥の痛みとは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事