毛穴を隠す方法と覚えておかなければならない副作用

毛穴を隠す方法と覚えておかなければならない副作用

Thumb?1414295452 muah♪さん

155

毛穴を隠すには、毛穴の詰まりを綺麗にしなければいけません。しかし、やり方を間違えるとさらに毛穴が目立ってしまうという副作用が出てしまうかもしれません。ですから、正しい洗顔を覚えましょう。さらに、毛穴を隠すには化粧下地やファンデーションを活用すると良いですが、使い方によっては余計に毛穴を広げてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

  • 毛穴の詰まりを綺麗にする

  • 毛穴の詰まりを綺麗にする
  • 毛穴を隠す場合、開いた毛穴を短期間のうちに閉じるのは難しいので、まずは毛穴に詰まった皮脂や汚れを綺麗に取り除いて目立たないようにします。

    毛穴からは皮脂が分泌されますが、その皮脂が空気に触れたり紫外線に当たることで酸化して黒くなって目立ち始めます。この黒いポツポツがある間はどんなに上手く隠そうとしても目についてしまいますので、できるだけ洗顔で取り除いてしまうことが大切です。

    ただし、洗顔ではゴシゴシとこすると刺激を与えてしまいますので毛穴を開かせる原因になってしまいます。これがもっとも懸念される副作用であり、その副作用によって更に毛穴の目立つ肌ができあがります。

    洗顔の際にはできるだけ肌に触れないようにすることが大切ですので、泡洗顔を導入します。泡洗顔で毛穴の奥深くまでクリーンな状態にできれば、メイクに頼らなくても毛穴を隠すことができます。素肌を綺麗にするには洗顔がもっとも大切です。
  • 化粧下地で毛穴を隠す

  • メイクでは、化粧下地で毛穴を隠すことができます。化粧下地にも色々なタイプがありますが、それぞれの肌質に合ったものを選ぶことが重要なポイントです。

    例えば、乾燥肌の場合には乾燥から毛穴の開きが引き起こされていますので、しっとりタイプの下地を使います。乾燥は肌のバリア機能を低下させますし、外的刺激に反応して皮膚が厚くなってしまうこともありますので、しっかりと対策を講じなければなりません。

    皮脂の分泌量が多すぎるタイプの人は皮脂によって毛穴が開いてしまいますので、皮脂を抑えてくれるさっぱりタイプの下地がおすすめです。皮脂の量が多すぎると化粧崩れも早くなりますので適度な量にコントロールする必要がありますし、ニキビの原因となるアクネ菌をはじめとした雑菌の繁殖も活発になりますので、適正な範囲になるようにケアしなければなりません。

    下地で隠す場合、添加物が入っていると肌に過度な負担を掛けてしまう恐れがありますので、含まれている成分には注意が必要です。症状に合ったものを使わないと、副作用によって新たなトラブルが引き起こされる可能性もあります。
  • 毛穴の悩みを解決するファンデーションとは

  • 毛穴の目立つ肌の悩みを解決してくれるファンデーションはリキッドタイプです。

    ファンデーションには色々なタイプがありますが、肌質によって合うものと合わないものがあります。リキッドファンデーションは肌に密着しやすく、多少凸凹とした部分があっても上手くカバーすることができますので、毛穴の目立つ肌にもおすすめです。

    ただし、伸びの悪いファンデーションを使うとついつい厚塗りになってしまいますので化粧が崩れやすくなりますし、皮膚呼吸が妨げられて肌の状態が悪化することにもなりかねません。せっかく一時的に毛穴が隠せても、毛穴の開きが酷くなるような副作用が現れてしまっては意味がありませんので、伸びが良くて薄く濡れるタイプを探すことが大切です。

    中には100%天然由来の成分で作られているファンデーションもありますので、肌をいたわりながら自然な仕上がりを実現できるタイプもあります。素肌感を演出できるのもこのタイプです。
  • 毛穴隠しに利用したいアイテム

  • メイクでは下地をきちんと使ってファンデーションの種類を選ぶことが大切ですが、それ以外にもメイク用のアイテムを利用して隠す方法もあります。

    毛穴を隠したい時に利用したいアイテムはファンデーションブラシです。
    ファンデーションブラシは、リキッドファンデーションやパウダリーファンデーションを使用する際に毛穴が気になる部分にくるくると回しながらしっかりと密着させます。使い方は非常に簡単ですし、肌への負担が増すものでもありませんので、積極的に取り入れたいアイテムです。

    また、ファンデーションの上からフェイスパウダーを使用する方法もあります。毛穴を隠す時にはパールの含まれるフェイスパウダーを使うのが効果的であり、反射の作用によって上手く隠すことができます。パールは適量が効果的ですので、塗り過ぎは良くありません。パールの量が多すぎるとかえって毛穴を目立たせる要因になりますので気をつけなければなりません。
  • メイクで隠す場合には肌への負担に注意

  • 様々なメイク方法を駆使して隠すことはもちろん可能ですが、その場合には肌への負担を考慮して、少しでも異変が現れたらメイク方法を見直さなければなりません。

    特に毛穴の隙間に何かを埋めてカバーするようなタイプは長時間のメイクによって症状を悪化させる可能性が高いので、必ず一日の終わりにはクレンジングでしっかりと落として、洗顔剤で毛穴の奥深くまで綺麗にします。

    メイクばかりに頼らずに、肌ケアの方法を見直して毛穴レスの素肌を目指すことも重要です。毛穴の目立つ肌には保湿ケアが重要であり、慢性的な乾燥に悩まされている場合には早急に徹底した保湿を導入しなければなりません。

    保湿がしっかりと行われると肌中の潤い成分が順調に生成されるようになり、肌のターンオーバーが活性化されます。その結果、古い細胞がスムーズに排出されて新たな細胞が増えますので、毛穴の開きも少しずつ良くなります。保湿は様々なトラブルに必要なケアです。
毛穴を隠す方法と覚えておかなければならない副作用
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事