毛穴を隠す方法と毛穴隠しをする為にしてはいけないこと

毛穴を隠す方法と毛穴隠しをする為にしてはいけないこと

Thumb?1414295452 muah♪さん

100

毛穴を隠すには、なぜ毛穴が目立ってしまうのか理由を知らなければいけません。今回は、毛穴が目立ってしまう理由と、毛穴を隠すための基本的な方法、そして毛穴トラブル別の毛穴を隠すための方法をご紹介します。自分の毛穴トラブルがどんなものなのか知った上でぜひ実践してください。

  • 毛穴を隠したい時に陥りやすいNG行動

  • 毛穴を隠したい時に陥りやすいNG行動
  • 毛穴隠しをする為にしてはいけないこととして、メイク用品の厚塗りが挙げられます。

    実はこの行為は多くの人が陥りやすいNG行動であり、実際に毛穴を隠すために厚塗りを続けていると肌のコンディションは少しずつ低下していきます。
    厚塗りをすると確かに時間も手間もかけずに手軽に毛穴を隠すことができますが、肌呼吸が妨げられて肌の代謝が悪くなります。

    また、厚塗りし過ぎるとクレンジングを使っても綺麗に落としきることができないケースもあり、肌にメイク用品が残っていると余計に毛穴を目立たせる原因になります。
    化粧崩れも早くなりますので短時間で塗り直さなければならず、肌にとって良いことはありません。

    また、毛穴を隠そうと強い力でファンデーションを塗ると毛穴にパウダーやリキッド上のファンデーションを押し込んでいるような形になり、奥深くまで入り込んでしまう要因にもなります。ですから、厚塗りに頼ってはいけません。
  • 黒いポツポツを指で押し出す行為

  • 毛穴の中に黒いポツポツが目立つ人もいます。

    その場合は指で押し出して取り除こうとすることも多いのですが、無理やり押し出すのは毛穴隠しをする為にしてはいけないことの一つに入ります。

    黒いポツポツは皮膚から分泌された皮脂が空気に触れて酸化したものであり、そのままにしておくとニキビの原因になりますので放置するのも良くないのですが、指で押し出す時には皮膚に傷をつけたり負担をかける恐れがありますので、トラブルの原因を作ることになります。

    ムダ毛が生えている部分に黒いポツポツが目立つ場合、毛抜きで引き抜く人もいます。
    ムダ毛を取り除くのと同時に黒いポツポツも無くなりますのですぐに肌の悩みは解消され、ニキビの原因も取り除かれます。

    この行為自体は比較的安全であり、正しくケアを行えば効果的な行為です。ただし、抜いた後のケアを怠ると毛穴を逆に目立たせることにもつながりますので、収れん化粧水でのケアは怠ってはいけません。
  • 毛穴を隠すのではなく目立たなくする

  • 毛穴を隠すことを考えると肌に負担をかけたり傷をつけたりする恐れがありますし、代謝の低下を招いてトラブルを悪化させる危険もあります。ですから、毛穴は隠すのではなく小さくするためのケアを行わなければなりません。

    基本は洗顔が大事であり、毛穴に入り込んでいる汚れや皮脂をきちんと取り除くことが大切です。
    ただし、ゴシゴシと力を入れてこすって皮膚の汚れを除去するのは、毛穴を目立たなくする為にしてはいけないことであり、皮膚に刺激を与えると肌中のメラニン色素の生成量が増えてくすみやシミにつながったり、皮膚が硬くなることもあります。

    力を入れなくても毛穴をクリーンな状態にする方法もあり、泡洗顔が鍵になります。
    泡洗顔ではキメの細かな泡を作って肌の上にのせ、それを指の腹を使ってくるくると弧を描くようにマッサージをすれば、泡が自然に汚れや皮脂を吸着してくれ、負担をかけずに取り除けます。
  • 皮膚が硬くなってしまったら

  • 皮膚の弱い人には基本的にはピーリングの作用は強すぎると言われています。

    しかし、皮膚が硬くなってしまったら古い角質を早急に取り除かなければなりませんので、ピーリングが必要です。

    肌細胞はターンオーバーによって古い細胞がどんどん排出され、新しくて瑞々しい細胞が日々生成されています。しかし、ターンオーバーが鈍るといつまでもトラブルを含む肌細胞が残ってしまいますので、トラブルが起こりやすくなります。

    皮膚が硬くなって代謝が鈍ると毛穴の開きも改善されにくくなり、ケアを行っても化粧品の浸透率に問題が生じます。
    ですから、強制的にリセットするためにピーリングを行うことが大切です。

    ピーリングは洗顔で行う人が多いのですが、化粧水のように肌につけるタイプもあります。どちらにしても毎日行うと負担が大きすぎますので、週に1~2回程度に留めます。代謝が良くなると柔らかい細胞が増えて、毛穴は閉じやすくなります。
  • 紫外線対策も忘れずに

  • 様々な肌トラブルの要因になるのが紫外線による影響です。

    紫外線を浴びると肌は乾燥し、防御反応が働いてメラニン色素の生成量が増えます。乾燥はシミやシワの原因になるものであり、肌細胞の働きを衰えさせる要因にもなります。
    働きが鈍ると毛穴の開きが目立ったり、老化によるトラブルが顕著に表れるようになりますので、紫外線対策はしっかりと行わなければなりません。

    紫外線予防のために日焼け止めクリームを使ったり、帽子や日傘で物理的にカットする方法は非常に有効です。

    ただし、日焼け対策をする為にしてはいけないことに、常にSPF値やPA値の高いものを利用するということが挙げられますので、状況に合わせて使い分けることが大切です。

    値の高いものは紫外線から防ぐ力も強くなるのですが、その分肌への負担も増します。海やプールへ行く場合と街中を歩く場合とでは必要な値が異なりますので、その時の状況に合わせて選ぶようにします。
毛穴を隠す方法と毛穴隠しをする為にしてはいけないこと
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事